『バイアスピリン』を服用中に、痛み止めの『バファリン』を使っても大丈夫?~アスピリンジレンマのメカニズム


回答:使わない方が良い

 血液をサラサラにする抗血小板薬の『バイアスピリン(一般名:アスピリン)』と、痛み止めの『バファリン(一般名:アスピリン)』は、どちらも「アスピリン」の薬です。

 「アスピリン」の血液をサラサラにする効果は、少ない量で使った場合にしか発揮されず、量を増やすと無くなってしまいます。

 そのため、血液をサラサラにする目的で『バイアスピリン』や『バファリン』を飲んでいる人は、同じ「アスピリン」製剤を痛み止めとして使うことは避ける必要があります。



回答の根拠:「アスピリン」は使う量によって効果が変わる

 「アスピリン」は低用量で使った場合、血液をサラサラにする抗血小板作用が発揮されます。
 ところが、「アスピリン」の量を増やすと抗血小板作用は消えて、解熱・鎮痛作用が発揮されるようになります。

 通常、同じ成分の薬を重ねて飲まない方が良いのは、薬の量が多くなり過ぎて副作用を起こすリスクが高まるからです。
 しかし「アスピリン」の場合、量を増やすと抗血小板薬から解熱鎮痛薬という全く別の薬になってしまうために、病気が悪化するリスクが高まります。
アスピリンの低用量と高用量

 実際、『バファリン』は用量によって適応症も全く異なり、81mgの錠剤と330mgの錠剤は全く別の薬として扱われています1,2)。

『バファリンA81』(抗血小板薬)の適応症
 血栓・塞栓形成の抑制(狭心症・心筋梗塞・脳血性脳血管障害など)

『バファリンA330』(解熱鎮痛薬)の適応量
 頭痛、歯痛、月経痛、感冒の解熱、関節リウマチなど

 1) バファリンA81錠 添付文書
 2) バファリンA330錠 添付文書

 

アスピリンジレンマ~使う量によって変わるアスピリンの薬理作用

 「アスピリン」は、抗血小板作用を発揮する「トロンボキサン(TXA2)」の合成阻害と、抗血小板作用を妨害する「プロスタグランジン(PGI2)」の合成阻害という、正反対の薬理作用を併せ持っています。
トロンボキサンとプロスタグランジンの抗血小板作用

 「アスピリン」を低用量で使用した場合、「トロンボキサン(TXA2)」の合成を主に阻害するため、血液をサラサラにする抗血小板作用が発揮されます。
低用量アスピリンの作用

 しかし「アスピリン」の量を増やしていくと、「プロスタグランジン(PGI2)」の合成も阻害するようになり、抗血小板作用が妨害されます。
 その結果、「トロンボキサン(TXA2)」を阻害したことによる抗血小板作用が打ち消されてしまうことになります。

高用量のアスピリン

 このように、低用量の「アスピリン」では抗血小板作用が得られるのに、高用量の「アスピリン」では抗血小板作用が得られなくなってしまう現象を「アスピリン・ジレンマ」と呼びます。



薬剤師としてのアドバイス:『バイアスピリン』や『バファリン』を飲んでいる人は、痛み止めや風邪薬の選び方にも要注意

 「アスピリン」が含まれる薬は、痛み止めや風邪薬として、市販薬にもたくさんあります。

 そのため、『バイアスピリン』や『バファリン』を抗血小板薬として使っている人が、安易に痛み止めや風邪薬を選ぶと、血液をサラサラにする効果が無くなってしまうことになります。

 病院を受診する際、ドラッグストアで薬を購入する際には、お薬手帳などを使って必ず「アスピリン」製剤を使っていることを伝えるようにしてください。



+αの情報:『ロキソニン』などのNSAIDsでも同じ現象は起こるのか

 『ロキソニン』や『ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)』などのNSAIDsでは、「アスピリン・ジレンマ」は起こりません

 しかし、NSAIDsである『ブルフェン(一般名:イブプロフェン)』を先に服用していると「アスピリン」の抗血小板作用に影響することや、『カロナール』COX-2選択的阻害薬では抗血小板作用に影響しないことなど、他の解熱鎮痛薬との相互作用を示唆する報告があります3)。

 3) N Engl J Med.345(25):1809-17,(2001) PMID:11752357



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL