『ラシックス』と『フルイトラン』、同じ利尿薬の違いは?~ループ利尿薬とサイアザイド系の強さと適応


回答:『ラシックス』は強力なループ利尿薬、『フルイトラン』は降圧薬として優秀なサイアザイド系

 『ラシックス(一般名:フロセミド)』と『フルイトラン(一般名:トリクロルメチアジド)』は、どちらも心不全や高血圧の治療に使う利尿薬です。
ラシックスとフルイトラン
 『ラシックス』は、利尿薬の中で最も利尿作用が強力な「ループ利尿薬」の薬です。
 『フルイトラン』は、高血圧の治療によく使われる「サイアザイド系利尿薬」の薬です。

 『ラシックス』と『フルイトラン』は適応症もほとんど同じため、利尿作用や降圧効果の強さによって使い分けるのが一般的ですが、場合によっては併用することもあります。



回答の根拠①:『ラシックス』の強力な利尿作用~ループ利尿薬の作用点

 『ラシックス』や『フルイトラン』などの利尿薬は、腎臓でのNa再吸収を阻害することで、Naや水の排出を促す作用があります。

 糸球体でろ過されたNaは、「近位尿細管」で60%、「ヘンレ上行脚」で30%、「遠位尿細管」で7%が再吸収され、最終的な尿が作られます1)。主に、『ラシックス』(ループ利尿薬)は「ヘンレ上行脚」に、『フルイトラン』(サイアザイド系利尿薬)は「遠位尿細管」での再吸収に作用します1)。

ループとサイアザイド~作用点の違い
 1) 南江堂 「今日の治療薬 (2016)」

 通常はより上流、多くの再吸収に関わる部位で作用する「ループ利尿薬」の方が、利尿作用は大きくなります。特に、『ラシックス』は「サイアザイド系利尿薬」の3倍程度の利尿作用を発揮することが確認されています2)

 2) ラシックス錠 インタビューフォーム

 そのため『ラシックス』などの「ループ利尿薬」は、心不全や浮腫などの治療で水分やNaを大量に排出する際によく使われます。

腎機能不全の際の使用

 利尿薬は腎機能が悪いと効き目が悪く、機能障害を更に悪化させる恐れもあるため、通常は腎不全の人にはあまり使いません。
 しかし、『ラシックス』には腎血流量を増やす作用があり、GFRが20mL/min以下の慢性腎不全患者であっても利尿効果が期待できます3)。

 3) Ann Intern Med.69(2):249-61,(1968) PMID:4385956



回答の根拠②:降圧薬としての『フルイトラン』~サイアザイド系の目的

 『フルイトラン』などの「サイアザイド系」の利尿薬は、利尿作用は弱いものの効果が長続きします。特に、『フルイトラン』は1日1回の服用で24時間効果が持続します4)。

※効果持続時間の比較 2,4)
ラシックス:約6時間
フルイトラン:24時間

 また、『フルイトラン』などの「サイアザイド系利尿薬」は、少量でも十分な降圧効果を発揮する5)ことから、主に高血圧の治療薬として使われています。

 4) フルイトラン錠 インタビューフォーム
 5) 日本老年医学会雑誌.12(4):235,(1975)

高血圧の第一選択薬と積極的適応

 『フルイトラン』などの「サイアザイド系利尿薬」は、ARBやACE阻害薬Ca拮抗薬と並んで高血圧治療の「第一選択薬」であり、また心不全や骨粗鬆症を伴う高血圧の「積極的適応」にも指定されています6)。
サイアザイド系~高血圧の第一選択と積極的適応
 6) 日本高血圧学会 「高血圧治療ガイドライン (2014)」

 また、他の降圧薬と併用してよく使われることから、「サイアザイド系利尿薬」が配合された降圧薬がたくさん登場しています。

※サイアザイド系利尿薬が配合された降圧薬の例
『イルトラ』:イルベサルタン(ARB) + トリクロルメチアジド(サイアザイド系利尿薬)
『エカード』:カンデサルタン(ARB) + ヒドロクロロチアジド(サイアザイド系利尿薬)
『コディオ』:バルサルタン(ARB) + ヒドロクロロチアジド(サイアザイド系利尿薬)
『プレミネント』:ロサルタン(ARB) + ヒドロクロロチアジド(サイアザイド系利尿薬)
『ミカトリオ』:テルミサルタン(ARB) + アムロジピン(Ca拮抗薬) + ヒドロクロロチアジド(サイアザイド系利尿薬)



薬剤師としてのアドバイス:特に理由がなければ、午前中に飲む

 『ラシックス』や『フルイトラン』などの利尿薬は、文字通り尿量を増やす作用があるため、寝る前に飲むと夜中にトイレに行きたくなってしまう恐れがあります。
 このことから、利尿薬は特別な理由がなければ、起きている午前中に服用するのが一般的です。
利尿薬の服用タイミング
 ただし、飲み始めの2週間程度は、服用後にトイレが近くなることもあるため、午前中でも電車通勤の人は会社に着いてから飲むなど、自分がトイレに行きにくい時間帯を避けて飲むことをお勧めします。


ポイントのまとめ
1. 『ラシックス』などの「ループ利尿薬」は、利尿作用が強力なので心不全や浮腫によく使う
2. 『フルイトラン』などの「サイアザイド系利尿薬」は、降圧作用が優秀で、高血圧治療によく使う
3. 利尿薬は、寝る前や電車に乗る前など、トイレに行きたくなると困るようなタイミングは避けて飲む





添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆利尿薬の分類
ラシックス:ループ利尿薬
フルイトラン:サイアザイド系利尿薬

◆適応症
ラシックス:高血圧症(本態性、腎性等)、悪性高血圧、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、月経前緊張症、末梢血管障害による浮腫尿路結石排出促進
フルイトラン:高血圧症(本態性、腎性等)、悪性高血圧、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、月経前緊張症

◆用法
ラシックス:1日1回
フルイトラン:1日1~2回

◆腎不全患者に対する禁忌
ラシックス:なし
フルイトラン:禁忌

◆効果持続時間
ラシックス:6時間
フルイトラン:24時間

◆降圧薬への配合
ラシックス:なし
フルイトラン:あり

◆製造販売元
ラシックス:日医工
フルイトラン:塩野義製薬



+αの情報:代償性の抗利尿に対する併用

 『ラシックス』などの「ループ利尿薬」を長期で使い続けていると、「ヘンレ上行脚」で再吸収が減った分の代償として、「遠位尿細管」での再吸収が増えている場合があります(代償性抗利尿)。
 この場合、「遠位尿細管」に作用する「サイアザイド系利尿薬」を併用することによって、一時的に利尿効果を高めることができる場合があります7)。

 7) メディカルレビュー社 「利尿薬抵抗性(diuretic resistance)」 Fluid Management Renaissance Vol.3 No.3:58-63,(2013)



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL