スポンサードリンク

薬剤師のありかた 知っておくべきこと

/

【情報発信の大切さ、Fizzが目指すもの】

情報が氾濫する時代になった

 誰もがインターネットに接続されたデバイスを手元に持ち、いつでもどこでも簡単に情報へアクセスできる時代になりました。医療や医学、薬学の情報についても様々な情報が出回っています。
 しかし、この「出回っている情報」は玉石混交・・・正しい情報もあれば、眉唾物、何の根拠もない嘘八百なものまで、様々な質の情報が混ざり合ってしまっています。中には、特定の企業が自社の商品を売りたいがために流した、ありもしないデマや詭弁のような悪質なものまで存在しています。

 玉石混交した情報が氾濫しているこの状態で大切なことは、『正しい情報を見抜く力』です。

「科学」と「宗教」をごちゃ混ぜにしない

 現在の医療や医学、薬学は、「科学」です。「科学」とは、誰がやっても同じ結果になるという「再現性」と、その結果が偶然ではないと統計学的に証明できる「有意差」によって説得力を持ちます。
 「この情報は、論理的に考えて正しいのか?」、「この結果は、偶然起きたことをオーバーに言っているだけではないのか?」そういった思考をする必要があります。

 もし、論理的に矛盾があり、偶然起きたことをオーバーに言っているだけであれば、それは「宗教」の類です。お祈りをすれば救われる、確かにその可能性もあるかもしれません。
 しかし、”ある手順でお祈りをすれば誰でも必ず救われる”という「再現性」はありません。また、誰かが述べている「救われたエピソード」が、偶然の出来事である可能性を、統計学的に排除できていません。

 医療において、こういった「不確か」な根拠によって、手術をしたり薬物を投与することは許されません。血圧が高い100人に薬を飲ませれば、そのうち必ず75人の血圧が下がる。この血圧の低下は、気温の変化や体調の変化、食事など他の要因で起きたものではない、と統計学的に証明がされている必要があります。

 こういった再現性を確立し、偶然の可能性を排除して初めて、『血圧が下がります』という効果・効能をうたえるのです。

「事実」と「意見」を分けて、「正しい情報を見抜く」方法もお伝えする

 Fizzが目指すのは、正しい情報を発信し、患者自身の治療や生活の向上の助けになることです。それにあたり、科学的に正しいと証明されている「事実」を、その根拠とともに紹介します。その上で、薬剤師としての専門家の「意見」は、「事実」と分けて述べています。「意見」は、人によって、状況によって、あるいは科学の発達によって変わる可能性があります。しかし、「事実」の部分が変わることはあり得ません。

 我々は、皆さまが正しい「事実」を受け取り、薬剤師の「意見」をもとに、自分なりの「正しい判断」をするためのお手伝いをしていきたいと考えています。

「受け身」な治療を止めて、より効果的な治療を目指そう

 なんでも医者の言われた通り、薬剤師の言われた通りに薬を飲んでいたらそれで善し、という考え方ではいけません。何故この薬を飲む必要があるのか?この薬を飲むことのリスクは何か?この薬を使うにあたって気を付けるべきことは何か?治療のために他にできることはないか?自分自身の健康については、いくらでも用心深くなるべきです。疑問点があれば自分で調べ、それでもわからなければ医師・薬剤師へ質問するべきです。

 そんな時に、このFizzが発信する『お薬Q&A』が判断の材料になることができれば、この上ない幸せです。ぜひ、「正しい情報を見抜く力」で持って、この『お薬Q&A』の情報も吟味していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

Sponsored Link

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

Sponsored Link
  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP