■サイト内検索


スポンサードリンク

知っておくべきこと 薬学コラム

/

ただの水を「毒」と思わせる技法~簡単に騙されないために


 世の中には、怪しげな健康食品やサプリメントを売っている会社やWebサイトがたくさん存在しています。

 中には、「水道水の塩素で癌になる」、「化粧品の成分が蓄積して胎児に影響する」、「天然のものが良い、合成品は悪い」と、何の根拠もないことを言っているようなところまであります。

 特にインターネット上には嘘と事実が入り乱れており、何が正しい情報なのか判断することが難しい状態にあります。科学的な基礎知識がなければ、簡単に騙されてしまう恐れもあります。

 納得した上で使うのであれば問題ありませんが、騙されてお金を使ってしまうのは避けたいところです。

 その一例として、普通の「水」を、さも危険な”毒”であると思わせる方法を紹介します。

”水”を毒だと主張する方法~DHMOの逸話

 1997年、ネイサン・ゾナー氏は、極めて危険な化学物質「一酸化二水素(DHMO)」の有害性を指摘し、この物質の使用規制を求めて署名活動を始めました。

 DHMOの危険性とは、

①酸性雨の主な成分であり、温室効果によって地球温暖化の要因になる
②末期がんの患者の腫瘍細胞から、必ず検出される
③多くの金属を腐食、劣化させる
④触れることで火傷の症状を起こすことがあり、特に固体状態のDHMOでは皮膚に損傷を起こす
⑤高レベルのDHMOに曝されることで植物の成長が阻害される

 DHMOにはこのような危険性があるにも関わらず、世界中の工場や発電所では毎日膨大な量が使用されている。また、川や海にもそのまま排出され、既に世界中の海や川、湖、母乳や南極の氷に至るまで高濃度で検出されるほど、汚染が進んでいる。
 しかしながら、現在DHMOを規制する法律はどこにもない。更に恐ろしいことに、DHMOは無色透明、無味無臭で身近にあるため、知らないうちに汚染が進んでしまう。

 ・・・上記の文章を読むと、なんだか「DHMO」というものがとても危険なもののように思えてきます。実際、9割近くの人が彼の主張に共感し、署名をしたと言われています。

 この話を聞いたあとに、「わが社の製品は、DHMOを一切使っていない安全・安心な化粧品です」と言われたら、つい買ってしまうかもしれません。

 ところが、「DHMO(一酸化二水素)」というものは、化学式で書けば「H2O」、つまりただの水です。
一酸化二水素こと、ただの水
 ①~⑤の項目にも、その後の文章にも、全く”嘘”は書かれていません。すべて水に関する事実です。

 ネイサン・ゾナー氏は、「How gullible are we?」・・・我々はどうやって騙されるか?というタイトルでこの実験を行い、話題になりました。

 

ただの水でも危険物質に仕立て上げられる

 ただの水であっても、上記のようにネガティブな部分だけを極端に強調すれば、いかにも危険な化学物質であるかのように仕立て上げが可能です。

 誰もがよく知る「水」であれば、種明かしが理解しやすいかもしれません。
 しかし、これが他の化学物質や薬であったらどうでしょうか。危険物質ではない、という専門家の正しい意見にきちんと耳を傾けるでしょうか。どこか不安が残ってしまうのではないでしょうか。

 特に、怪しげな健康食品や販売店では、このように「危険でないものを、わざわざ危険なものに仕立て上げて、不安を煽る」という方法がよくとられています。その不安につけこんで、本来は不要な商品を売りつけようとするのです。

 ”水は危険”と思い込まされて不便な生活を強いられる、という滑稽なことにならないよう、情報は正しく見極める必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ムコスタ』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?~…
  2. 『エレンタール』と『エンシュア』、同じ栄養剤の違いは?~タン…
  3. 『ミラペックス』と『ビ・シフロール』、同じ「プラミペキソール…
  4. 『アダラート』・『カルブロック』・『アテレック』、同じCa拮…
  5. 『ルネスタ』と『アモバン』、同じ睡眠薬の違いは?~光学異性体…
  6. 『クレストール』と『メバロチン』、同じコレステロールの薬の違…
  7. 【反論】「ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP