■サイト内検索


スポンサードリンク

知っておくべきこと 告知情報

/

【はじめに】薬や病気に対する「誤解」や「偏見」から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい

Fizz-DIの理念

 誤った知識、偏った情報によって起こる悲劇は、正しい情報提供と教育によって防ぐことができる。
 薬に対する誤解や偏見を解くことは、薬剤師の重要な使命である。

お薬Q&Aの目的

 インターネットで検索しても、正確で適切な情報に触れられるよう情報環境を整備する
 多忙な医療従事者が、時と場所を選ばず、効率良く勉強・情報収集できるための場を提供する

薬に疑問を持つ全ての方へ
~貴方がいま読んでいるその情報は、本当に正しいですか?

 インターネットが発達し、誰でも簡単に薬や医療に関する情報にアクセスできるようになりました。こうした情報発信の普及によって、誰もが自分や家族の使う薬、病気に対して理解を深めることができる世の中になりつつあります。

 しかし実際のところ、薬や医療について身近に相談できる所がなく、仕方なく手元にあるスマートホンやパソコンで検索している、という人は少なくありません。このとき、”専門家”以外の人間が発信する間違った情報や、「事実」と「意見」が混ぜこぜになった紛らわしい情報が検索にヒットすると、新たな誤解や偏見が生まれてしまうことになります。

 このような誤解や偏見が生まれ得る、不確かな情報が氾濫する現状は看過できません。

 Fizz-DIでは、世の中に出回っている様々な薬の疑問について、科学的根拠に基づいた『正しい情報』と、それに基づいた『薬剤師という専門家としての意見』を発信し、たとえインターネットで検索したとしても新たな誤解や偏見が発生しないよう、ネット上の情報インフラ整備を進め、より安全かつ有効に薬を使ってもらえる世の中を目指します。

医療に関わる情報を扱うWebサイトとして、正確さと公平さを向上させるための取り組みについて
「正しい医療情報」とは何か~正しさの限界と適切な情報提供

お薬Q&A~Fizz Drug Informationの著者プロフィール


児島 悠史 / Yushi Kojima
薬剤師・薬学修士(京都薬科大学大学院修了)
日本薬剤師会JPALS CLレベル6
日本集団災害医学会PhDLSプロバイダー(2016年熊本地震の支援活動にも従事)
同志社女子大学薬学部学術研修員
PADI救急法EFR・CFC(心肺蘇生法/AED)修了
AHEADMAP会員

主な著書
 薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100(羊土社 2017年)
 OTC医薬品の比較と使い分け(羊土社 2019年)
 薬剤師のための 医療情報検索テクニック(日経メディカル開発 2019年)
 

※薬剤師の資格は、厚生労働省のWebサイト(https://licenseif.mhlw.go.jp/search_iyaku/)からも確認できます。
※薬剤師免許番号:第440606号

Fizz-DIが大切にしているもの

 Fizz-DIは、ネット上にたくさんある他の医療情報サイトとは異なり、薬剤師という”薬の専門家”が発信する情報として、以下の3つの信条を大切にしています。

① 「事実」と「意見」を明確に区別して記述します
② 「意見」の基となった科学的根拠
を明記します
③ 単に薬の情報を羅列するのではなく、その薬で検索している人が「何に困っているのか(潜在的な悩み)」を汲み取り、それを解決できる方法を提案します

 

1. 「事実」と「意見」の、明確な区別

 「事実」とは、薬としての性質や臨床試験の内容など、全世界共通の客観的事実のことで、いつどこで誰が見ても変わることはありません。
 しかし、こうした「事実」を基に、どういった「意見」を述べるかは、時と場合によって変わることがあります。同じ「事実」に基づいていても、2人の専門家が全く逆の「意見」を述べることさえあります。
事実と意見
 そのため情報を扱う際には、それがどんな時でも変わらない「事実」なのか、人や状況によって変わるかもしれない「意見」なのかを、しっかりと区別する必要があります。

 Fizz-DIが扱う情報では必ず、この「事実」と「意見」を明確に区別しています。

2. 科学的根拠の明記

 薬や医療に関する情報は、病気という全ての人の不安に直結する情報です。こうした情報が、単なる憶測や噂話・経験則・思い込みに 基づいたものであってはいけません。
 Fizz-DIでは、薬の添付文書や文献・各学会のガイドライン・専門書などの信頼できる科学的根拠(事実)に基づいた正確な情報だけを取り扱い、更にその科学的根拠を必ず直近に明記してあります。

 そのため、判断材料となった学術資料をいつでも誰でも参照することができるようになっています。

3. 潜在的な悩みを汲み取り、解決する”薬の専門家”としての情報提供

 科学的には間違いのない情報であっても、無責任に情報を垂れ流すだけでは読んだ人の適切な行動を促すことはできません。
 Fizz-DIでは、薬の情報をただ羅列するのではなく、その薬で検索して来られた方が「実際にはどんなことで悩んでいるのか」、その潜在的な悩みを汲み取り、解決できる方法を提案するところまで情報提供します。

個別の疑問は、「かかりつけの薬剤師」へ

 このQ&Aはあくまで不特定多数の方の疑問に対して、最も一般的・基本である回答をしています。一人一人の体調や生活環境によっては、最も適切な「意見」は別のものになる可能性があります。
 そのため、個別の疑問については、ここで得た情報を基に、主治医やかかりつけの薬剤師に必ず相談するようにしてください

もう一つの目的~次世代の薬剤師教育ために

 ある薬が処方された時、その選び方には必ず意味があります。別の似た薬ではダメだった理由があります。そして、その理由を考えるためには、似た薬同士を比較し、どういった違いがあるのかを知っておく必要があります。
 車や時計、洋服を選ぶ時と同じで、似たものを比較して違いを知ることは、そのものを深く理解するために必要な作業です。

 本Q&Aでは、似た薬の違いを薬剤師の立場から様々に比較していますが、優劣をつけて評判に差をつけたいのではなく、薬を深く学ぶための考える材料として行っています。

※お薬Q&Aを元にした医療従事者向けの書籍が出ました

※新卒・若手薬剤師向けのお勧めの「勉強用書籍」
recommended

リンク・引用はご自由にどうぞ(但し、以下3点のお願いがあります)

 リンク・引用はご自由にして頂いて問題ありません。
 ただし、医療の情報は日々新しくなっています。必ず最新の原典・情報源も確認の上、行うようにしてください。

※引用や転載の際のお願い
1.内容を改変・歪曲しない (誤解や偏見のもとになります)
2.商品販売のための広告・宣伝に利用しない (特定の薬や治療を勧めるものではありません)
3.出典を明記する (リンクもあれば確認しに行きやすいです)

 

主な作製・メディア出版・活動実績

※敬称略

<出版>
2019年12月 「薬剤師のための 医療情報検索テクニック」(日経メディカル開発:第2刷)
2019年11月 「OTC医薬品の比較と使い分け」(羊土社:第2刷)
2017年11月 「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」(羊土社:第9刷)

<連載中>
2020年5月~ m3.com「臨床論文で服薬指導をアップデート!」(隔月~毎月)
2020年5月~   m3.com「明日使えるOTC医薬品 提案のコツ」(隔月~毎月)
2019年5月~ ダイヤモンド・ドラッグストア:「OTCアップデート」(隔月)
2018年1月~ m3.com:薬剤クイズ
2017年9月~ 湧永製薬:大元気「お薬メモ」(隔月)
2017年6月~ PharmaTribune:「薬剤師が押さえておきたい健康トピックス
       →2020年1月からMedicalTribune「医療者が押さえておきたい健康トピックス」へ移行(毎月) 
2017年3月~ MFコミック:「異世界薬局」(薬学監修)

 

<2020年>
  7月 (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第11刷になりました
        「OTC医薬品の比較と使い分け」が第3刷になりました
    【出演】Webイベント「アンサングシンデレラを語る会」出演
  6月 【出演】SNS医療のカタチONLINE vol.7出演(Youtube LIVE)
    (増刷)「薬剤師のための 医療情報検索テクニック」が第2刷になりました
    【協力】山本健人先生の著書「医者と病院をうまく使い倒す34の心得(KADOKAWA)」に協力
  5月 【講演】「薬剤師の”わ”」ZOOM勉強会
    【連載】m3.comで「臨床論文で服薬指導をアップデート!」連載開始
    【連載】m3.comで「明日使えるOTC医薬品 提案のコツ」連載開始
    【協力】Ubie株式会社に薬剤師としての知見を情報提供
  4月 【執筆】薬局5月号に「ここからはじめる抗凝固療法(じほう)」の書評掲載
  3月 【講演】登録販売者向け勉強会(大阪 ※COVID-19の影響で中止)
    【講演】AHEADMAP勉強会(東京 ※COVID-19の影響で中止)
  2月 【講演】「医療情報を拡大解釈しないための勉強会」(新宿)
  1月 【講演】プライマリ・ケア連合学会 認定薬剤師研修会(新大阪)

<2019年>
12月 (増刷)「OTC医薬品の比較と使い分け」が第2刷になりました
    【講演】アプライド・セラピューティクス学会(渋谷)
    【出版】「薬剤師のための 医療情報検索テクニック(日経メディカル開発)」
11月 【出版】「OTC医薬品の比較と使い分け(羊土社)」
    【取材】朝日新聞AERA 11月25日号「花粉症の保険外し」
10月 【学会】第52回日薬学術大会「P-171」(下関)
    【学会】第13回日本薬局学会「大学との連携プログラム2」(神戸)
    【執筆】じほう:「調剤と情報」10月臨時増刊号
  9月 【講演】広島県青年薬剤師会 定例勉強会(広島)
    【執筆】週刊ダイヤモンド:「OTCの選び方~プレミアムの効果は?」
  8月 (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第9刷になりました
  6月 【講演】兵庫医療大学 第10回生涯研修セミナー(神戸)
    【講演】「AHEADMAP」の総会WS(大阪)
  5月 【出演】TBSラジオ:ジェーン・スー 生活は踊る
    【連載】ダイヤモンド・ドラッグストア「OTCアップデート」の連載開始
  2月 (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第8刷になりました

<2018年>
12月 【講演】メディカルゼネラリスト養成講座(八王子)
11月 【講演】第一薬科大学 第4回薬剤師生涯学習講座(博多)
    (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第7刷になりました
  9月 【講演】平成30年度 山口県薬剤師会・病院薬剤師会合同新人研修会(山口)
    【学会】第51回日薬学術大会「P-22-09」(金沢)
  8月 【出演】フジテレビ:直撃LIVEグッディ!「サプリメントの効果と安全性」
  7月 【取材】小学館:週刊ポスト「薬局の選び方」
    【学会】医療薬学フォーラム「P-2-066」(広島)
  6月 (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第6刷になりました
  5月 【執筆】読売オンライン:yomiDr.「なぜ、余った薬で返金してもらえないの?」
  4月 (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第5刷になりました
  3月 【取材】扶桑社:女子SPA!「花粉症の薬の違いと正しい選び方
  2月 (増刷) 「薬の比較と使い分け100」が第4刷になりました
  1月 【連載】m3.com:医師向け薬剤クイズの作成に参加(連載中)
  1月 【講演】薬剤師教育・ネットの医療情報に関する講演(鹿児島)
  1月 【執筆】AHEADMAPの会報誌「臨床批評」:薬剤師教育

<2017年>
12月 【出演】フジテレビ:直撃LIVEグッディ!「海外製やせ薬の危険性」
11月 (増刷)「薬の比較と使い分け100」が第2刷、第3刷になりました
10月 【書籍】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100(羊土社)」
    【取材】薬局新聞:「かかりつけ薬剤師Personal」(全6回)
  9月 【連載】湧永製薬:大元気「お薬メモ」の連載開始(連載中)
  7月 【執筆】AHEADMAPの会報誌「臨床批評」:Google検索と医薬品の不正流通
  6月 【連載】PharmaTribune:「薬剤師がおさえておきたい健康情報」の連載開始(連載中)
  3月 【監修】コミック版「異世界薬局」の薬学監修に参加(連載中)
  3月 【取材】フジテレビ:直撃LIVEグッディ!「睡眠薬と自動車運転」
  2月   弘文堂「ルーティンで行う歯科医療リスクマネジメント」に画像提供
  1月   【取材】「日経トレンディ413号」の花粉症対策記事

<2016年>
12月 【監修】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日
10月  日本薬剤師会JPALS CLレベル6に昇格
  9月    薬剤師求人.com:薬剤師のナレッジが詰まったサイト5選に選ばれました
  8月 【取材】日経新聞:日経プラスワン「水虫、種類に合わせ治療を」
  5月 【活動】熊本地震に対して、日本薬剤師会から益城町総合体育館での5日間の支援活動に従事
  4月 【執筆】医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」に寄稿
  3月 【取材】フジテレビ:直撃LIVEグッディ!「ロキソニンの副作用について

<2015年>
10月 「インフルエンザワクチン値上げ」についての記事がLINEニュースに掲載
  8月 『エビデンスレベル』についての解説記事がGunosyに掲載

 

医薬品情報を扱うにあたり、遵守すべきガイドラインの項目

・科学的又は客観的な根拠なく恣意的に、特定の医療用医薬品の処方、使用等に誘引すること。
・他社製品を誹謗、中傷すること等により、自社製品を優れたものと訴えること。
・疾患の罹患や疾病の症状を過度に強調し、不安を煽ること。
・一般人向けの疾患啓発において、医療用医薬品による治療(診断及び予防を含む。以下同じ。)のみを推奨するなど、医療用医薬品による治療以外に治療の手段がないかのように誤認させること。
・その他医療用医薬品の不適正使用又は誤使用を誘発させるおそれのある表現を行うこと。

 厚生労働省「薬生発0925 第1号:医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドラインについて」より一部抜粋

 

※ここに記載された記事は、特定の薬の販売を促進したり、特定の商品の販売を妨害したりする目的で掲載しているものではありません。科学的根拠のある事実と薬剤師としての意見を分け、誤解を招くような表現には細心の注意を払っていますが、万が一、表現に問題がある場合はすぐに修正致しますのでご指摘くださるようお願い致します(※大きな修正履歴はこちら)。

※質問に対する回答の根拠・裏付けとして、医薬品の添付文書やインタビューフォーム、文献などを引用していますが、いずれも主たる回答や薬剤師としての意見を補足するものとして、あくまで従の引用を心がけています。何らかの問題がある場合にはすぐに対応致しますのでご指摘くださるようお願い致します。

※本文および図表中では「™」、「®」は明記しておりませんが、各医薬品などの商品名は各社の登録商標です。

※特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

※本サイトのプライバシーポリシーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ベイスン』・『セイブル』・『グルコバイ』、同じα-GIの違…
  2. 『デパケン』・『インデラル』・『ミグシス』、同じ片頭痛予防薬…
  3. 『ラシックス』・『ダイアート』・『ルプラック』、同じループ利…
  4. 『クレストール』と『メバロチン』、同じコレステロールの薬の違…
  5. 『ヒアレイン』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?…
  6. 因果関係・相関関係・前後関係の違いは?~意図的なミスリードに…
  7. 『アドエア』と『シムビコート』、同じ喘息吸入薬の違いは?~デ…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP