first

■サイト内検索

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  1. 新型コロナウイルス(COVID-19) 薬の誤解

    新型コロナのワクチン、打った方が良い?~mRNAワクチンの効果と安全性、よくある誤解

    【薬剤師が執筆・監修】mRNAワクチンの感染・発症・重症化・死亡を減らす効果~ワクチンの副反応と新型コロナウイルス感染症を発症するリスクの比較…

  2. 知っておくべきこと 市販薬・OTC

    風邪薬で風邪は早く治りますか?~風邪薬の効果と使いどころ、上手な選び方

    【薬剤師が執筆・監修】風邪薬(総合感冒薬)は、風邪を早く治したり予防したりするものではなく、休養に邪魔になるような不快な症状を和らげる目的で使うもの。たくさんの…

  3. 解熱鎮痛薬・NSAIDs 妊娠、授乳

    『ロキソニン』などのNSAIDsは、妊娠中でも使えますか?~妊娠28週以降、20週以降、初期のリスク…

    【薬剤師が執筆・監修】妊娠中にNSAIDsを使うことのリスク~添付文書にも書かれた28週以降のリスクと、最近指摘されている20週以降のリスク、妊娠に気付かず使っ…

  4. 知っておくべきこと 妊娠、授乳

    妊娠中でも「安全」に使える薬とは?~元からあるリスクと薬の影響

    【薬剤師が執筆・監修】妊娠中の「安全性評価が高い薬」とは、「自然な状態でも存在するベースラインのリスクを高める恐れがない薬」という意味で、「この薬を飲んでいる人…

  5. 告知情報 活動実績

    【新刊のお知らせ】「1日1論文30日で薬剤師としてレベルアップ!医学論文の活かし方」

    1人で論文を読んでいるだけではなかなか気付けない、「多様性」に触れられる論文抄読会やEBMワークショップの良さを紙面上に再現したい・・・という企画が本になりまし…

  6. 新型コロナウイルス(COVID-19) 知っておくべきこと

    「期待の新薬」をダメ元で使ってはいけない理由、プラセボと比較する理由、「社会が期待する効果」と「臨床…

    有効性・安全性が確立した治療薬がまだ存在しない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対し、テレビのワイドショー等で連日のようにコメンテーターたちが特定の…

  7. 知っておくべきこと 殺菌・消毒薬

    消毒用エタノールの濃度(vol%,w/w%,w/v%)の区別と、日本薬局方・消防法の規程~消毒効果と…

    【薬剤師が執筆・監修】エタノールの濃度表記には3パターンあるため、消毒用に使う場合は要注意~エタノールの消毒効果と代用品、消防法の規制、手洗いとの効果比較…

  8. 新型コロナウイルス(COVID-19) 知っておくべきこと

    新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)に関する情報を収集・共有する際に役立つ、公的機関や…

    新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)について情報収集・共有する際に役立つ、公的機関や専門学会の資料のリンクをまとめています。…

  9. 告知情報 活動実績

    【新刊のお知らせ】「薬剤師のための 医療情報検索テクニック」

    【新刊のお知らせ】薬剤師のための医療情報検索テクニック(日経メディカル開発) 2019年12月19日発売…

  10. 薬学コラム

    異世界薬局の薬学考証裏話2~「ペスト」治療薬、分包や保管の手間も考慮した選択肢

    「異世界薬局」で始まったペストとの戦いで、主人公たちが「レボフロキサシン」を治療薬として選んで準備を始めた理由~投与経路・副作用リスク・安定性・味、更に準備にか…

  11. 告知情報 活動実績

    【新刊のお知らせ】「OTC医薬品の比較と使い分け」

    【新刊のお知らせ】OTC医薬品の比較と使い分け(羊土社) 2019年11月29日発売…

  12. 知っておくべきこと ワクチン

    第52回 日本薬剤師会学術大会 分科会26に参加して

    日薬の分科会26「薬剤師は、薬害に対し何ができるか」に参加して感じた共通認識、薬剤師が心すべきこと、それと違和感に対する意見です。…

  13. 解熱鎮痛薬・NSAIDs 似た薬の違い

    OTCの痛み止め(内服・外用)、各成分の特徴から考える使い分け~鎮痛効果・副作用・年齢制限の違い

    【薬剤師が執筆・監修】OTC医薬品に配合されているNSAIDsの効果・副作用の比較と年齢制限から考える使い分けの基準…

  14. 薬の誤解 インフルエンザ

    今さら聞けないインフルエンザの予防接種の話~ワクチンの効果と、よくある誤解

    【薬剤師が執筆・監修】インフルエンザワクチンの「予防効果」の正しい意味と、よくある誤解~感染・発症の予防と重症化の予防、前橋レポートの問題点、ワクチンに関するデ…

  15. 知っておくべきこと 薬学コラム

    添付文書に記載された副作用頻度の数字を、単純に比較してはいけない理由

    【薬剤師が執筆・監修】『ロキソニン』0.05~0.1%未満、『セレコックス』0.2%という消化性潰瘍の頻度を例に、母集団の異なる臨床試験で得られた数字だけを比較…

  16. 似た薬の違い 市販薬・OTC

    乗り物酔いのOTC、どんな選び方をすれば良い?~予防・治療の効果や副作用から考える使い分けのポイント…

    【薬剤師が執筆・監修】覚醒を維持したい時の予防薬「抗コリン薬」、症状が悪化してからでも効果的な「抗ヒスタミン薬」~乗り物酔いの予防と治療効果、副作用の違いと、成…

  17. 薬剤師のありかた 活動実績

    【立てよ薬剤師2】薬剤師の情報発信を増やしたい理由~日薬学術大会の発表報告と今後の課題

    1つの完璧な情報を目指すのではなく、より多角的で変化に強い、多くの「善玉」な情報で医療情報の環境を支えるために~病院・薬局で接する機会の少ない「いま健康な人」も…

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ロキソニン』と『カロナール』、同じ解熱鎮痛薬の違いは?~効…
  2. 『ヒアレイン』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?…
  3. 『ロキソニン』と『ボルタレン』、同じ鎮痛薬の違いは?~効果の…
  4. 乗り物酔いのOTC、どんな選び方をすれば良い?~予防・治療の…
  5. 添付文書に記載された副作用頻度の数字を、単純に比較してはいけ…
  6. 『ジスロマック』と『クラリス』、同じマクロライド系抗菌薬の違…
  7. 『ワーファリン』と『バイアスピリン』、同じ血液をサラサラにす…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP