■サイト内検索


スポンサードリンク

副作用 薬物動態学

/

前回飲み忘れた薬を、2回分まとめて飲んではいけないのは何故?

回答:中毒が起こる血中濃度にまで上がるから

 まとめて2回分を飲むと、一度に大量の薬が体内に入ってくるため、薬の血中濃度が必要以上に高くなります。
 その結果、「中毒」による副作用などを起こす恐れがあります。

 2回分をまとめて飲むことは、非常に危険です。絶対に止めてください。

回答の根拠:薬の血中濃度~中毒域・有効域・無効域

 薬の血中濃度は、低過ぎても効果が現れませんが、高過ぎても中毒を起こします。そのため、低過ぎず高過ぎず、といった適切な濃度で維持する必要があります。

 2回分をまとめて服用した場合、1回に飲む薬の量が2倍になります。その結果、血中濃度が高くなり過ぎ、「中毒」による副作用を起こす「中毒域」にまで達する恐れがあります。

2回分をまとめて飲んだとき

 基本的に、医師・薬剤師から指示された薬の飲み方(用量・用法)は、薬を最も安全かつ有効に薬を使えるように考えられたものです。勝手な判断で飲み方や飲む量を変えないでください。

 

薬剤師としてのアドバイス:ほろ酔いを維持する方法と同じ

 お酒も、適度な量を適度なペースで飲んでいれば、ほろ酔いが続きます。しかし、まとめて一気に飲むと酔いが回って眠ってしまったり、頭痛や吐き気を催したりします。これは、アルコールの血中濃度が高くなり過ぎたことで起こる「中毒」症状と言えます。

 薬も同様、まとめて一気に服用すると、血中濃度が高くなり過ぎて「中毒」による副作用を起こす恐れがあります。
 必ず、適度な量を適度なペースで服用する必要があります。これが、薬の用法・用量です

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com 薬剤クイズ

 

【講演】
薬剤師会(大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 不要な薬を薬局に返せば、返金してもらえる?~健康保険法上の解…
  2. 『デパケン』・『インデラル』・『ミグシス』、同じ片頭痛予防薬…
  3. 『ナウゼリン』と『プリンペラン』、同じ吐き気止めの違いは?~…
  4. 『プレドニン』と『リンデロン』、同じステロイドの飲み薬の違い…
  5. 『バイアグラ』・『レビトラ』・『シアリス』、同じED治療薬の…
  6. 『ワーファリン』と『バイアスピリン』、同じ血液をサラサラにす…
  7. 『ラシックス』と『フルイトラン』、同じ利尿薬の違いは?~ルー…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP