スポンサードリンク

告知情報 活動実績

/

【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」

 
 10月13日に羊土社から拙著「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」が発売されます。
 10月8~9日に開催された日本薬剤師会学術大会では、会場売上冊数が全書籍中1位(完売)と非常にたくさんの方に購入して頂きました、本当にありがとうございました。

 服薬指導に自信が持てない、患者の状況に合わせた柔軟な指導をしたい、そんな新卒・若手薬剤師の方、あるいは研修医や看護師の方にもお勧めしたい書籍です。

「お薬Q&A」が本になりました

 この書籍は、本サイト「お薬Q&A~Fizz Drug Information」で公開中の「似た薬の違い」から、特に現場で悩むことの多い100個のテーマを厳選し、内容を薬剤師など医療従事者向けに大幅に加筆するとともに、より深い考察のためのコラムやこぼれ話を新規で300個書き下ろしたものです。

 1つのテーマを見開き2ページ程度でまとめているため、忙しい日常業務の合間にも手軽に読むことができます。また、平易な言葉と3色刷りの画像350個を使って解説しているため、新卒の薬剤師でも無理なく読むことができます。
 さらに、根拠として730件(添付文書・IF250件含む)の参考文献も明記しているため、多職種連携や教育・自己学習の際にも使って頂けると思います。

本書籍の5つの特徴

1. 現場ですぐ活用できる100のテーマで薬を比較・解説
2. Webには無いコラムやこぼれ話を約300個新たに書き下ろし
3. 1つのテーマを見開き2ページで読める手軽さ
4. 3色刷りのわかりやすい解説画像つき

5. 730件の参考文献・論文から情報提供や教育にも

 色々と盛り込んだのでかなり分厚い本になりましたが、気になる項目からつまみ食いする、辞書的な使い方ができるように作りました。
 各テーマ内から関連した別テーマへのページ誘導や、充実した索引もきっと勉強の役に立つはずです。自身の勉強や新人研修・勉強会、処方提案などの際にぜひご活用頂ければと思います(*´ω`*)

◆書籍名:薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100
◆出版社:羊土社
◆発売日:2017/10/13
◆頁数 :424ページ
◆目次 :羊土社Webサイトから確認できます

※日薬学術大会の会場売上冊数1位(完売)
※Amazonの書籍「薬学」売れ筋ランキング1位

※紀伊国屋書店「薬学」ベストセラー1位
…と、非常に好評頂いているようで、ありがたい限りですm(__)m
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP