スポンサードリンク

知っておくべきこと

/

10万円を超えなくても、医療費控除は受けられる?

回答:受けられることがある

 「医療費控除」では、「10万円」と「総所得金額×5%」を比較し、その少ない方の金額から超過した分が、控除の対象になります。
医療費控除は10万円が基準か

 所得の多い人であれば、「10万円」の方が少なくなるため、医療費が10万円を超えなければ「医療費控除」を受けられません。
 しかし、総所得が200万円未満の場合、「10万円」よりも「総所得金額×5%」の方が少なくなるため、「総所得金額×5%」を超えた医療費から、「医療費控除」の対象となります。

 例えば、年間所得が100万円であれば、100万円×5% = 5万円を超えた医療費から、「医療費控除」の対象にすることができます。

回答の根拠:10万円という基準と、国税庁の規定

 そもそも「医療費控除」とは、たくさん医療にお金を使った人は、その分の所得税を免除してあげますよ、という制度です。
 医療費が10万円を超えたら・・・とよく言われるのは、多くの人にとって該当する基準が10万円なのであって、全ての人にとって10万円が基準なわけではありません。

 特に、その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額を超えた医療費が、「医療費控除」の対象となります1)
医療費控除のグラフ

 1) 国税庁Webサイト 所得税>給与所得者と還付申告>No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)

年間の給料が311万6000円未満、という基準

 「医療費控除」について書かれたWebサイトでは、よく「年間の給料が311万6000円未満の場合・・・」と記載されています。

 1年間の給料額が311万6000円だった場合、まずその収入から「給与所得控除額」が引かれます。
 この「給与所得控除額」は様々な事情によって変わりますが、所得税法別表第五(年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表)から算出すると、以下のようになります2)。

 年間給与が311万6000円以上の場合・・・給与所得控除後の所得は200万1200円
 年間給与が311万6000円未満の場合・・・給与所得控除後の所得は199万8400円
年間の給与と、医療費控除

 2) 所得税法別表第五
  
 つまり、年収が311万6000円未満であることと、「所得」が200万円未満であることは、給料をもらっている場合には同義になります。

 ただし、これは給与をもらっている場合にのみ当て嵌まるもので、配当などで別の収入がある場合には計算方法は異なってくることに注意が必要です。個別の計算は国税庁のWebサイトを参照するようにしてください。
 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP