麻黄

  1. 漢方薬 相互作用

    漢方薬を2種類併用しても大丈夫?~「甘草」の1日量と「偽アルドステロン症」の副作用

    【薬剤師が執筆・監修】「甘草」に含まれる「グリチルリチン」は1日量の目安が定められている~漢方薬で生じる個人差の理由と、「甘草」が重複する時の実際の対応…

  2. 知っておくべきこと 市販薬・OTC

    風邪薬や漢方薬でドーピングになるのは何故?~「エフェドリン」の動態、用法・用量を守ってもダメな理由

    【薬剤師が執筆・監修】風邪薬や漢方薬の「エフェドリン」は、競技会中の禁止薬物~たとえ用量・用法通りに服用しても、ドーピングと見なされる理由…

  3. インフルエンザ 漢方薬

    『麻黄湯』は、インフルエンザに効く?~生薬の君・臣・佐・使

    【薬剤師が執筆・監修】流感に保険適応のある漢方薬~君薬「麻黄」、臣薬「桂枝」、佐薬「杏仁」、使薬「甘草」のわかりやすい相互関係…

  4. 喘息治療薬 漢方薬

    『麻杏甘石湯』って喘息に効くの?

    【薬剤師が執筆・監修】熱はないが、痰の少ない乾いた咳が出る症状に用いる、小児喘息にも適応のある処方…

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 薬剤師のありかた

    新卒・若手薬剤師にお勧めの「勉強用書籍」の紹介
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP