スポンサードリンク

喘息治療薬 漢方薬

/

『麻杏甘石湯』って喘息に効くの?

回答:小児喘息にもよく使う漢方薬

 『麻杏甘石湯』は、咳が酷いが痰は少なく、熱などの症状がない状態・・・つまり風邪などではなく、喘息で乾いた咳が出る場合に適した処方です。

 ”気管支喘息”だけでなく”小児喘息”にも適応があるため1)、子どもの喘息にはよく用いられます。

 1) ツムラ麻杏甘石湯エキス顆粒 添付文書

詳しい回答①:生理学的な視点

 『麻杏甘石湯』に含まれる「麻黄(まおう)」には、「エフェドリン」という成分が含まれています。

 この「エフェドリン」は交感神経を刺激することで気管支を拡張し、息苦しさを解消する作用があります。また、抗アレルギー作用も持っています1)。

詳しい回答②:漢方医学的な視点

 『麻杏甘石湯』は、体力のある人で、咳が強く、口の渇きがあり、喘鳴や呼吸困難がある場合に用います。

 『麻杏甘石湯』には、「麻黄(まおう)」、「杏仁(きょうにん)」、「甘草(かんぞう)」、「石膏(せっこう)」といった生薬が含まれています。

 「麻黄」はマオウ科の植物の茎で、「エフェドリン」という喘息薬の成分を含んでいます。強い発汗・解熱作用と、咳止めの効果があります。

 「杏仁」は現代で言う鎮咳・去痰薬で、咳を抑えます。

 「石膏」は身体の不要な熱を冷まし、効果があります。

 「麻黄」と「杏仁」を組み合わせることで強力な咳止め、喘息治療の効果を発揮します。

 「麻黄」と「石膏」を組み合わせることで、口の渇きを解消します。咳で乾いてしまう口や喉を潤します。

 「甘草」は、他の生薬の働きを整える目的で配合されています。

+αの情報:類似漢方

 似たような処方の漢方薬もいくつかあり、体質や症状によって使い分けをします。

麻黄湯』・・・咳があるが、発熱、悪寒、頭痛なども起こしている場合。
『小青竜湯』・・・痰が多い、くしゃみは鼻水もある場合。
『麦門冬湯』・・・体力がやや低下している人向け。
 
  

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
PAGE TOP