漢方薬

  1. SSRI・SNRI 漢方薬

    『五苓散』は二日酔いに効く?~アルコール分解と、SSRIの副作用への効果

    【薬剤師が執筆・監修】水の代謝を正常化し、アルコール分解を促すことで「二日酔い」にも適応のある『五苓散』~SSRIの飲み始めに起こる吐き気にも効果的…

  2. 知っておくべきこと 漢方薬

    『防風通聖散』にはダイエット効果がある?~褐色脂肪細胞への作用と、太り方の違い

    【薬剤師が執筆・監修】脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」を活性化する、『防風通聖散』の薬理作用~体質に合わない人の使用や、「甘草」や「大黄」の重複には注意…

  3. 高齢者 漢方薬

    誤嚥性肺炎の予防に、漢方薬の『半夏厚朴湯』や『六君子湯』が効く?

    【薬剤師が執筆・監修】『半夏厚朴湯』による嚥下・咳反射の改善、『六君子湯』による胃の運動改善と逆流症の防止効果~高齢者のオーラルケアは、誤嚥性肺炎の「リスク管理…

  4. 漢方薬 相互作用

    漢方薬を2種類併用しても大丈夫?~「甘草」の1日量と「偽アルドステロン症」の副作用

    【薬剤師が執筆・監修】「甘草」に含まれる「グリチルリチン」は1日量の目安が定められている~漢方薬で生じる個人差の理由と、「甘草」が重複する時の実際の対応…

  5. 知っておくべきこと 漢方薬

    お屠蘇は漢方薬?~本来の薬効作用と、薬との相互作用

    【薬剤師が執筆・監修】現代の「お屠蘇」は、強い生薬が取り除かれている~風邪予防のための漢方薬「屠蘇散」が由来の食前酒…

  6. 似た薬の違い 漢方薬

    同じ『葛根湯』でも、メーカーによって分量が違うのは何故?~「満量処方」の意味

    【薬剤師が執筆・監修】日本薬局方で定める『葛根湯』には4種類の処方がある~処方通りの分量で薬を作った「満量処方」と、副作用軽減のために分量を減らした「3/4処方…

  7. 泌尿器科の薬 漢方薬

    『エビプロスタット』ってどんな薬?~前立腺肥大に用いる植物エキスの配合薬

    【薬剤師が執筆・監修】酸化ストレスを軽減する植物エキスで、膀胱の虚血再灌流障害を軽減する薬~推奨グレードC1の補助的な扱い…

  8. インフルエンザ 漢方薬

    『麻黄湯』は、インフルエンザに効く?~生薬の君・臣・佐・使

    【薬剤師が執筆・監修】流感に保険適応のある漢方薬~君薬「麻黄」、臣薬「桂枝」、佐薬「杏仁」、使薬「甘草」のわかりやすい相互関係…

  9. 【疾患別の目次】 漢方薬

    【目次】漢方薬に関するQ&A

    漢方薬の分量や飲み方、用法、現在使われている各種漢方薬に関するQ&A…

  10. 薬の飲み方 漢方薬

    漢方薬が苦い、マズい。オブラートを使っても良い?~味覚や嗅覚を刺激する健胃薬の効果

    【薬剤師が執筆・監修】味覚や嗅覚を刺激することで効果を発揮する生薬(健胃薬)は、オブラートで包まない方が良い…

  11. 似た薬の違い 漢方薬

    漢方薬と西洋薬は、何が違うの?~研究・開発の考え方から異なる薬

    【薬剤師が執筆・監修】含まれる有効成分の種類、開発方法、薬の効き方、という3つの違い…

  12. 副作用 漢方薬

    「漢方薬」に副作用は無い?~間質性肺炎と偽アルドステロン症

    【薬剤師が執筆・監修】漢方薬にもある、知っておくべき2つの大きな副作用…

  13. うつ病の治療 漢方薬

    うつ病に効く漢方薬がある?~補助的な位置づけと、神経症・不眠への適応

    【薬剤師が執筆・監修】漢方薬は、SSRIなどの抗うつ薬(治療の軸)とうまく組み合わせて、副作用の少ない治療を続けられるように…

  14. 薬の飲み方 漢方薬

    漢方薬、いつまで飲み続けるべき?

    【薬剤師が執筆・監修】漢方薬無しでも症状が出ないようになれば、それ以上続ける必要はない…

  15. 喘息治療薬 漢方薬

    『麻杏甘石湯』って喘息に効くの?

    【薬剤師が執筆・監修】熱はないが、痰の少ない乾いた咳が出る症状に用いる、小児喘息にも適応のある処方…

  16. 専門用語解説 漢方薬

    漢方薬や生薬の「上薬」、「中薬」、「下薬」って何?

    【薬剤師が執筆・監修】今で言う薬の分類、「第一類」・「第二類」・「第三類」のような生薬の分類…

  17. 薬の誤解 漢方薬

    『葛根湯』は風邪薬?~葛根湯が効く風邪と、効かない風邪

    【薬剤師が執筆・監修】『葛根湯』は、汗をかかせて熱を発散する処方~既に汗をかいている場合や、体内に熱がこもっていない虚弱体質の人には不向き…

  18. 認知症 漢方薬

    『抑肝散』って、認知症に効くの?

    【薬剤師が執筆・監修】抑肝散の認知症「周辺症状」への効果と、その根拠…

  19. 薬の飲み方 漢方薬

    漢方薬は食前に飲まないとダメ?~胃のpHと「アルカロイド」・「有機酸」の吸収

    【薬剤師が執筆・監修】「アルカロイド」と「有機酸」の吸収から考える、漢方薬を食前で服用する2つのメリット…


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

Sponsored Link

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
PAGE TOP