喘息治療薬

  1. 喘息治療薬 似た薬の違い

    『アドエア』と『シムビコート』、同じ喘息吸入薬の違いは?~デバイス・用法用量の幅と、薬の性質差

    【薬剤師が執筆・監修】強力な「フルチカゾン」と、用量依存性に効果が高まる「ホルモテロール」の特徴による違い~「定量噴霧吸入器(MDI)」と「ドライパウダー吸入器…

  2. 喘息治療薬 子どもの薬

    『ホクナリンテープ』を貼る場所は、どこが一番良い?~胸・背中・上腕部の違い

    【薬剤師が執筆・監修】胸・背中・上腕部(二の腕)で同じ吸収・体内動態を示す『ホクナリンテープ』~子どもが剥がしてしまったり、お風呂で剥がれてしまうことを防ぐため…

  3. 喘息治療薬 薬の誤解

    「リン酸コデイン」で喘息の咳は治らない?~市販の咳止めで治らない咳

    【薬剤師が執筆・監修】気道分泌物の粘度を高める「リン酸コデイン」は、喘息の咳には逆効果で禁忌…

  4. 喘息治療薬 薬の特別な使い方

    喉のポリープに、喘息用の吸入ステロイドを使うのは何故?~古い吸入薬の利点

    【薬剤師が執筆・監修】吸入した薬が、喉や声帯に付着してしまうという弱点を逆手にとった使い方…

  5. 喘息治療薬 副作用

    吸入ステロイドは、子どもの成長に影響するって本当?~身長の伸びへの影響

    【薬剤師が執筆・監修】mm単位で身長の伸びに影響する可能性はあるが、それによって薬を拒否するメリットは全く無い…

  6. 喘息治療薬 薬学コラム

    β2刺激薬は、なぜドーピングの禁止薬物に選ばれているの?~喘息治療はドーピングになるのか

    【薬剤師が執筆・監修】大量のβ2刺激薬は筋力増強につながる~喘息治療のため例外的に使用が許可されているβ2刺激薬とステロイドの「吸入薬」がある…

  7. 喘息治療薬 副作用

    喘息の吸入薬、”うがい”が必要なのは何故?~「ステロイド」と「β2刺激薬」で異なる理由

    【薬剤師が執筆・監修】「ステロイド」による口腔内カンジダ・嗄声と、「β2刺激薬」による全身作用を防ぐための「うがい」…

  8. 喘息治療薬 薬物動態学

    『ホクナリンテープ』、いつ貼れば良い?~咳・喘息がつらい時間帯からの逆算と、お風呂の対策

    【薬剤師が執筆・監修】血中濃度が8~12時間後に最大になる『ホクナリンテープ』の上手な使い方…

  9. 喘息治療薬 漢方薬

    『麻杏甘石湯』って喘息に効くの?

    【薬剤師が執筆・監修】熱はないが、痰の少ない乾いた咳が出る症状に用いる、小児喘息にも適応のある処方…

  10. 喘息治療薬 薬物動態学

    『ホクナリンテープ』、剥がれた時はどうしたら良い?~貼り直すか、新しく貼るかの判断

    【薬剤師が執筆・監修】テープに残った薬の量から考える、貼り直しの是非…


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
PAGE TOP