スポンサードリンク

狭心症・心筋梗塞 抗血小板薬

/

抗血小板薬の適応から除かれている「心原性脳塞栓症」って何?

回答:抗血小板薬が効かない塞栓症

 「心原性脳塞栓症」とは、心臓で生じた血栓が脳まで流れ着き、脳の血管を詰まらせるものを言います。

 このとき、心臓で生じた血栓はフィブリンを主体とした「赤色血栓」のため、抗血小板薬では予防できません。そのため、抗血小板薬の適応には、”虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)”と書かれています。

 

回答の根拠:赤色血栓か、白色血栓か

 ※『ワーファリン』と『バイアスピリン』、同じ血液をサラサラにする薬の違いは?

 心臓で血栓ができるとき、不整脈や心房細動などで血液の流れが停滞し、淀んだ血液が固まりやすくなって血栓になります。
 このとき、血液の流れは停滞しているため、赤血球などの大きなものを巻き込みながら固まるため、血栓は赤っぽくなります。これを「赤色血栓」と呼びます。

 血液の停滞が原因でできる「赤色血栓」は、血液中のフィブリンを使って作られるため、このフィブリンの働きを抑える薬が必要です。つまり、抗凝固薬である『ワーファリン(一般名:ワルファリン)』や『プラザキサ(一般名:ダビガトラン)』が適しています。

 一方、動脈硬化がきっかけで生じる血栓は、流れの速い動脈で作られるため、小さな血小板が中心になって形成されます。大きな赤血球や、時間のかかるフィブリンは流されてしまうため、関わりません。これを「白色血栓」と呼びます。

 「白色血栓」は血液中の血小板を使って作られるため、血小板の働きを抑える薬が必要です。つまり、抗血小板薬である『バイアスピリン(一般名:アスピリン)』や『プラビックス(一般名:クロピドグレル)』が適しています。
抗凝固薬と抗血小板薬

 ひとことに”脳梗塞”と言っても、どこで作られた血栓によって起きたのか、によって使う薬が変わります。また、一般的に”血液をサラサラにする薬”にも全く異なる2タイプの薬があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP