スポンサードリンク

狭心症・心筋梗塞 抗血小板薬

/

「ニトロ」の効果がない狭心症がある?~微小血管狭心症

di-nitro

回答:「微小血管狭心症」というものがある

 小さな血管が狭くなって起こる”微小血管狭心症”には、「ニトロ」の薬が効きにくいという特徴があります。

 通常、狭心症や心筋梗塞は、心臓に血液を供給している太い血管、”冠動脈”が狭くなり、心筋が酸素不足に陥ることで起こります。(※狭心症と心筋梗塞の違い

 『ニトロペン(一般名:ニトログリセリン)』のような硝酸薬は、この”冠動脈”を広げる効果があるため、狭心症や心筋梗塞の症状を一時的に和らげることができます。

 ところが、”微小血管狭心症”では、冠動脈に異常はありません。心筋の中を走る小さくて細い血管が、あちこちで収縮したり、閉塞したりすることで起こります。

 「ニトロ」の薬では、小さく細い血管を広げることはできません。

詳しい回答:閉経後の女性の、原因不明の胸痛

 特に女性では、女性ホルモン「エストロゲン」が強力に血管を保護しているため、閉経後に心筋内部の微小血管にトラブルが起きて、微小血管狭心症を起こす可能性が示唆されています。

 こうした狭心症の場合、胸の痛みを感じていても、カテーテル検査では冠動脈が細くなったり詰まったりしていないため、原因がよくわからないままになる可能性があります。

 また、痛み方が狭心症に似ているにも関わらず、狭心症の切り札である「ニトロ」が効きにくい、ということも、より診断を難しくしていました。

+αの情報:微小血管狭心症の検査・診断と治療は

 微小血管狭心症は、患者の訴えや診察所見、心臓エコー検査、心電図(24時間ホルター心電図、運動負荷心電図)、血液検査などで総合的に判断します。
 CTやMRIで大きな冠動脈に異常が見られない場合、カテーテル検査は行わないこともあります。

 治療方法は「ニトロ」が効果的でないことを除き、通常の狭心症と同じで、薬も「カルシウム拮抗薬」などを使用します。

薬剤師としてのアドバイス

 閉経後の女性では、いわゆる更年期障害が出やすく、その際には逆流性食道炎など別の疾患によって胸の痛みを感じることもあります。

 どういった時に、どういった痛み方をするのか、医師に正しく伝えて診断してもらいましょう。
 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP