スポンサードリンク

知っておくべきこと 薬の誤解

/

目薬をさした後、パチパチとまばたきする方が良い?~点眼でよくやる間違い

回答:しない方が良い

 目薬をさした後、まばたきをすると薬がすぐに流れていってしまうので、良くありません。

 目薬をさした後は、静かに目を閉じ、軽く目頭を押さえるようにしてください。
 

回答の根拠:薬が目に留まった方が良い

 目薬をさした後、パチパチとまばたきをすると、薬が全体に広がると思っている方が多いですが、間違いです。まばたきをすると、薬は涙と一緒に喉の方へ流れていってしまうことになります。

 涙は、目尻の方にある”涙腺”から分泌され、目頭の方にある”涙点”から流れて行きます。その後、”鼻涙管”を通って喉へ至ります。
 まばたきをするとこの流れが促され、目薬は涙と一緒にすぐに流れていってしまいます。
涙点と涙腺

 そのため、目薬を差したあとは、目薬がすぐに流れていってしまわないように、

1. まばたきをせず、静かに目を閉じる 
2. 目頭(涙点)を軽く抑える

 という2点に気を付けるようにしましょう。

薬剤師としてのアドバイス:目薬はたくさん使っても意味がない

 医療用の目薬は通常1滴で十分に効果が出るように作られています。通常、目薬の1滴は50μL程度ですが、目には液体を30μL程度しか収容できません。たくさん点眼しても、収容力をオーバーした目薬は全て”涙点”から流れていってしまい、無駄になります。

 目薬を使った際に「苦味」を感じるのは、目薬が”涙点”、”鼻涙管”を通って喉に至っているからです。点眼後すぐに苦味を感じるような場合、目薬を使い過ぎているか、目に薬が留まっていない等の原因が考えられます。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP