■サイト内検索


スポンサードリンク

似た薬の違い インフルエンザ

/

『ゾフルーザ』と『タミフル』、同じインフルエンザ治療薬の違いは?~治療効果と服用回数・薬の値段・使用実績

回答:1回の服用で良い『ゾフルーザ』、安価で使用実績も豊富な『タミフル』

 『ゾフルーザ(一般名:バロキサビル)』と『タミフル(一般名:オセルタミビル)』は、どちらもインフルエンザの治療に使う抗ウイルス薬です。

 『ゾフルーザ』は、1回の服用で治療が終わる、服用の手間が非常に少ない薬です。
 『タミフル』は、安価使用実績も豊富な薬です。

 治療効果に大きな違いはありませんが、1回の服用で治療が完了する『ゾフルーザ』は自己判断による治療の中断や、薬の使い回しといった不適切な使用が起こる余地がありません。しかし『タミフル』と比べると高価で、80kg以上の人では薬の値段が3倍以上もかかってしまうことや、使用実績も乏しいことに注意が必要です。

回答の根拠①:1回の服用で治療が終わる『ゾフルーザ』の利点

 『ゾフルーザ』は『タミフル』と同じ内服(飲み薬)のインフルエンザ治療薬ですが、1回だけの服用で『タミフル』と同等の効果が得られます1)。

※内服インフルエンザ治療薬の用法 2,3)
『ゾフルーザ』:1回だけ
『タミフル』:1日2回、5日間

 1) N Engl J Med.379(10):913-923,(2018) PMID:30184455
 2) ゾフルーザ錠 添付文書
 3) タミフルカプセル インタビューフォーム

 1回で薬を全て飲み切ってしまうため、症状が治まってきた時点で薬の服用を自己判断で止めてしまったり、余った薬を他人に譲渡してしまったりといった、耐性化のリスクにつながる不適切な使用も起こり得ません。

 既存の薬にも1回の使用で治療が完了する『イナビル(一般名:ラニナミビル)』がありますが、これは吸入薬です。熱でぼんやりしている時に、初めて使う吸入器を正確に使うことは難しく、吸入と同時に咳き込んでしまうといったトラブルもよく起こります。
 内服薬である『ゾフルーザ』は、こういった点からも服薬の手間が非常に少なく、便利な薬と言えます。

インフルエンザ治療薬の効果の実態

 持病などのリスクがなければ、基本的にインフルエンザは薬無しでも3日(80時間)程度で症状は治まりますが、『ゾフルーザ』や『タミフル』はこれを1日(24時間)ほど短縮する効果があります1)。
 この効果が臨床的に重要かどうかの意見は分かれていますが、少なくとも「インフルエンザになったら、全員必ず治療薬を飲むべき」というわけではないことは知っておく必要があります。

回答の根拠②:新薬である『ゾフルーザ』の弱点~薬価・使用実績

 『ゾフルーザ』は2018年3月に登場した新薬です。そのため、2001年2月から使われている『タミフル』と比べると薬の値段が高かったり、使用実績に乏しかったりといった弱点があります。
 服薬の手間が少ないという圧倒的な利便性はありますが、高額であること、使用実績がまだ少ないといった弱点も考慮して選択する必要があります。

『ゾフルーザ』での治療は、かなり高額になる

 『ゾフルーザ』は1回の服用で治療が済みますが、非常に高価な薬です。
 40kg未満の人であれば薬の量も少ないため『タミフル』とほぼ同じくらいの金額で済みますが、成人で最も一般的な体重である40~80kgの人でも2倍、80kg以上の人では3倍以上も費用がかかることになります。
 特に、『タミフル』にはより安価な後発(ジェネリック)医薬品もあるため、値段の差はより大きくなります。

※治療1回分の薬価(2018年改定時)
『タミフル』:272.00(1Cap)
→1日2回を5日間、合計で2720.00円

『タミフル』の後発医薬品:136.00(1Cap)
→1日2回を5日間、合計で1360.00円

『ゾフルーザ』:1507.50(10mg)、2394.50(20mg)
→10~20kgの人:10mgを1錠=1507.50円
→20~40kgの人:20mgを1錠=2367.50円
→40~80kgの人:20mgを2錠=4789.00円
→80kg以上の人 :20mgを4錠=9578.00円

 現状、効果に違いはないとされているため、服薬の手間がそれほど気にならないのであれば、敢えて高価な『ゾフルーザ』を使う必要はありません。

『タミフル』は子ども・高齢者・重症例に対する使用実績が豊富

 12歳未満の小児に対する適応は、『ゾフルーザ』と『タミフル』どちらにもあります2,3)。
 しかし、『タミフル』には用量調節が簡単な「ドライシロップ」製剤があり、新生児や乳児から使用することもできます3)。また、65歳以上の高齢者に対する効果も認められている3)ほか、重症例に対する使用が推奨されている4)など、様々な症例に対する使用実績が豊富にあります。
 新薬には未知の副作用が付き物であることを考えると、こうした子どもや高齢者・重症例などリスクがある患者の場合は、使用実績が豊富な『タミフル』を選ぶのが無難と思われます。

 4) 日本感染症学会 「抗インフルエンザ薬の使用適応について(改訂版)」,(2010)

 その他、妊娠中の安全性評価である「オーストラリア基準」でも『タミフル』は【B1】と評価されています3)が、『ゾフルーザ』はまだ評価が行われていないことや、予防投与についても『タミフル』にしか適応がない3)ことにも注意が必要です。

薬剤師としてのアドバイス:薬の有無に関わらず「異常行動」には注意を

 『タミフル』が発売された直後、薬を服用した患者が興奮状態になって窓から飛び降りる等の異常行動を起こしたことが話題になりました。こうした「異常行動」は薬の有無に関わらず起こっているため、薬ではなくインフルエンザという病気が原因と考えられています。
 しかし、当時のメディアが「原因は薬だ」と決めつけるような報道を行ったため、未だに「薬を飲んだら異常行動を起こす」、「薬を飲んでいなければ安心」といった誤解は根強く残っています。

 小児や未成年のインフルエンザ患者は、薬を飲んでいなくても「異常行動」を起こす恐れがあります。住居から外に飛び出してケガや事故に巻き込まれないよう、高層階では窓や玄関のドアを施錠する、できるだけ1階で寝かせるなどの対応が必要です。

ポイントのまとめ

1. 『ゾフルーザ』は1回の服用で治療が完了するため、非常に手間が少なく便利
2. 『タミフル』は安価で、小児や高齢者・妊婦・重症例に対する使用実績も豊富
3. インフルエンザの際の「異常行動」は、薬の有無に関わらず注意が必要

 

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症
ゾフルーザ:A型・B型インフルエンザウイルス感染症
タミフル:A型・B型インフルエンザウイルス感染症と、その予防

◆治療の際の用法
ゾフルーザ:1回のみ
タミフル:1日2回、5日間

◆薬価収載年月
ゾフルーザ:2018年3月
タミフル:2001年2月

◆1錠・1Capあたりの薬価 (※2018改訂時)
ゾフルーザ:1507.50(10mg)、2394.50(20mg)
タミフル:272.00(75mg)

◆12歳未満の小児に対する適応
ゾフルーザ:10kg以上から用量設定あり
タミフル:新生児・乳児から使用可(※ドライシロップ)

◆妊娠中の安全性評価
ゾフルーザ:データなし
タミフル:オーストラリア基準【B1】

◆薬理作用上の分類
ゾフルーザ:エンドヌクレアーゼ阻害薬
タミフル:ノイラミニダーゼ阻害薬(※同効薬『イナビル』・『リレンザ』・『ラピアクタ』

◆剤型の種類
ゾフルーザ:錠(10mg、20mg)
タミフル:カプセル(75mg)、ドライシロップ

◆資料請求先
ゾフルーザ:塩野義製薬
タミフル:中外製薬

+αの情報①:1日で治療が終わっても、学校に行って良くなるわけではない

 『ゾフルーザ』や『タミフル』を服用すると、2日程度で症状が治まってくることがあります。しかし、症状が治まったからといって外出すると、ウイルスをばら撒き、周囲の人にインフルエンザを拡げてしまうことになります。
 そのため学校などは「発症した後5日間を経過し、かつ解熱した後2日(幼児では3日)を経過するまで」が出席停止の期間と定められています5)。

 5) 学校保健安全法施行規則第19条

 特に、5日間の服薬が必要な『タミフル』に比べ、1回で服薬が完了してしまう『ゾフルーザ』では「症状も治ったし、薬も飲んでいないし、もう治っただろう」と感じやすいため、無自覚にウイルスをばら撒いてしまうようなことが無いよう、注意が必要です。

+αの情報②:耐性化のリスクは?

 『ゾフルーザ』の臨床試験では、薬を服用した患者の9.7%で薬に対する感受性の低下が起こったとされています1)。
 『タミフル』でも、A型:H1N1では16.3%、A型:H3N2では18.0%、B型では1.4%でそれぞれ耐性化が見られたという報告がある6,7,8)ため、『ゾフルーザ』が特別に耐性化リスクの高い薬だというわけではないと考えられます。

 6) J Antimicrob Chemother.55(Suppl 1):i5-i21,(2005) PMID:15709056
 7) Lancet.364(9436):759-65,(2004) PMID:15337401
 8) JAMA.297(13):1435-42,(2007) PMID:17405969

~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

■主な活動

 

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

 

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
yomiDr./日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 薬剤師のありかた

    新卒・若手薬剤師にお勧めの「勉強用書籍」の紹介
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP