■サイト内検索


スポンサードリンク

知っておくべきこと 点眼薬

/

目薬は1滴だけで本当に効くの?~点眼1滴と、目に収容できる液体の量

回答:1滴より多くさしても無駄になる

 医療用の目薬は通常1滴で十分に効果があるように設計されています。

 市販のもので、目に入ったゴミを洗い流すような目薬の場合はたくさん使う必要がありますが、薬であれば1滴で十分です。用法・用量が1回1~3滴となっているものでも、1滴を確実に目に入れることができるのであれば、1滴で十分なものがほとんどです。

 特に2滴、3滴を使用するよう指導された場合は、その指示に従うようにしてください。

回答の根拠:目に収容できる液体の量は決まっている

 目に収容できる液体の量は約30μLです。この30μLのうち、常に目を潤している涙が約7μLほどありますので、約23μLほどしか収容力が残っていません。
 通常、点眼液の1滴は約50μLです。つまり、1滴だけであっても既にオーバーしてしまう設計と言えます。
点眼1滴の量と、眼の収容力
 収容力をオーバーした分は、目からあふれてしまうか、「涙点」を通って鼻・喉へと流れていってしまい、無駄になってしまいます。

薬剤師としてのアドバイス:目をパチパチさせるのは間違い

 目薬をさした後、目をパチパチとまばたきさせる人が多いです。これをすると目薬が目全体に行き届くような気がしますが、逆効果です。まばたきをすると目薬は「涙点」からどんどん流れ去っていってしまいます

 目薬を効果的に使うためには、目薬をさした後、目を静かに閉じて、”涙点”のある目頭をしばらく軽く抑えたままにする必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前のページ

次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

■おすすめ記事

  1. OTCの痛み止め(内服・外用)、各成分の特徴から考える使い分…
  2. 『アダラート』・『カルブロック』・『アテレック』、同じCa拮…
  3. 『セララ』と『アルダクトン』、同じアルドステロン拮抗薬の違い…
  4. 『デパケン』と『テグレトール』、同じ抗てんかん薬の違いは?~…
  5. 『チャンピックス』と『ニコチネル』、同じ禁煙補助薬の違いは?…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

PAGE TOP