スポンサードリンク

知っておくべきこと 点眼薬

/

目薬は1滴だけで本当に効くの?~点眼1滴と、目に収容できる液体の量

回答:1滴より多くさしても無駄になる

 医療用の目薬は通常1滴で十分に効果があるように設計されています。

 市販のもので、目に入ったゴミを洗い流すような目薬の場合はたくさん使う必要がありますが、薬であれば1滴で十分です。用法・用量が1回1~3滴となっているものでも、1滴を確実に目に入れることができるのであれば、1滴で十分なものがほとんどです。

 特に2滴、3滴を使用するよう指導された場合は、その指示に従うようにしてください。

回答の根拠:目に収容できる液体の量は決まっている

 目に収容できる液体の量は約30μLです。この30μLのうち、常に目を潤している涙が約7μLほどありますので、約23μLほどしか収容力が残っていません。
 通常、点眼液の1滴は約50μLです。つまり、1滴だけであっても既にオーバーしてしまう設計と言えます。
点眼1滴の量と、眼の収容力
 収容力をオーバーした分は、目からあふれてしまうか、「涙点」を通って鼻・喉へと流れていってしまい、無駄になってしまいます。

薬剤師としてのアドバイス:目をパチパチさせるのは間違い

 目薬をさした後、目をパチパチとまばたきさせる人が多いです。これをすると目薬が目全体に行き届くような気がしますが、逆効果です。まばたきをすると目薬は「涙点」からどんどん流れ去っていってしまいます

 目薬を効果的に使うためには、目薬をさした後、目を静かに閉じて、”涙点”のある目頭をしばらく軽く抑えたままにする必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP