■サイト内検索


スポンサードリンク

高血圧 利尿薬

/

「アルドステロン・ブレイクスルー」って何?~メカニズムと『セララ』の効果

回答:薬で抑えているはずの「アルドステロン」が増えること

 「アルドステロン」は、高血圧の他にも動脈硬化・心肥大・腎障害など、様々な病態に関係しています。
 そのため、高血圧の治療では「ARB」や「ACE阻害薬」を使って「アルドステロン」を減らす治療を行います。

 ところが、「ARB」や「ACE阻害薬」で「アルドステロン」を抑えていても、何らかの原因で「アルドステロン」が増えてきてしまうことがあります。
 これを「アルドステロン・ブレイクスルー」と言います。

 このようにして増えた「アルドステロン」によって、気付かないうちに血管や臓器にダメージが蓄積してしまうこともあり、高血圧治療の課題として注目されています。

回答の根拠:「アルドステロン・ブレイクスルー」のメカニズム

 「アルドステロン・ブレイクスルー」の正確なメカニズムは明らかになっていませんが、主に以下の2つの仮説が立てられています1)。
アルドステロンブレイクスルー

※「アルドステロン・ブレイクスルー」のメカニズム(仮説)
1. 「ACE阻害薬」によって大量に蓄積した「アンジオテンシンⅠ」が、フィードバック作用で「レニン」活性を上昇させ、「レニン・アンジオテンシン系」全体を活発化させる

2. 「レニン」の前駆物質である「プロレニン」が、「アンジオテンシンⅡ」を介さないルートで、「アルドステロン」を産生する

 1)  Hypertension.40(1):28-33,(2002) PMID:12105134

「アルドステロン・ブレイクスルー」の何が怖いのか

 「アルドステロン・ブレイクスルー」では、実際に「アルドステロン」が増えます。

 このとき、血圧が高くなれば「アルドステロン・ブレイクスルー」に気付き、対処することができます。
 ところが実際には、血圧に影響するほど「アルドステロン」が増えず、それでいて動脈硬化や臓器への酸化ストレス障害を引き起こすことがあります。

 つまり、知らない間に血管や臓器にダメージが蓄積してしまうことが怖いところです。

『セララ』の効果

 『セララ(一般名:エプレレノン)』は、「アルドステロン」をブロックする薬です。
 そのため、「アルドステロン・ブレイクスルー」が起きている人に追加投与することで、この現象を食い止めることができます。

 実際に、「アルドステロン・ブレイクスルー」が起きている患者に『セララ』を追加投与したところ、血圧の低下と尿中アルブミン排泄の抑制効果が得られたことも報告されています2)。
 このことから、今後ガイドラインなどでも『セララ』追加投与が推奨されることが期待されています3)。

 2) Hypertens Res.36(10):879-84,(2013) PMID:23864056
 3) Curr Hypertens Rep.18(5):34,(2016) PMID:27072827 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 薬剤師のありかた

    新卒・若手薬剤師にお勧めの「勉強用書籍」の紹介
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP