スポンサードリンク

似た薬の違い 点眼薬

/

『アレジオン』と『パタノール』、同じアレルギーの目薬の違いは?~コンタクトレンズと保存料

回答:『アレジオン』点眼液は、コンタクトをつけたままでも使える

 『アレジオン(一般名:エピナスチン)』と『パタノール(一般名:オロパタジン)』は、どちらもアレルギーを抑える目薬です。

 『アレジオン』点眼液には、保存料の「塩化ベンザルコニウム」が使われていないため、コンタクトレンズ(ソフト)を付けたままでも使えます
アレジオンとパタノール2
 コンタクトレンズの付け外しが面倒な場合、『アレジオン』への変更も含めて一度主治医と対応を相談することをお勧めします。

 

回答の根拠:保存料「ベンザルコニウム」の、コンタクトレンズへの影響

 目薬は、水を含んでいるために雑菌が繁殖しやすい薬です。
 当然ながら、雑菌が繁殖した目薬を使うことは、目にとって良くありません。そのため、1回使い切りタイプ(例:『インタール点眼液UD』)のものを除き、点眼液には保存料が使われています。

 「塩化ベンザルコニウム」は害の非常に少ない優秀な保存料のため、点眼液に使われています。
 しかし、ソフトコンタクトレンズをつけたまま点眼すると、「塩化ベンザルコニウム」はソフトコンタクトレンズに吸着します。その結果、「塩化ベンザルコニウム」は必要以上に角膜と接触し続けることとなり、角膜に悪影響を与えてしまう恐れがあります1)。
コンタクトレンズとベンザルコニウム
 そのため、コンタクトレンズは外してから点眼し、10分ほど時間を置いてから付け直す必要があります2)。

 1) CLAO J.24(4):227-31,(1998) PMID:9800062
 2) パタノール点眼液0.1% 添付文書

※「ベンザルコニウム」が使われている点眼液の例
『パタノール(一般名:オロパタジン)』
『リボスチン(一般名:レボカバスチン)』
『ザジテン(一般名:ケトチフェン)』 (※UDには含まない)
『インタール(一般名:クロモグリク酸)』 (※UDには含まない)
『アレギサール(一般名:ペミロラスト)』
『リザベン(一般名:トラニラスト)』
『ケタス(一般名:イブジラスト)』

 一方、『アレジオン』は保存料として「リン酸水素ナトリウム」と「ホウ酸」を使用しています3)。これらの保存料はソフトコンタクトレンズに吸着しないため、装着したままの点眼が可能です。
アレジオン点眼液の変更点
 3) アレジオン点眼液0.05% 添付文書

ハードのコンタクトレンズには吸着しない

 こうした「ベンザルコニウム」の吸着は、含水性のソフトコンタクトレンズで問題になるものです。ハードのコンタクトレンズや、非含水性のソフトコンタクトレンズでは基本的に問題になりません。
 また、ソフトコンタクトレンズでもワンデー(1日使い捨てタイプ)のものであれば、吸着が問題にならないこともあります。

 このように、コンタクトレンズの種類や使う日数によって影響は様々です。そのため、自分のコンタクトレンズをどうすべきか迷った場合には、眼科医に相談するようにしてください。

薬剤師としてのアドバイス:データには現れない、使い勝手や使い心地

 薬の効果は、使い勝手や使い心地といった要因でも変わることがあります。
 毎回コンタクトレンズを付けたり外したりしなければいけないという作業が面倒になり、だんだん目薬を使わなくなってしまった、という事態になっては、いくら効果の高い薬であっても効果は得られません。
使い勝手や使い心地も薬の効果に影響する
 こうした差は、きちんと用法・用量を守って使って行われる臨床試験のデータには現れません

 安易にジェネリック医薬品に変えたりすると、効果が同じはずの薬であっても実際の体調に変化が現れることがあるのは、こうした差も要因の一つです。
 逆に、ジェネリック医薬品に変えることで使い勝手や使い心地が良くなれば、それだけ治療効果も高まる可能性もあります。

 使いにくい、使うと少し不快だ、といったような感想は、遠慮せず医師・薬剤師に伝え、自分に合った薬を見つけられるようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『アレジオン』には「ベンザルコニウム」が入っていないので、コンタクトレンズをつけたまま使える
2. 「ベンザルコニウム」の吸着が問題になるのは、「含水性」の「ソフト」コンタクトレンズ
3. 使い勝手・使う手間は実際の治療効果に影響するので、気になったことは遠慮せず医師・薬剤師に伝える

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症
アレジオン:アレルギー性結膜炎
パタノール:アレルギー性結膜炎

◆使われている保存料
アレジオン:リン酸水素ナトリウム、ホウ酸
パタノール:塩化ベンザルコニウム

◆コンタクトレンズに対する注意喚起
アレジオン:記載なし
パタノール:含水性ソフトコンタクトレンズを装用したまま点眼することは避けること

◆用法・用量
アレジオン:1回1滴、1日4回
パタノール:1回1~2滴、1日4回

◆製造販売元
アレジオン:ベーリンガー・インゲルハイム
パタノール:協和発酵キリン

+αの情報:目薬の刺激は、薬のpHや浸透圧比と関係している

 『アレジオン』や『パタノール』は、目薬の中でも使った時の刺激や不快感が少ない薬です。これは、薬液のpHや浸透圧が人間の涙と近い性質で作られているからです。

 『インタール』点眼液は古い薬で、pHや浸透圧比が人間の涙と異なるため、使った時に一過性の刺激を感じる場合があります。

※pHの比較 2-5)
人間の涙:7.25
アレジオン:6.7~7.3
パタノール:7.0
インタール:4.0~7.0

※浸透圧比の比較 2-5)
人間の涙:1.0
アレジオン:0.9~1.1
パタノール:0.9~1.1
インタール:0.25

 4) 病院薬学.24(6):597-600,(1998)
 5) インタール点眼液2% 添付文書

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • Miya
    • 2015年 11月 03日

    大学病院の眼科に通院しています。
    直近に処方された目薬がアレジオンで、バタノールからの変更だったので
    他の記事と併せて大変参考になりました。
    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP