■サイト内検索


スポンサードリンク

消化性潰瘍治療薬 薬の特別な使い方

/

『タガメット』が発熱に効く?~周期性発熱の一つ、PFAPA症候群への有効性

回答:通常の発熱ではなく、周期性発熱に使うことがある

 周期性発熱の「PFAPA症候群(Periodic fever, aphthous stomatitis, pharyngitis, and adenitis syndorome)」は、周期性発熱やアフタ性口内炎、頚部リンパ節炎、咽頭炎を症状とする自己炎症性疾患のことです。
 主に5歳未満の子どもが規則的に発熱を繰り返すものですが、通常は8歳頃までに自然治癒します。

 この「PFAPA症候群」の原因は明確になっておらず、治療方法も確立されていませんが、胃薬である『タガメット(一般名:シメチジン)』がある程度有効であることが知られています。

 なお、こうした治療方法は通常の発熱に対して行うものではなく、保険適用外の使用方法です。自己判断で真似をしないようにしてください。

回答の根拠①:『タガメット』の免疫調節作用

 『タガメット』は、T細胞上のH2受容体に拮抗することによるT細胞の活動抑制や、マクロファージ等の活動に影響するIL-2やINF-γの産生を促進することによって、免疫調節作用を持つ可能性が示唆されています1)。

 1) 医学のあゆみ 144:581-582,(1988)

 しかし、最終的に「PFAPA症候群」に対してどのように作用し、治療効果を発揮しているのかは不明で、現在も研究が続けられています。

回答の根拠②:「PFAPA症候群」への有効性

 20年以上前に、『タガメット』を使用することで「PFAPA症候群」に効果があったという報告がありました2)。

 2) Pediatr Infect Dis J.11(4):318-21,(1992) PMID:1565557

 「PFAPA症候群」に対しては、他に確立された治療方法がない、『タガメット』には大きな副作用が少ない、患者の70%に有効である、ということから、積極的に使用しても良いという見解がなされています3)。また、『タガメット』だけでは治癒しない場合、ステロイド内服薬を併用します。

 3) 小児感染免疫 Vol.24 No.2:155-161,(2012)

薬剤師としてのアドバイス:問題は、細菌感染と誤診されて不要な抗生物質を処方されること

 こうした薬の使い方は、稀な疾患に対する特別な使い方であって、広く一般的に用いられるものではありません。

 通常、発熱した場合にはウイルスや細菌に感染したことを疑い、細菌感染であれば抗生物質が処方されます。しかし、原因がよくわからないまま繰り返す発熱に対し、抗生物質を処方し続けることは、耐性菌の観点からもあまり褒められるものではありません。

 「PFAPA症候群」にも診断基準があります4)。
 もし、定期的に発熱を繰り返し、口内炎やリンパ節炎、咽頭炎などを併せて起こしている場合には、一度専門医に相談することをお勧めします。

 4) J Pediatr.135(1):15-21,(1999) PMID:10393598

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
PAGE TOP