消化性潰瘍治療薬

  1. 消化性潰瘍治療薬 薬の飲み方

    『ネキシウム』などのPPIは、食前に飲んだ方が良い?~食事とPPIの効果

    【薬剤師が執筆・監修】PPIは、食事によって胃のプロトンポンプが活性化している時に使うと、より効果が高まる…

  2. 消化性潰瘍治療薬 薬の特別な使い方

    長く続く頑固な咳に、胃薬のPPIを処方されたのは何故?~逆流性食道炎と喘息

    【薬剤師が執筆・監修】逆流性食道炎によって起こる慢性的な咳には、プロトンポンプ阻害薬(PPI)が効果的な場合もある~「喘息」と「逆流性食道炎」の合併…

  3. 知っておくべきこと 消化性潰瘍治療薬

    市販の『ガスター』は、2週間以上続けて服用できないのは何故?

    【薬剤師が執筆・監修】胃がんの症状も隠してしまう『ガスター』の強力な効果~発見が遅れるリスクへの対処…

  4. 消化性潰瘍治療薬 似た薬の違い

    PPIとH2ブロッカー、同じ胃酸を抑える薬の違いは?~効果の強さと、投与日数の制限、ピロリ偽陰性

    【薬剤師が執筆・監修】1日1回で強力な効果が得られる「PPI」と、投与日数の制限やピロリ偽陰性のリスクが無い「H2ブロッカー」~昼夜の作用差による例外的な併用…

  5. 消化性潰瘍治療薬 薬の特別な使い方

    PPIとH2ブロッカーの併用は可能?~原則と応用、保険適用の問題

    【薬剤師が執筆・監修】NABに対する併用の有効性と、保険適用に対する支払基金の見解…

  6. 消化性潰瘍治療薬 薬の特別な使い方

    『タガメット』が発熱に効く?~周期性発熱の一つ、PFAPA症候群への有効性

    【薬剤師が執筆・監修】5歳未満の乳幼児が規則的に発熱を繰り返す「PFAPA症候群」…

  7. 消化性潰瘍治療薬 検査値

    胃薬の『アルサルミン』で、腫瘍マーカーの「CA19-9」が上がることがある?

    【薬剤師が執筆・監修】『アルサルミン』の服用で「CA19-9」が偽陽性になる可能性と、腫瘍マーカーの意義…

  8. 消化性潰瘍治療薬 薬物動態学

    PPIは半減期が短いのに、1日1回の服用で良いのは何故?~プロトンポンプの新陳代謝

    【薬剤師が執筆・監修】PPIの非可逆阻害と、プロトンポンプの新陳代謝から効果の持続を考える…

  9. 消化性潰瘍治療薬 薬の特別な使い方

    口内炎に、胃潰瘍の薬『プロマック』が処方されたのは何故?~亜鉛の薬の可能性

    【薬剤師が執筆・監修】潰瘍部位に吸着する、亜鉛を含むという特徴から生まれる可能性…

  10. 消化性潰瘍治療薬 薬の誤解

    「胃もたれ」の解消に胃薬の『ガスター』、これって正しい?~空腹時と食後、どちらの「胃もたれ」か

    【薬剤師が執筆・監修】胃酸が多いのか、少ないのか、原因によっては逆効果になる…

  11. 消化性潰瘍治療薬 ピロリ菌

    『タケキャブ』を服用中は、ピロリ菌の検査を行える?~偽陰性の原因となる作用の有無

    【薬剤師が執筆・監修】『タケキャブ』でも2週間の休薬が必要になった~「抗H.pylori活性」や「H.pyloriウレアーゼ阻害活性」を持たないが、それでも「偽…

  12. 消化性潰瘍治療薬 高齢者

    高齢者にはH2ブロッカーよりもPPIが良いのは何故?~老年医学会の推奨

    【薬剤師が執筆・監修】「ストップ」に分類されたH2ブロッカー、「スタート」に分類されたPPI~認知症と区別の難しい薬剤性の認知機能低下やせん妄…

  13. 消化性潰瘍治療薬 似た薬の違い

    『タケキャブ』と『タケプロン』、同じ胃酸を抑える薬の違いは?~P-CABとPPI、ピロリ除菌の成功率…

    【薬剤師が執筆・監修】『タケキャブ』は、『タケプロン』の「CYP2C19」による個人差を減らした改良版~ピロリの一次・二次除菌で90%以上の高い成功率を誇る新し…

  14. 消化性潰瘍治療薬 似た薬の違い

    『ネキシウム』と『オメプラール』、同じPPIの違いは?~光学異性体と代謝酵素による個人差

    【薬剤師が執筆・監修】CYP2C19の寄与が小さい『ネキシウム』は、『オメプラール』よりも個人差が少ない~ピロリ除菌の成功率に影響するPPIの個人差…

  15. 消化性潰瘍治療薬 ピロリ菌

    ピロリ除菌、2回目でも失敗した場合はどうしたら良い?~自由診療の3次除菌・4次除菌

    【薬剤師が執筆・監修】保険が効くのは「2次除菌」まで~自由診療による「3次除菌」・「4次除菌」という選択肢と、そのレジメンの例…

  16. 消化性潰瘍治療薬 ピロリ菌

    PPI服用中にピロリ菌の検査を行えないのは何故?~静菌作用と偽陰性

    【薬剤師が執筆・監修】PPIは「ピロリ菌」に対する静菌作用によって、検査結果で「偽陰性」を出す恐れがある~PPI単独でも2週間、ピロリ除菌後は3ヶ月以上の間隔を…

  17. 消化性潰瘍治療薬 ピロリ菌

    どうして「ピロリ菌」は除菌しないといけないの?~潰瘍の再発率と、除菌を勧める理由

    【薬剤師が執筆・監修】「ピロリ菌」を除菌できれば、薬無しでも9割以上の人で潰瘍が再発しない…


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP