スポンサードリンク

知っておくべきこと 薬局の上手な利用方法

/

眠れないほど痛みが強いのに、鎮痛薬を処方してもらえない。何故?~医師とのコミュニケーションのススメ

回答:正しく医師に伝わっていない可能性を考える

 副作用のリスクなど、何らかの理由によって処方しないこともあります。しかし、多くの場合は医師に悩みが正しく伝わっていないことが原因です。
 
 受診する際には漠然と「痛い」とか「眠れない」とだけ伝えるのではなく、「夜も眠れないほど痛くて困っている」とか、「寝付きは良いけど夜中に必ず目が覚めてしまう」といったように、今困っていることを具体的に伝えるようにしましょう。

 具体的に、正しく症状を医師に伝えることによって、もっと適切な治療を受けられるケースが多々あります。市販薬や健康食品などに頼る前に、まず医師とのコミュニケーションが十分に成立しているかどうかを確認しましょう。

正しく伝えることで処方が変わる可能性のある例

肩がずっと痛い → 肩の痛みで、夜も眠れなくて困っている
咳がしんどい → 咳がずっと続いていて、夜も眠れなくて困っている
眠れない → 布団に入っても1時間以上、寝付けない
頭が痒い → 綺麗に整髪しても頭が痒く、フケが出るので困っている

患者の訴えは、重要な判断材料

 ”痛み”などの主観的な症状については検査によって数値化することができないため、患者の訴えから症状を推察するしかありません。この場合、患者の訴えは症状を推察する最も重要な要素です。そのため丁寧に、具体的に、症状を医師に伝える必要があります。

 「痛い」と伝えるだけでは、いつ、どういった時に、どんな風に痛み、それによって生活にどのような支障があるのか?といったことまでわかりません(※痛みの種類によって鎮痛薬も変わります)。

 通常、薬を使わなくて済むのであれば、使わないのが基本です。

 「痛い」という主張が、それほどでもなさそうだな、と判断されると、鎮痛薬は処方されません。それほどでもないかどうか正しく判断してもらうためには、具体的に症状を医師に伝える必要があります。

望む治療を伝えることも重要

 自分がどういった治療を受けたいのか、を医師に伝えることも重要です。

 多少は薬が多くなっても全く痛みのない生活を取り戻したいのか、多少は痛みが残っても良いからあまり薬を使いたくないのか、それによっても治療方針は大きく変わります。

 自分がどういった”ゴール”を設定しているのか、望む治療を受けるために自分の希望もきちんと医師に伝えるようにしましょう。

薬剤師としてのアドバイス:短い受診時間を有効活用するために

 医師も人間です。伝えていないことまで超能力で理解してくれるわけではありません。医師と円滑なコミュニケーションをすることが重要です。

 そのために、伝えるべきことは事前にメモ書きするなど、伝え漏れがないように準備をしましょう。

お勧めしているメモ書きの内容例

1. 前回の受診時から、良くなったこと
2. 前回の受診時から、悪くなったこと
3. 今の生活で、困っていること
4. 今回の受診で、希望すること

 また、どう伝えたら良いか困っている場合には、受診する前に薬局で事前に”どうやって医師に伝えたら良いか”を相談することも可能です。特に門前薬局であれば、薬剤師が医師の癖や性格についても理解していることが多く、どういった伝え方をすると良いかアドバイスをしてもらえることもあります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP