スポンサードリンク

糖尿病治療薬 薬の特別な使い方

/

『ビクトーザ』がNASHに効く?~非アルコール性脂肪肝炎とGLP-1作動薬に見つかった関係

回答:2015年4月の欧州肝臓学会で可能性が示唆されたところ

 「GLP-1作動薬」の『ビクトーザ(一般名:リラグルチド)』は、本来は糖尿病の治療に用いる薬です。

 この『ビクトーザ』に、非アルコール性脂肪肝炎(Non-Alcoholic SteatoHepatitis:NASH)による肝障害を抑える効果があるのではないか、ということが、2015年4月の欧州肝臓学会で発表されました。
 現在のところNASHに有効な治療薬が存在しないため、今後の臨床試験の結果が注目されています。

回答の根拠①:『ビクトーザ』による線維化抑制効果

 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、アルコールを多飲していないにも関わらず脂肪肝が進行するもので、一般的にアルコール性脂肪肝炎よりも肝硬変への進行が速い肝疾患と言われています。

 しかし、現在のところNASHの治療薬として認可されたものは存在せず、減量(1ヶ月に2kg以内)や高脂血症治療薬、糖尿病治療等によって間接的に治療することしかできません。

 今回の報告では、BMIが25以上の患者に『ビクトーザ』を使用した場合、約4割の患者で”組織所見の改善”と”線維化の進行抑制”が認められたとされています1)。

 1) EASL2015 Matthew J. Armstrong氏らの報告

 ただし、これはまだ「第Ⅱ相試験」による結果であり、実際に現場で活用されるようになるためには、多数の患者を対象に既存の薬と比較する「第Ⅲ相試験」によって効果が実証される必要があります。

回答の根拠②:GLP-1の多面的な効果

 「GLP-1」には、以下のような様々な作用があることが既に報告されています。

・小腸でのコレステロール吸収を抑制することで血中コレステロールを下げる 2)
・肝臓での脂肪合成を抑制し、肝臓内の脂肪の蓄積を低下させる 3)
・Naの再吸収を抑え、血管内皮の弛緩、アンジオテンシンⅡの作用抑制によって、血圧の上昇を抑える 4)

 2) Mol Med.17(11-12):1168-78,(2011) PMID:21785811
 3) J Hepatol.54(6):1214-23,(2011) PMID:21145820
 4) Biochem Biophys Res Commun.380(1):44-9,(2009) PMID:19150338

 こうした報告から、『ビクトーザ』をはじめとするインクレチン関連薬には、様々な組織に対して臓器保護効果を示すのではないかという期待がされ、多くの研究がされています。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP