スポンサードリンク

利尿薬 薬の特別な使い方

/

利尿薬の『ラシックス』と『フルイトラン』を併用するのは何故?~代償性抗利尿

回答:一時的に効果を高めることができる

 『ラシックス(一般名:フロセミド)』は、「ループ利尿薬」に分類される利尿薬です。
 『フルイトラン(一般名:トリクロルメチアジド)』は、「サイアザイド系利尿薬」に分類される利尿薬です。

 『ラシックス』等の「ループ利尿薬」に対して治療抵抗性がある場合、少量の「サイアザイド系利尿薬」と併用することで、一時的に効果を高めることができます。

回答の根拠:長期使用による代償性抗利尿

 腎臓には、濾過されたNaを再吸収する働きがあります。腎臓で再吸収されるNaのうち、「近位尿細管」では60%、「ヘンレ上行脚」では30%、「遠位尿細管」では7%が再吸収されています1)。

 1) 南江堂「今日の治療薬」 (2014)

 『ラシックス』(ループ利尿薬)は「ヘンレ上行脚」に、『フルイトラン』(サイアザイド系利尿薬)は「遠位尿細管」での再吸収に作用します。
ループとサイアザイド~作用点の違い

 『ラシックス』等の「ループ利尿薬」を長期で使用していると、「ヘンレ上行脚」での再吸収が抑えられた状態が続いていることになります。
 身体は、「ヘンレ上行脚」で再吸収が抑えられている分、その後にある「遠位尿細管」で再吸収を補おうとするようになります2)。

 2) メディカルレビュー社 「利尿薬抵抗性(diuretic resistance)」 Fluid Management Renaissance Vol.3 No.3:58-63,(2013)

 このように、身体の一部の機能が低下した場合、別の機能が増強されて補おうとすることを「代償反応」と呼びます。

 『ラシックス』等の「ループ利尿薬」に対して治療抵抗性がある場合、この代償反応が起きている可能性が考えられます。
 この場合、代償反応によって通常よりも再吸収が促進されている「遠位尿細管」に作用する「サイアザイド系利尿薬」を追加することによって、一時的に利尿効果を増大させることができます。

薬剤師としてのアドバイス:ラシックスは用量の幅も広いが、増量し続けるのは問題

 『ラシックス』は用量の幅も広く、少量から高用量まで使用できます。しかし、効果が弱くなってきたからといってひたすら増量し続けるのは問題です。

 『ラシックス』の効果が弱くなってきた場合、代償反応によって「遠位尿細管」の再吸収が促進されていることを考慮し、『フルイトラン』等の「サイアザイド系利尿薬」を併用することも一つの方法です。

 ただし、利尿薬を併用する場合には、NaやKなどの電解質が不足することや、低血圧、脱水症状などに注意する必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP