スポンサードリンク

似た薬の違い 保湿剤

/

『プロペト』と『ヒルドイド』、同じ保湿剤の違いは?~「エモリエント効果」と「モイスチャー効果」

回答:刺激の少ない『プロペト』、保湿効果の高い『ヒルドイド』

 『プロペト(一般名:白色ワセリン)』と『ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)』は、どちらも刺激が少なく、顔にも使える保湿剤です。

 より刺激が少ないのは『プロペト』、保湿効果が高いのは『ヒルドイド』です。
プロペトとヒルドイド
 どちらも皮膚の乾燥を防ぐ目的で処方され、またステロイド外用剤と併せて使うなどほぼ同じ使い方をしますが、皮膚の状況や薬を塗る場所によって使い分ける場合があります。

回答の根拠①:『プロペト』の安全性~特に少ない副作用

 『プロペト』と『ヒルドイド』はどちらも副作用の少ない保湿剤ですが、特に『プロペト』は様々な軟膏の基剤(ベース)としても使われるもので、ほとんど副作用はありません。

 添付文書には、起こり得る副作用として「接触皮膚炎」が1件だけ記載されています1)が、この「接触皮膚炎」は『プロペト』そのものに対するアレルギー・かぶれのことです。
 そもそも「接触皮膚炎」は薬に限らず食べ物や繊維・金属でも起こることがあります。つまり、薬としての副作用は無いとも言えます。
プロペトの副作用~接触皮膚炎
 1) プロペト 添付文書

 一方で『ヒルドイド』の副作用も少ないですが、傷のある場所に使うと刺激を感じることがあるため、基本的には使いません2)。また、血液を固まらなくする「ヘパリン」と似た構造をしているため、出血性疾患を持つ人には「禁忌」に指定されています2)。

 2) ヒルドイドソフト軟膏 添付文書

『プロペト』には添加物も入っていない

 『プロペト』は添加物が全く入っていない、純粋な「白色ワセリン」だけの薬です1)。そのため、添加物などによって刺激を感じる恐れもない、最も肌にやさしい保湿剤と言えます。

回答の根拠②:保湿効果の強弱~「エモリエント効果」と「モイスチャー効果」

 『プロペト』よりも、『ヒルドイド』の方が保湿効果は強力です。
 実際、お風呂あがり(入浴1分後)に塗布した場合の保湿効果は、『プロペト』よりも『ヒルドイド』の方が約2.5倍も高いことが報告されています3)。
ヒルドイドとプロペト~保湿効果の差
 3) 日皮会誌.121(7):1421-6,(2011)

 そのため、皮膚トラブルを治療する際には効果の高い『ヒルドイド』がよく使われます。

「エモリエント効果」と「モイスチャー効果」

 「保湿効果」には、2種類あります。

「エモリエント効果」・・・皮膚の乾燥を防ぐもの
「モイスチャー効果」・・・皮膚に潤いを与えるもの

保湿効果の違い~エモリエントとモイスチャー
 『プロペト』の保湿効果は、「エモリエント効果」です。薬が皮膚を覆い、水分の蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぎます4)。
 『ヒルドイド』の保湿効果は、「モイスチャー効果」です。周囲の水分を集め、角質の水分保持力を高めます2)。

 4) プロペト インタビューフォーム

 一般的に、「エモリエント効果」よりも「モイスチャー効果」の方が保湿効果は高い傾向にあります。

薬剤師としてのアドバイス:保湿剤は、思っているよりもたくさん塗る必要がある

 『プロペト』や『ヒルドイド』といった保湿剤を、乳液のように薄く延ばし、擦り込んで使う人は少なくありませんが、保湿剤はあまりに薄く延ばしてしまうと、薬の効果が弱まってしまいます。

 一般的に、保湿剤を塗ったあとの皮膚にティッシュをかぶせた時に、そのティッシュがさらりと落ちずにひっかかる程度の量を、塗る必要があると言われています。これは、思っているよりもかなり多めの量です。
 このときの目安は、大人の指の第一関節の長さをチューブから出した量(1FTU / 1 Finger Tip Unit)を、手のひら2枚分の面積に使うこと、です。
1ftu
 皮膚トラブルをぶり返したり、皮膚に傷跡を残したりしないためにも、保湿剤はしっかりと多めに使うようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『プロペト』は、刺激が少なく、副作用もほとんどない
2. 『ヒルドイド』は、『プロペト』より保湿効果が2倍以上高い
3. 保湿剤は薄く延ばさず、1FTUを目安にたっぷりと使う

添付文書・インタビューフォーム記載事項の比較

◆有効成分
プロペト:白色ワセリン(※通常の白色ワセリンよりも精製度が高い
ヒルドイド:ヘパリン類似物質

◆薬効分類
プロペト:眼科用・一般軟膏基剤
ヒルドイド:血行促進・皮膚保湿剤

◆適応症
プロペト:眼科用軟膏基剤・一般軟膏基剤(調剤用)、皮膚保護剤
ヒルドイド:皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、血栓性静脈炎(痔核を含む)、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

◆「禁忌」に指定されている事項
プロペト:なし
ヒルドイド:出血性の疾患

◆使われている添加物
プロペト:なし
ヒルドイド:主にグリセリンやパラオキシ安息香酸エチルなど(剤型によって異なる)

◆主な副作用
プロペト:接触皮膚炎
ヒルドイド:皮膚炎・掻痒・発疹

◆剤型の種類
プロペト:プロペトのみ
ヒルドイド:クリーム、ソフト軟膏、ローション、ゲル

◆製造販売元
プロペト:丸石製薬
ヒルドイド:マルホ

+αの情報:『プロペト』と「白色ワセリン」

 『プロペト』は、「白色ワセリン」を眼科用としても使えるまで精製したものです4)。
 眼科用の薬は、不純物や刺激物に対する制限がより厳しく設定されています。そのため、『プロペト』は通常の「白色ワセリン」よりも更に刺激の少ない薬と言えます。

 ただし、別の容器に移し替えたりすると、不純物が混じり込むことがあるため眼科用として使うことはできません。皮膚の保湿剤として処方された『プロペト』は、眼に入らないよう注意して使うようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP