スポンサードリンク

知っておくべきこと 副作用

/

「キシリトール」が犬にとって毒なのは何故?~低血糖を起こすメカニズム

回答:急激な低血糖を起こすから

 ”虫歯を防ぐ効果が証明されている”甘味料として、「キシリトール」はガム等の菓子類に多く含まれています。

 ヒトは「キシリトール」を摂取しても、インスリンが分泌されることはありません。

 しかし、犬が「キシリトール」を摂取すると、インスリンが強力に分泌されます。大量にインスリンが分泌された結果、血糖値が急激に低下します。
犬とキシリトール

 つまり、「キシリトール」そのものが毒性を発揮するのではなく、「キシリトール」によって急激に分泌されたインスリンによる症状が致命的になり得る、ということです。

回答の根拠:体重10kgあたり1gの摂取でも危険

 体重10kgの犬であっても、1g「キシリトール」で重篤な低血糖に陥る可能性が示唆されています1)。これは、チューイングガム1~2枚の摂取でも十分に起こりえる量です。

 1) 日本獣医学会 「犬のキシリトール中毒について」

 他に糖分が豊富なものを食べていた場合などは、インスリンが分泌されても血糖値が維持されるため、必ずしも低血糖を起こすわけではありません。
 しかし、低血糖の症状が起こる場合には通常、摂取から30分以内とすぐに症状が現れます。けいれんや脱力、昏睡などの症状が現れた場合にはすぐに獣医の診察を受けてください。

 低血糖の治療にはブドウ糖の点滴など、糖分の補給が主です。しかし、ヒトと同様、低血糖が重篤化すると、糖を補給しても改善しなくなる場合もあります。

 犬に「キシリトール」は厳禁であることを、知っておく必要があります。

薬剤師としてのアドバイス:人間用のものを、犬や猫に与えない

 薬局でも時折、人間用の目薬を犬に使って良いか、とか、人間用の胃薬を猫に飲ませて良いか、といったことを聞かれることがあります。

 人間と、犬や猫など他の動物とでは、体内で働いている酵素も異なれば、何が毒になって何が栄養素になるのか、も全く異なります。

 そのため、違う動物用の薬や、特殊な飲食物を摂取させることは、非常に危険です。絶対に止めてください。

 
 
 
 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP