■サイト内検索


スポンサードリンク

ベンゾジアゼピン系睡眠薬 薬の飲み方

/

睡眠薬は、いつ飲んだら良いの?~筋弛緩作用、催眠効果の減弱、健忘症

回答:布団に入る直前に飲む

 睡眠薬は就寝直前、布団に入る直前に飲むのが基本です。

 特に、効き始めるのが早い短時間型の睡眠薬の場合、30分以内に効果が現れ始めるものもあります。薬を服用してから入浴したり、階段を昇り降りしていると、急な睡魔に襲われたり、足元がふらついたりして思わぬ事故を招きかねません。

 1日の活動を全て終えて、あとは眠るだけの状態になってから服用するようにしてください。

回答の根拠①:筋弛緩作用で足元がふらつく

 ベンゾジアゼピン系の薬は、「筋弛緩作用」も併せ持っています1)。
 そのため、眠気を感じていなくとも、筋肉があちこち緩んでいて、足元がふらつくことがあります。
ベンゾジアゼピン系の薬理作用~催眠と筋弛緩2
 1) ソラナックス錠 添付文書

 薬を服用したあと、眠気を感じてから寝室に向かう、という人も少なくありませんが、足元がふらついた状態での階段の昇り降りは非常に危険です。

 薬を服用した後は、布団に入ることをお勧めします。

筋弛緩作用の少ない『マイスリー』

 入眠障害に用いる『マイスリー(一般名:ゾルピデム)』は、筋弛緩作用が弱く2)、特に夜間に起きてトイレに行く機会が多い高齢者に対しては、転倒などのリスクを軽減できる薬として、広く使用されています。

 2) マイスリー錠 インタビューフォーム

回答の根拠②:睡眠薬の効果が弱まる

 睡眠薬は、あくまで睡眠を助けるためのものであって、いつでも強制的に眠れるようになるものではありません。
 たとえ睡眠薬を服用しても、その後ずっとパソコンやスマートホン等の明るい液晶画面を見続けていたりすると、脳はいつまでたっても睡眠モードに移行しません。
液晶画面の睡眠に与える影響
 睡眠薬を服用した後は、部屋を暗くし、布団に入って目を閉じていることをお勧めします。

光刺激による体内時計の調節

 『ロゼレム(一般名:ラメルテオン)』は、体内時計を司る「メラトニン」という物質の働きを助けることで、催眠効果を発揮する薬です
 この「メラトニン」は、眼から入ってくる光の刺激で分解されてしまうため、スマートホン等の液晶画面による悪影響はより大きいと言えます。

回答の根拠③:記憶が飛ぶことがある

 『ハルシオン(一般名:トリアゾラム)』などの短時間作用型ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使うと、薬が効き始めてから眠りにつくまでの出来事や、夜間に起きた際の出来事を記憶していないことがあります3)。

 3) ハルシオン錠 添付文書

 そのため、薬を服用してから何か用事をしたり、夜中に電話が鳴って受け答えをしたりしても、翌朝その記憶が残っていない可能性があります。

 こうした健忘症は稀で、しかも一時的なもので脳に障害の残るものでもありませんが、日常生活や仕事上に様々なトラブルを生む恐れがありますので、避けるに越したことはありません。

薬剤師としてのアドバイス:誤った生活習慣も、不眠の大きな原因になる

 不眠症が心身の健康に与える悪影響は極めて大きなものです。そのため、必要に応じて睡眠薬の力を借り、適切な睡眠時間を確保することは重要です。

 しかし、睡眠薬に頼り切りになり、誤った生活習慣を放置することは避けるべきです。

 起きたら雨戸やカーテンを開けて朝日を浴びる、昼寝をし過ぎない、適度に運動する、カフェインを摂り過ぎない、夜になってからパソコンやスマートホン等の明るい液晶画面を長時間見ない、寝る時には部屋を暗くする、必要以上に長時間布団の中で過ごさない・・・など、生活習慣を見直すことも大切です。

 特に慢性的な不眠症に対しては、睡眠薬をいたずらに増やすよりも、こうした「認知行動療法」を優先させようとする動きもあります。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  5. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
PAGE TOP