スポンサードリンク

抗生物質 外用剤

/

『ベピオ』ってどんな薬?~耐性菌の心配がないニキビ薬、髪や服の脱色に注意

回答:耐性菌の心配が少ない、ニキビの薬

 『ベピオ(一般名:過酸化ベンゾイル)』は、ニキビ治療の塗り薬です。

 ニキビの治療には、原因となる「アクネ菌」を退治する抗生物質を使いますが、こうした抗生物質は使い続けることで「耐性菌」が生まれ、薬が効きにくくなってしまう場合があります。
ベピオ~従来の抗生物質との違い
 一方、『ベピオ』はこれまでの抗生物質とは異なり、使い続けていても「耐性菌」が生まれる心配が少なく、また既に「耐性」を得ている菌に対してもよく効きます。
 このことから、既に欧米ではニキビ治療の中心(第一選択薬)として使われています。

 ただし、『ベピオ』が髪や服に付くと脱色されてしまうことがあります。お気に入りの衣服などを着た状態で薬を使うのは避けることをお勧めします。

回答の根拠①:『ベピオ』の作用機序~耐性菌が生まれにくい理由

 『ベピオ』を塗ると、薬の有効成分である「過酸化ベンゾイル」は分解され、「酸化ベンゾイルラジカル」や「フェニルラジカル」などのフリーラジカルを発生させます。
 このフリーラジカルが、細菌の細胞膜や遺伝子情報などを破壊することで、抗菌作用を発揮します1)。
ベピオの作用機序~フリーラジカルの発生
 1) ベピオゲル 添付文書

耐性が生まれにくい理由

 細菌も生物なので、細胞壁やタンパク質・DNAなど、生命活動に必要な物質を合成しています。
 抗生物質は、こうした合成に関わる酵素や基質を邪魔することによって、抗菌力を発揮します。

※抗生物質の種類と、作用点
β-ラクタム系:細胞壁の合成(酵素)
グリコペプチド系:細胞壁の合成(基質)
アミノグリコシド系:タンパク質の合成
マクロライド系:タンパク質の合成
キノロン系:DNAの複製

 そのため、こうした合成に関わる酵素や基質の形が変わってしまうと、薬が効かなくなってしまうことがあります(耐性の獲得)。
 一方、『ベピオ』は細胞構造や遺伝子情報などあちこちの場所に直接作用します。そのため、細菌が一部分を変化させても十分な耐性にはならず、抗菌作用は弱まりません。
ベピオ~耐性ができにくい理由
 このことが、『ベピオ』では耐性が生まれにくい要因と考えられています。

 また『ベピオ』は、既に「クリンダマイシン」や「エリスロマイシン」に耐性を持った「アクネ菌」に対しても抗菌力が変わらず、効果は十分に得られることが確認されています2)。

 2) Antimicrob Agents Chemother.55(9):4211-17,(2011) PMID:21746943


回答の根拠②:漂白作用~お気に入りの服を着て使わないように

 『ベピオ』には、「オキシドール(過酸化水素水)」と同じ漂白作用があるため、髪や衣服に付着すると脱色して白くなってしまう恐れがあります1)。
ベピオ~漂白作用
 お気に入りの服を着たまま薬を使うと、服が白くなってしまうといったトラブルの元になります。入浴時など、服への付着の心配がないタイミングでの使用をお勧めします。

薬剤師としてのアドバイス:乾燥・ベタベタはニキビの大敵

 ニキビは、皮膚の乾燥も大きな原因の一つです。
 皮膚が潤いを失うと、代わりに脂を出して皮膚を守ろうとします。そのため、ベタベタしているのに乾燥している、といった状態になります。
ヒルドイドとべたつき
 よく、既にベタベタしているから保湿剤は要らない、と言われることがありますが、脂は水と違って毛穴を詰まらせやすく、ニキビの原因になります。
 ベタベタしている状態を脱するためにはまず、保湿剤を使って皮膚に潤いを取り戻す必要があります。

 ニキビ治療では『ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)』などの保湿剤を一緒に処方されることがありますが、抗菌剤だけ使うのではなく、きちんと保湿によるスキンケアも心がけるようにしてください。

+αの情報:1日1回の配合剤『エピデュオ』

 ニキビの治療では、『ヒルドイド』→『ディフェリン(一般名:ディフェリン)』→抗菌剤という3つの薬を重ね塗りすることがあります。それぞれが別の薬だと、重ね塗りが非常に面倒なために、少し良くなると薬を塗らなくなってしまうケースが少なくありません。

 そのような手間を減らすために、『ディフェリン』と『ベピオ』が最初から混ざった配合剤『エピデュオ』が2016年11月4日に発売されます。
 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP