スポンサードリンク

ステロイド(外用) 似た薬の違い

/

ステロイド外用剤の『リンデロン』、DP・V・VG・Aの違いは?~4種の強さと使い分け

回答:それぞれステロイドとしての強さが異なる、別の薬

 ステロイド外用剤の『リンデロン』には、DP・V・VG・Aの4種類があります
 同じ『リンデロン』でも、このアルファベットが違えば薬の成分・ステロイドとしての強さも異なる、別の薬です。
4種のリンデロンの違い
 皮膚の厚さは場所によって大きく異なるため、同じ薬を塗っても吸収される量が違います。そのため、薬を塗る場所によって、『リンデロン』も厳密に使い分ける必要があります

 塗り薬は、家に残っている薬を使ったり、家族・兄弟間で使いまわしたりといった、間違った使い方が特に起こりやすい薬ですが、医師・薬剤師に指示された使い方以外はしないようにしてください。

回答の根拠①:4種類の『リンデロン』の成分と強さ

 そもそも、ステロイド外用剤には強さのランクが5段階(Ⅰ群~Ⅴ群)あり、塗る場所によって明確に使い分ける必要があります1)。『リンデロン』も4種がそれぞれ別の強さにランク分けされています。
ステロイドの5ランクとリンデロンの強さ
※ステロイド外用剤の強さのランク
Ⅰ群:最も強い(Strongest)
Ⅱ群:非常に強い(Very Strong)
Ⅲ群:強い(Strong)
Ⅳ群:普通(Medium)
Ⅴ群:弱い(Weak)

 1) 日本皮膚科学会 「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン (2016)」

1.『リンデロンDP(一般名:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル)』(Ⅱ群)
 5ランクあるステロイド外用剤のうち、2番目に強いⅡ群に該当します。
 『アンテベート』や『マイザー』等と同じ強さのもので、主に手足や体幹といった部分に使用し、顔には使いません。

2.『リンデロンV(一般名:ベタメタゾン吉草酸エステル)』(Ⅲ群)
 『リンデロンDP』よりも1ランク下の3番目、Ⅲ群に該当するステロイド外用剤です。
 一般的に、体幹のうちお腹や首など皮膚の薄い部分にも使用できる強さです。

3.『リンデロンVG(一般名:ベタメタゾン吉草酸エステル+ゲンタマイシン)』(Ⅲ群+抗生物質)
 『リンデロンV』の成分に、抗生物質である「ゲンタマイシン」を配合したものです。
 化膿している際などには、”ステロイドで炎症止め + 抗生物質で化膿止め”という効果が期待できます。

4.『リンデロンA(一般名:ベタメタゾンリン酸エステル+フラジオマイシン)』(Ⅴ群相当+抗生物質)
 一般的なステロイド外用剤ではなく、眼や耳といった場所に使用できる特別なステロイドです。
 「フラジオマイシン」という抗生物質も配合されているため、眼や耳に細菌が感染し、炎症を起こしているような場合に使用します。

回答の根拠②:ステロイド外用剤は、強さによって使い分ける

 人間の皮膚は、場所によって厚さが大きく異なるため、同じ薬を塗っても吸収される量が変わります。そのため、薬を塗る場所によって、ステロイド外用剤は厳密に使い分ける必要があります

※薬の吸収率の比 2)
皮膚の厚さと吸収比
 2) J Invest Dermatol.48(2):181-3,(1967) PMID:6020682

 例えば顔と足のうらでは、薬の吸収が100倍近く異なるため、同じ薬を使うわけにはいきません。

 皮膚が厚い手足に、弱いステロイド外用剤を使っても、あまり効果が期待できません。
 皮膚が薄い顔に、強いステロイド外用剤を使うと、副作用で皮膚が薄くなってしまう恐れがあります

 「たかが塗り薬」と油断することなく医師・薬剤師の指示を守り、自己判断で勝手な使い方をしたり、家族・兄弟間で薬を使いまわしたりしないようにしてください。

薬剤師としてのアドバイス:虫刺されに『リンデロン』を使う場合は、特に注意

 『リンデロン』は、虫刺されに処方されることがあります。しかし、よく効くからといって「リンデロン=虫刺されの薬」と認識することは非常に危険です。
 足の虫刺されに処方された強力な『リンデロン』を、顔の虫刺されに使う、といった間違った使い方をしてしまう恐れがあるからです。
リンデロンを虫刺されに使う時の注意

 虫刺されの薬をもらう際には、どの場所に使える薬なのか、医師・薬剤師に予め確認しておくことをお勧めします。
 特に、薬を1~2回塗っても治らない場合には、単なる虫刺されではなく、感染症など別の可能性を考える必要があります。また、虫刺されであっても動悸や冷や汗などのショック症状がある場合には、すぐに病院を受診するようにしてください。

ポイントのまとめ

1. ステロイド外用剤の『リンデロン』には、DP・V・VG・Aの4種類があり、薬の強さも成分も全く違う
2. ステロイド外用剤は、塗る場所によって厳密に使い分ける必要がある
3. 「たかが塗り薬」という油断、自己判断の使用や家族・兄弟間の使いまわしは危険

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆含まれる有効成分
DP:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
 V :ベタメタゾン吉草酸エステル
VG:ベタメタゾン吉草酸エステル + ゲンタマイシン
 A :ベタメタゾンリン酸エステル + フラジオマイシン

◆ステロイドの強さのランク
DP:Ⅱ群
 V :Ⅲ群
VG:Ⅲ群(+抗生物質)
 A :V群相当(+抗生物質)

◆販売されている剤型
DP:軟膏、クリーム、ゾル
 V :軟膏、クリーム、ローション
VG:軟膏、クリーム、ローション
 A :眼・耳科用軟膏、点眼・点鼻用液

◆製造販売元
全て、塩野義製薬

+αの情報①:水虫に「ステロイド」~足の痒みは原因の特定を

 「ステロイド」は過剰な免疫反応を抑える薬です。水虫などの感染症に使うと、菌を退治する免疫が弱まり逆効果になるため、基本的には使いません(※炎症が酷い場合を除く)。
水虫とステロイド~逆効果
 原因がはっきりしない足の痒みは、安易に「ステロイド」を使う前に、皮膚科を受診することをお勧めします。

+αの情報②:薬は、ちょっと名前が違うだけで中身も全然違う

 薬はよく似た名前のものもありますが、アルファベットが一文字・二文字違うだけでも、薬として全く別のものであるケースがたくさんあります。

 似たような名前の薬でも自己判断では使わず、必ず薬剤師に確認するようにしてください。

※アルファベットの違いで、全く別の薬である例
『オイラックス』と『オイラックスH』・・・Hがついている方には、ステロイドが配合されている
『ビオフェルミン』と『ビオフェルミンR』・・・抗生物質と一緒に使うときは、Rがついている方を選ぶ
『ミコンビ配合錠AP』と『ミコンビ配合錠BP』・・・配合されている有効成分の量が違う
『PL配合顆粒』と『SG配合顆粒』・・・総合感冒薬(かぜ薬)と痛み止め

+αの情報③:保湿剤との重ね塗りが効果的

 『リンデロン』などのステロイド外用剤は、『ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)』などの「保湿剤」と一緒に使うことで、より高い効果を得ることができます3)。
 必要に応じて混合した薬が処方されますが、別々に処方された場合は重ねて塗ることもあります。

 3) Pediatr Dermatol.25(6):606-12,(2008) PMID:19067864 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP