スポンサードリンク

知っておくべきこと 心不全

/

心不全は、心臓が止まってしまう病気のことではない?~危険な息切れと、普通の息切れ

回答:心不全は、心臓が弱った状態のこと

 心不全は、心臓のポンプ機能が低下した状態のことです。

 その結果、全身に必要な血液を送り出せなくなり、息苦しさや疲労感、足のむくみといった症状が現れます。
心不全と心停止

 心臓が止まってしまう病態のことではありません。

回答の根拠:大多数が病態・原因・症状について誤解している

 心不全を”心臓の拍動が止まって突然死してしまう病態である”、と誤解している人が、一般市民の46%にのぼることが報告されています1)。

 1) 米国心臓学会 AHA (214):706-1173

 そのため、心不全に自覚症状は無いと思い、息苦しさや足のむくみを放置してしまい、症状が悪化するというケースが多発しています。

詳しい回答:息苦しさの理由

 呼吸で取り込んだ酸素は肺から血液中に溶け込み、全身に供給されます。
心不全と息切れ

 心臓のポンプ機能が弱って血液供給が滞ると、全身が酸欠状態になってしまいます。

 しかし、いくら呼吸を早くして肺に酸素を取り込んでも、肺から全身になかなか供給されないため、息苦しさを感じたり息切れしたりするばかりで、酸欠状態が解消されることはありません。

平坦な道で息切れするのは危険なサイン

 階段を登っていて”息切れ”するのは、呼吸を早くして酸素を取り込もうとする通常の反応です。

 しかし、平坦な道を歩いていて”息切れ”するのは、心不全の症状である可能性があります。一度病院で検査を受けるようにしましょう。

薬剤師としてのアドバイス:夜のトイレが増えたら要注意

 心不全を放置すると、息苦しさなどの自覚症状が悪化し、日常生活に支障をきたすようになってしまいます。そのため、症状の悪化を防ぐためにも継続して治療を行う必要があります。

 息苦しさの他に、早期の段階から心不全では”足のむくみ”と、それに伴う”夜のトイレが増える”といった症状が現れることが多いとされています。
 また、肺に水が溜まって咳が続くといった症状を起こすこともあります。

 生活の中で変わったことがあれば、「歳のせい」と決めつけず、一度病院で相談するようにしましょう。また、その際には自身の症状を正確に医師に伝えることが大切です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP