スポンサードリンク

高血圧 副作用

/

ACE阻害薬で、咳の副作用が起こるのは何故?~「ブラジキニン」による空咳と、心不全による咳

回答:気道を刺激する「ブラジキニン」が増えるため

 高血圧治療に用いる「ACE阻害薬」は、副作用で痰の絡まない「空咳」が出ることがあります。
 この咳は、気道を刺激する「ブラジキニン」が蓄積することで起こります。
ACE阻害薬とブラジキニン

 「ACE阻害薬」を使っていて空咳が出る場合、「ARB」に切り替えるなどの対応が一般的です。

 ただし、痰が絡むような咳は感染症、水っぽい咳は心不全の症状である場合があります。咳が長く続く場合には、きちんと原因を特定するため、一度病院を受診するようにしてください。

  

回答の根拠①:「ブラジキニン」と空咳のメカニズム

 「ACE阻害薬」は、「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」を阻害することによって、血圧の上昇を抑える高血圧治療薬です。

 しかし、同時に「ブラジキニン」の分解も阻害してしまうため、身体に「ブラジキニン」が蓄積するようになります。
 この「ブラジキニン」が気道を刺激するため、咳を生じるようになります1)。
ACE阻害薬と空咳
 1) 総合臨床 45(8):1946,(1996)

 この咳は、喉に細菌やウイルスなどの異物がくっ付いて出る通常の咳ではないため、痰が絡まない「空咳」になるのが特徴です。
 また、咳中枢も関与していないため、『アスベリン(一般名:チピペジン)』や『メジコン(一般名:デキストロメトルファン)』「リン酸コデイン」などの咳止め薬では治まりません。

 こうした空咳は、「ACE阻害薬」を使い続けられない最大の原因となっており、「ACE阻害薬」を中断する理由の70%近くにのぼるとされています2)。

 2) Lancet.362(9386):772-6,(2003) PMID:13678870

 

回答の根拠②:心不全でも咳は起こる

 「ACE阻害薬」は心不全にも使用する薬ですが、心不全が進行すると身体の水循環が滞り、肺に水分が溜まるようになります。その結果、水っぽい咳が出るようになります。

 このときの咳は、ストローで残り少ないジュースを吸ったときのような、ゴロゴロした音が混じるのが特徴です。
 こうした心不全症状による咳が酷い場合には、『ラシックス(一般名:フロセミド)』などの利尿薬を使って身体の水分を調節するといった対応が必要です。

 「ACE阻害薬」を使っている時に咳が出るからといって、全てが薬の副作用は限りません。自己判断で副作用だと思い込むことはせず、きちんと主治医の診断を受けるようにしてください。
空咳と心不全の咳

薬剤師としてのアドバイス:空咳がひどい場合は、「ARB」に切り替えるのが一般的

 空咳がひどく薬を続けられない場合は、「ACE阻害薬」から「ARB」に切り替えるのが一般的です。
 「ARB」は「ACE阻害薬」に比べると薬価がやや高めですが、どちらも高血圧治療の第一選択薬に選ばれている薬で、治療効果には大きな違いはありません

 ただし、副作用による「空咳」なのか、心不全による咳なのか、あるいは喘息や感染症などで起こる咳なのか、ひとことに咳と言ってもその原因は様々です。
 正しい原因を突き止めなければ、正しい対策はできません。咳が長く続く場合には、自己判断で対応せず、一度病院を受診することをお勧めします。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP