■サイト内検索


スポンサードリンク

似た薬の違い ステロイド点鼻薬

/

『ナゾネックス』と『リボスチン』、同じ点鼻薬の違いは?~アレルギー性鼻炎に対するステロイドと抗ヒスタミン薬の効果と併用

回答:効果・安全性に優れた『ナゾネックス』、補助的に使う『リボスチン』

 『ナゾネックス(一般名:モメタゾン)』と『リボスチン(一般名:レボカバスチン)』は、どちらもアレルギー性鼻炎の治療に使う点鼻薬です。

 『ナゾネックス』は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりの全てに効果的で、眠気の副作用もない「ステロイド」の点鼻薬です。
 『リボスチン』は、くしゃみ・鼻水に効果がある「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬です。

 アレルギー性鼻炎の治療では、効果・安全性に優れた「ステロイド」の点鼻薬が第一選択薬に選ばれています。「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬は補助的に使い、場合によってはこれら2つを併用することもあります。

回答の根拠①:『ナゾネックス』の効果と安全性~第一選択薬に選ばれている理由

 『ナゾネックス』は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりという全ての鼻炎症状に対して『リボスチン』よりも効果的で、費用対効果の点でも優れていることが報告されています1)。

 1) Ann Allergy Asthma Immunol.95(3):272-82,(2005) PMID:16200819

 『リボスチン』など「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬は、特に鼻詰まりに対して効果が弱いこと2)や、また内服薬と同じように眠気を感じる恐れがあり、使用後の自動車運転が禁止されていること3)など、効果や安全性の面で「ステロイド」の点鼻薬に劣る部分があります。
 また、『ナゾネックス』は1日1回の噴霧で良い4)のに対し、『リボスチン』は1日4回(朝・昼・夕・寝る前)の噴霧が必要である3)ように、「ステロイド」の点鼻薬の方が噴霧の手間も少なくなっています。

 このように効果・安全性だけでなく、噴霧の手間という観点からも優れた「ステロイド」の点鼻薬は、通年性・季節性どちらのアレルギー性鼻炎に対しても、軽症・中等症・重症全ての段階で第一選択薬に選ばれています5)。

 2) Nepal Med Coll J.9(1):17-21,(2007) PMID:17593672
 3) リボスチン点鼻液 添付文書
 4) ナゾネックス点鼻液 添付文書
 5) 鼻アレルギー診療ガイドライン -通年性鼻炎と花粉症- 2016年版

 そのため、通常は『ナゾネックス』など「ステロイド」の点鼻薬が治療の軸として使われ、『リボスチン』など「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬は補助的な使い方をします。

新しい薬であれば、即効性も変わらない

 点鼻薬では、一般的に「抗ヒスタミン薬」が「ステロイド」よりも即効性では優れるとされていますが、現在主流の『ナゾネックス』や『アラミスト(一般名:フルチカゾン)』・『エリザス(一般名:デキサメタゾン)』といった新しい点鼻薬であれば、即効性の点でもほとんど変わりません6)。

 ただし、『リノコート(一般名:ベクロメタゾン)』などOTCとしても市販されている古いタイプの「ステロイド」点鼻薬と比べると、使い始め5日ほどは「抗ヒスタミン薬」の方がよく効くことが報告されています7)。そのため、セルフメディケーションの場では即効性の観点から、突発的な鼻炎症状に対して「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬を選ぶこともあります。

 6) Allergy Asthma Proc.33(6):450-8,(2012) PMID:23127291
 7) Eur Arch Otorhinolaryngol.254(5):236-41,(1997) PMID:9195148

回答の根拠②:「ステロイド」と「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬を併用する効果

 「ステロイド」の点鼻薬と「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬を併用することで、鼻炎に対する効果がより高まることが報告されています8)。そのため『ナゾネックス』と『リボスチン』も併用される場合があります(喘息治療における「吸入ステロイド」と「β2刺激薬」のように)。

 ただし、配合剤が販売されている海外と違い、日本では2種の点鼻薬を個々に使わなければならないため、噴霧の手間が大きく増えてしまうことに注意が必要です。

 8) J Investig Allergol Clin Immunol.23(7):495-503,(2013) PMID:24654314

薬剤師としてのアドバイス:1日1回の点鼻薬は、鼻通りが良いタイミングで使い続ける

 『ナゾネックス』など1日1回の「ステロイド」点鼻薬は、特に使用する時間帯が指定されていません。朝でも夜でも、24時間ごとに忘れず使い続けることが大切です。
 しかし、点鼻薬は使う前に鼻をかみ、鼻の通りを良くしてから使う必要があります。そのため、お風呂上がりなど1日の間で最も鼻通りの良いタイミングで使うことをお勧めします。

 また、点鼻薬は症状の酷い時にだけ使うもので「続けて使うものではない」と考える人は少なくありませんが、それはOTCによく使われている「血管収縮剤」の点鼻薬です。「ステロイド」の点鼻薬は、しばらく使い続ける必要のある薬です。症状が治まってきても、医師からOKをもらえるまでは続けて使うようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『ナゾネックス』など「ステロイド」の点鼻薬は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりに効果的な、第一選択薬
2. 『リボスチン』など「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬は、やや効果・安全性で劣るため、補助的な位置づけ
3. 「ステロイド」と「抗ヒスタミン薬」の点鼻薬は併用することもあるが、噴霧の手間が増えることに注意

 

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆有効成分と薬効分類
ナゾネックス:モメタゾン フランカルボン酸エステル(ステロイド)
リボスチン:レボカバスチン(抗ヒスタミン薬)

◆同系統の商品
ナゾネックス:アラミスト、エリザス
リボスチン:ザジテン

◆適応症
ナゾネックス:アレルギー性鼻炎
リボスチン:アレルギー性鼻炎

◆1日の噴霧回数
ナゾネックス:1日1回、各鼻腔に2回ずつ
リボスチン:1日4回(朝・昼・夕・寝る前)、各鼻腔に2回ずつ

◆眠気の副作用
ナゾネックス:なし
リボスチン:あり(使用後の自動車運転は禁止)

◆アレルギー性鼻炎に対するガイドラインでの推奨
ナゾネックス:軽症・中等症・重症全ての段階の第一選択薬 (※季節性では初期療法でも)
リボスチン:推奨なし

◆点鼻液の容量と噴霧回数・使用できる期間
ナゾネックス:点鼻液(56噴霧[成人で2週間分]、112噴霧[成人で4週間分])
リボスチン:点鼻液(112噴霧[成人で1週間分])

◆文献請求先
ナゾネックス:MSD
リボスチン:日本新薬

+αの情報①:初期療法や妊娠中にも「ステロイド」点鼻薬は使われる

 花粉症など季節性のアレルギー性鼻炎では、花粉が飛散し始めたときから予防的に治療を始める「初期療法」を行う場合があります。
 今の日本では『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』や『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』といった内服の「抗ヒスタミン薬」を使うことが多いですが、12歳以上の場合はこれらの内服薬を使わずに、『ナゾネックス』などの「ステロイド」点鼻薬単独で行うことが強く推奨されています9)。

 また、妊娠中の患者を治療する際も、これら内服の「抗ヒスタミン薬」より、鼻詰まりにも効果的でなおかつ全身移行の少ない「ステロイド」点鼻薬を優先すべき10)とされています。

 9) Ann Intern Med.167(12):876-881,(2017) PMID:29181536
 10) Drug Saf.28(8):707-19,(2005) PMID:16048356

+αの情報②:「血管収縮剤」の点鼻薬の使い過ぎに注意

  鼻詰まりの症状に最も速く効くのは、「血管収縮剤」の点鼻薬です。噴霧して数分で鼻通りが良くなるため人気も高く、OTCでも「血管収縮剤」の配合された点鼻薬が数多く販売されています。
 しかし、「血管収縮剤」の点鼻薬の使い過ぎは、鼻粘膜の肥厚・腫脹を起こし、アレルギーでもないのに鼻水・鼻詰まりの症状が出る「薬剤性鼻炎」の原因になります。そのため、ガイドラインでも重症例に対して1~2週間を限度で使うことが注意喚起されています5)。

~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP