サイト内検索


スポンサードリンク

ベンゾジアゼピン系睡眠薬 似た薬の違い

/

『レンドルミン』と『ロヒプノール』、同じ「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬の違いは?~作用時間と使い分け、併用の是非

回答:寝付きを良くする『レンドルミン』、熟睡できるようにする『ロヒプノール』

 『レンドルミン(一般名:ブロチゾラム)』と『ロヒプノール(一般名:フルニトラゼパム)』は、どちらも不眠治療に使う「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬です。

 『レンドルミン』は作用が短く、寝付きの悪い「入眠障害」に使います。
 『ロヒプノール』は作用が長く、途中で目が覚める「中途覚醒」に使います。
レンドルミンとロヒプノール
 このように、『レンドルミン』や『ロヒプノール』などの「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬は、効き目の強さではなく長さによって使い分けます。
 やむを得ない場合、作用の短い薬・長い薬を一緒に使うこともありますが、「ベンゾジアゼピン系」の薬は併用しないのが大原則です。

回答の根拠①:作用の短い『レンドルミン』~寝付きをよくする睡眠薬

 不眠の症状の一つに、布団に入ってもなかなか眠れない、という「入眠障害」があります。
 この場合、睡眠薬の効果は布団に入ってから寝付くまでの間にだけ必要です。そのため、『レンドルミン』など効き目が速く現れて消失する「短時間型」の睡眠薬を使います。
短時間型の睡眠薬のイメージ
※超短時間型(半減期:~6時間)
『ハルシオン(一般名:トリアゾラム)』
『マイスリー(一般名:ゾルピデム)』

『アモバン(一般名:ゾピクロン)』
『ルネスタ(一般名:エスゾピクロン)』

※短時間型(半減期:6~12時間)
『レンドルミン(一般名:ブロチゾラム)』
『ロラメット(一般名:ロルメタゼパム)』
『リスミー(一般名:リルマザホン)』

使い勝手は良いが、依存や離脱症状に注意

 『レンドルミン』など作用時間の短い「短時間型」の睡眠薬は、翌朝にまで効き目を持ち越すことが少なく、また眠れないと感じた日にだけ使うこともできるなど、非常に使い勝手の良い睡眠薬です。

 しかし、睡眠薬に対する依存は、作用時間の短いもので起こりやすいとされています1)。使い勝手が良い分、つい使い過ぎ・頼りがちになってしまうことに注意が必要です。

 1) Drug Saf.9(2):93-103,(1993) PMID:8104417

回答の根拠②:作用の長い『ロヒプノール』~熟睡できるようにする睡眠薬

 不眠の症状の一つに、眠っても途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」や、不必要なほど朝早くに目が覚める「早朝覚醒」があります。
 この場合、睡眠薬の効果は一晩中、朝まで続いている必要があります。そのため、『ロヒプノール』など効き目が長く続く「中~長時間型」の睡眠薬を使います。
中~長時間型の睡眠薬のイメージ
※中間型(半減期:12~24時間)
『ロヒプノール(一般名:フルニトラゼパム)』
『ベンザリン(一般名:ニトラゼパム)』
『ユーロジン(一般名:エスタゾラム)』

※長時間型(半減期:24時間~)
『ドラール(一般名:クアゼパム)』
『ダルメート(一般名:フルラゼパム)』
『ソメリン(一般名:ハロキサゾラム)』

依存や離脱症状は少ないが、翌朝・日中まで眠気が続く「持ち越し効果」に注意

 『ロヒプノール』など作用時間の長い「中~長時間型」の睡眠薬は、続けて使うことで血中濃度が安定(定常状態)し、身体を眠りやすい状況で維持することができます。

 「短時間型」の睡眠薬に比べ、薬に対する依存や減量した際の離脱症状・反跳性不眠といったトラブルは起こりにくい傾向にあります。そのため、こうしたトラブルが問題になる場合には、「短時間型」の薬を「長時間型」の薬に切り替えてから減量する、という方法をとることが推奨されています2)。

 2) The Maudsley Prescribing Guidelines in Psychiatry,11th Edition

 ただし、翌朝・日中にまで眠気が続いてしまう「持ち越し効果」が出やすいことに注意が必要です。

回答の根拠③:作用時間の異なる睡眠薬を併用することのメリット

 寝付きも悪く、途中で目が覚めることもあるという場合には、作用の短い睡眠薬と作用の長い睡眠薬を併用することもあります。
 しかし、睡眠薬の併用で効果が高まる、とする根拠はなく、特に3種以上の「ベンゾジアゼピン系」の併用は避けなければならない、とされています3)。

 3) 日本睡眠学会 「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン (2013)」

 そのため、睡眠薬は単剤で使うのが原則で、やむを得ない場合でも基本2種以下に留めておく必要があります。

催眠作用の強い抗うつ薬や、少量の抗精神病薬の併用も選択肢

 「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬が効きにくい場合には、増量・併用するより、別の作用を持つ薬を使うことも選択肢になります3)。

※抑うつ状態がある場合
催眠作用の強い抗うつ薬(例:『リフレックス(一般名:ミルタザピン)』など)
※不安・焦燥(イライラ)が強い場合
少量の抗精神病薬(例:『セロクエル(一般名:クエチアピン)』
※昼夜逆転している場合
『ロゼレム(一般名:ラメルテオン)』

薬剤師としてのアドバイス:睡眠薬を使いながら、不眠の原因を根本的に解決する

 睡眠薬を使えば、多くの場合すんなりと眠れるようになりますが、睡眠薬はずっと使い続ける薬ではありません。そのため、睡眠薬を使いながら、不眠の原因を根本的に解決する必要があります。

※若い人で多い不眠の原因
1.カフェインの摂り過ぎ
2.夜遅くまでパソコンやスマートホンなどの明るい液晶画面を見続けている
3.部屋を明るくしたまま寝ている
4.深夜に食事を摂って睡眠が浅くなっている

※高齢者に多い不眠の原因
1.日中の運動不足
2.昼寝のし過ぎ
3.部屋に引き籠りがちで日光を浴びていない
4.あまりに早い時間から布団に入っている

 こうした不眠の原因を取り除き、最終的には薬なしでもぐっすりと眠れるように、生活習慣・環境の改善も併せて行うようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『レンドルミン』などの「短時間型」は入眠障害に使うが、依存しやすいことに注意
2. 『ロヒプノール』などの「中~長時間型」は中途覚醒に使うが、持ち越し効果が多いことに注意
3. 「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬を併用するメリットは少ないため、安易な多剤併用は控える

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆薬効分類
レンドルミン:睡眠導入剤(ベンゾジアゼピン系)
ロヒプノール:不眠症治療剤(ベンゾジアゼピン系)

◆適応症
レンドルミン:不眠症、麻酔前投薬
ロヒプノール:不眠症、麻酔前投薬

◆半減期(t1/2)
レンドルミン:7時間 / 短時間型
ロヒプノール:19.2時間 / 長時間型

◆剤型の種類
レンドルミン:錠(0.25mg)、D錠(0.25mg)
ロヒプノール:錠(1mg、2mg)、静注

◆製造販売元
レンドルミン:ベーリンガー・インゲルハイム
ロヒプノール:エーザイ

+αの情報:海外への持ち出しに注意

 日本では使用が許可されている薬でも、国によってはその扱いは様々です。
 特に、『ロヒプノール』などの「フルニトラゼパム」製剤は、アメリカでは所持も禁止されているため、たとえ治療目的の所持であっても罰せられる恐れがあります。

 海外渡航時には、主治医との相談・各大使館への問い合わせをし、持ち出して良い薬かどうかを確認するようにしてください。またその際、渡航中の無用なトラブルを避けるためにも「薬剤証明書」を書いてもらうことをお勧めします。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP