スポンサードリンク

緑内障治療薬 似た薬の違い

/

『キサラタン』と『チモプトール』、同じ緑内障の点眼薬の違いは?~プロスタグランジン関連薬とβ遮断薬、局所と全身の副作用

回答:全身の副作用が少ない『キサラタン』、局所の副作用が少ない『チモプトール』

 『キサラタン(一般名:ラタノプロスト)』と『チモプトール(一般名:チモロール)』は、どちらも緑内障の治療薬です。

 『キサラタン』は、気管支収縮や徐脈・血圧上昇といった全身性の副作用が少ない「プロスタグランジン関連薬」です。
 『チモプトール』は、色素沈着や彫りが深くなるといった局所の副作用が少ない「β遮断薬」です。

 「プロスタグランジン関連薬」と「β遮断薬」はどちらも眼圧を下げる効果に優れるため、緑内障の薬物治療では第一選択薬として広く使われています。片方で効果が不十分な場合は、併用することもあります。

回答の根拠①:作用の違いと薬物治療の第一選択

 眼圧は、眼球内の水分である「房水」の流出と産生によって調節されています。そのため「房水」の増え過ぎを解消することで眼圧を下げ、緑内障を治療することができます。
 『キサラタン』などの「プロスタグランジン関連薬」は、「房水」の流出を促すことで眼圧を下げます1)。
 『チモプトール』などの「β遮断薬」は、「房水」の産生を抑えることで眼圧を下げます2)。

 1) キサラタン点眼液 添付文書
 2
) チモプトール点眼液 添付文書

 「プロスタグランジン関連薬」と「β遮断薬」は眼圧を下げる効果に優れているため、緑内障の薬物治療ではどちらも第一選択薬として使われています3)。

 3) 日本眼科学会 「緑内障診療ガイドライン(第3版)」 (2011)

回答の根拠②:全身性の副作用と局所の副作用

 『キサラタン』などの「プロスタグランジン関連薬」は、交感神経に作用する「β遮断薬」と比べて気管支収縮や徐脈・血圧上昇といった全身性の副作用を起こしにくい点眼薬です3)。
 『チモプトール』などの「β遮断薬」は、「プロスタグランジン関連薬」と比べて色素沈着や睫毛が太くなる・彫りが深くなる(上眼瞼溝深化)といった局所の副作用を起こしにくい点眼薬です3)。

 効果に大きな違いはないため、持病や体質、副作用の現れ方によって使い分けるのが一般的です。

回答の根拠③:併用のメリットと配合薬

 緑内障の薬物治療は、1つの薬で治療するのが基本ですが、効果が不十分な場合には作用の異なる薬を併用することが推奨されています3)。
 特に効果の高い組み合わせがあるとの報告はありませんが、「プロスタグランジン関連薬」と「β遮断薬」は眼圧を下げるメカニズムが異なり、またどちらも日本人に多い「原発開放隅角緑内障(広義)」の第一選択薬として広く使われているため、適切な組み合わせと考えらえています4)。

 4) ザラカム配合点眼液 インタビューフォーム

 複数の点眼薬を使うことが難しい場合には、治療を継続するためにもこれら2種を配合した点眼薬が使うことがあります。

※「プロスタグランジン関連薬」と「β遮断薬」の配合薬
『ザラカム』・・・・・ラタノプロスト + チモロール
『ミケルナ』・・・・・ラタノプロスト + カルテオロール
『デュオトラバ』・・・トラボプロスト + チモロール
『タプコム』・・・・・タフルプロスト + チモロール

ポイントのまとめ

1. 『キサラタン』と『チモプトール』は、どちらも緑内障の薬物治療で第一選択として使われている
2. 『キサラタン』は全身性の副作用が少なく、『チモプトール』は局所の副作用が少ない
3. 房水の流出を促す「プロスタグランジン関連薬」と産生を抑える「β遮断薬」は、併用することもある

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆薬効分類
キサラタン:プロスタグランジンF2α誘導体
チモプトール:β遮断薬

◆適応症
キサラタン:緑内障・高眼圧症
チモプトール:緑内障・高眼圧症

◆用法用量
キサラタン:1日1回
チモプトール:1日2回(※『チモプトールXE』は1日1回)

◆持病や体質に関する禁忌の項目
キサラタン:なし
チモプトール:気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患、重度の心不全など

◆特徴的な副作用
キサラタン:虹彩・眼瞼色素沈着眼瞼溝深化まつ毛の異常
チモプトール:気管支痙攣徐脈などの不整脈

◆pHと浸透圧比
キサラタン:pH 6.5~6.9、浸透圧比 約1.0
チモプトール:pH 6.5~7.5、浸透圧比 約1.0

◆剤型の種類
キサラタン:点眼液(0.005%)
チモプトール:点眼液(0.25%、0.5%)、XE点眼液(0.25%、0.5%)

◆同種同効薬
キサラタン:タプロス・トラバタンズ・ルミガン
チモプトール:ミケラン・ベトプティック

◆製造販売元
キサラタン:ファイザー
チモプトール:参天製薬

+αの情報①:「β遮断薬」は日中に点眼するのが基本

 『キサラタン』などの「プロスタグランジン関連薬」は、色素沈着の副作用を防ぐ目的で、入浴前の点眼を指示されることがよくあります。これは、入浴時に肌についた点眼液を洗い流すことができるからです。
 一方、『チモプトール』などの「β遮断薬」の効果は日中より夜間の方が弱まってしまうことが知られています5)。これは、夜になると「房水」の産生は交感神経の活動低下とともに少なくなるからです。

 このことから1日1回点眼の場合、「プロスタグランジン関連薬」は夜(入浴前)、「β遮断薬」は朝~昼(日中)に点眼するよう指示されるのが一般的です。

 5) Invest Ophthalmol Vis Sci.41(9):2566-73,(2000) PMID:10937568

+αの情報②:点眼後に目頭を軽く抑えることで、全身への移行を防げる

 『チモプトール』などの「β遮断薬」で気管支収縮や徐脈、血圧上昇などの全身性の副作用が起こるのは、点眼液が涙管を通って消化管へ流れ込み、内服した際と同じように吸収されるからです。
 そのため、点眼後に目頭(涙管)を軽く抑えることで鼻~消化管への流入を防ぎ、血中薬物濃度の上昇・全身性の副作用を軽減することができます6)。

 6) Arch Ophthalmol.102(4):551-3.PMID:6704011

~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP