『チラーヂン』と『メルカゾール』、同じ甲状腺の薬の違いは?~併用の目的とTSHの値


回答:甲状腺ホルモンを増やす『チラーヂン』、減らす『メルカゾール』

 『チラーヂン(一般名:レボチロキシン)』は、甲状腺ホルモンを増やす薬です。
 『メルカゾール(一般名:チアマゾール)』は、甲状腺ホルモンを減らす薬です。
チラーヂンとメルカゾール

 甲状腺ホルモンは新陳代謝・エネルギー生産などに関わっているホルモンのため、少な過ぎても多過ぎても健康を害します。
 そのため、甲状腺ホルモン不足の場合は『チラーヂン』、過剰の場合は『メルカゾール』を使って、適切なホルモン量に調節します。


 薬の量を調節するだけでは、甲状腺ホルモンが増えすぎたり減り過ぎたりして安定しない、といった場合には、例外的にこれら2つの薬を併用することもあります。



回答の根拠①:甲状腺ホルモンとして作用する『チラーヂン』

 『チラーヂン』は、体内で甲状腺ホルモンとして作用します1)。
チラージンの作用
 1) チラーヂンS錠 インタビューフォーム

 甲状腺ホルモンが少なくなると、新陳代謝やエネルギー生産能力が低下します。
 その結果、皮膚がカサカサになったり、体温が低くなったり、食欲が減るのに体重が増えたり、疲れやすくなったり、といった症状が起こります。

 この場合、『チラーヂン』などで甲状腺ホルモンを体内に補充することで、症状を改善することができます。



回答の根拠②:甲状腺ホルモンを抑える『メルカゾール』

 『メルカゾール』は甲状腺ホルモンの産生を抑える薬です2)。
メルカゾールの作用
 2) メルカゾール錠 インタビューフォーム

 甲状腺ホルモンが多くなると、新陳代謝やエネルギー生産能力が過剰になります。
 その結果、体温が上がって暑がりになったり、食欲が増えるのに体重が減ったり、じっとしていても動悸や息切れを起こしたり、指先が震えたり、といった症状が起こります。

 この場合、『メルカゾール』などで甲状腺ホルモンの作用を弱めることで、症状を改善することができます。



回答の根拠③:『チラーヂン』と『メルカゾール』を併用する目的

 例外的に、甲状腺ホルモンの作用を強める『チラーヂン』と、甲状腺ホルモンの作用を弱める『メルカゾール』を併用することがあります。
 こうした併用療法(Block and Replacement Therapy)は、一時期新たな治療方法として注目されたものの、現在は寛解率を高めることはできないとして、特に推奨はされていません3)。

 3) Cochrane Datebase of Syst Rev.18;(2):CD003420,(2005) PMID:15846664
 
 しかし、中には『メルカゾール』を10mgに増やすと甲状腺ホルモンが減り過ぎ、5mgに減らすと甲状腺ホルモンが増え過ぎる、といったように、薬の量を調節するだけでは安定しない病状を示すケースがあります。
メルカゾール単剤で不安定なケース
 こういった場合に限り、寛解ではなく甲状腺ホルモンの作用を安定させる目的で、『チラーヂン』と『メルカゾール』を併用する場合があります。
 ただし、根本的な治療にはなり得ないため、将来的に薬を中止できる見込みがなければ別の治療方法を考える必要があります。


併用で安定する理由~フィードバックを抑える

 甲状腺ホルモンは、二重のシステムで管理されています。

 視床下部から甲状腺刺激ホルモン(TSH)が分泌され、甲状腺に作用します。この作用によって、甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌します。
甲状腺ホルモンが出る仕組み

 甲状腺ホルモンが増えると、甲状腺刺激ホルモン(TSH)を減らして、増え過ぎないようバランスをとります。
 甲状腺ホルモンが減ると、甲状腺刺激ホルモン(TSH)を増やして、減り過ぎないようバランスをとります。


 『メルカゾール』で甲状腺ホルモンの産生量を減らすと、身体は減ったホルモン量のバランスをとるために甲状腺刺激ホルモン(TSH)を増やします(フィードバック機能)。
 このとき、『チラーヂン』を併用して甲状腺ホルモンを少し増やすことで、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌増加を減らすことができます。

 このように、『メルカゾール』は過剰になっている甲状腺ホルモンを減らし、『チラーヂン』は身体のフィードバック機能にブレーキをかけることによって、甲状腺ホルモンの作用を安定化させることができると考えられています。



薬剤師としてのアドバイス:甲状腺の機能は、TSHにも気を付けておく

 甲状腺に多少の異常が起きても、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が巧くバランスを調節してしまうため、自覚症状が現れないケースがあります。
 この場合、甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することによって、甲状腺の状態を調べることができます。

 甲状腺ホルモンの量は正常でも、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が低い場合、少ない刺激で大量のホルモンを分泌していることを意味します。
甲状腺ホルモンとTSH、TSHが少ない
 これは、潜在的に甲状腺機能が過剰になっている状態であり、長期で続くと骨粗鬆症や心房細動などのリスクにつながる恐れがあります4)。


 甲状腺ホルモンの量は正常でも、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が高い場合、通常のホルモン分泌のためにはたくさんの刺激が必要であることを意味します。
甲状腺ホルモンとTSH、TSHが多い
 これは、潜在的に甲状腺機能が低下している状態であり、動脈硬化などのリスクにつながる恐れがあります。特にTSHが10μU/mL以上の場合には4年以内に半数が甲状腺機能低下症を発症することが知られています4)。

 4) 南江堂 「今日の治療薬(2016年版)」
 
 そのため、甲状腺の状態を知るには、甲状腺ホルモン(T4やT3)の値だけでなく、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値にも気を付けておく必要があります。




添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症
チラーヂン:甲状腺機能低下症、粘膜水腫、クレチン病、甲状腺腫
メルカゾール:甲状腺機能亢進症

◆用法
チラーヂン:1日1回
メルカゾール:年齢や妊娠の有無によって1日1~4回まで様々

◆剤型
チラーヂン:錠(12.5μg、25μg、50μg、75μg、100μg)、散(0.01%)
メルカゾール:錠(5mg)、注射

◆製造販売元
チラーヂン:あすか製薬
メルカゾール:あすか製薬



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL