『マイスリー』は女性の方が効きやすい?~翌朝への持ち越しの男女差と自動車運転の是非


回答:女性の方が、翌朝まで薬が残りやすい

 『マイスリー(一般名:ゾルピデム)』は、寝付きを良くする超短時間型の睡眠薬です。睡眠薬としての効き目には、男女で大きな違いはないと考えられます。

 しかし、女性は『マイスリー』の代謝・分解が遅いため、翌朝まで薬が多く残ってしまう傾向があります。そのため、アメリカなどでは女性の方が少ない量で処方されるようになっています。
マイスリー~女性の代謝速度
 『マイスリー』のような作用の短い睡眠薬であっても、薬を飲んだ翌朝早くの自動車運転は控えるなど、事故防止のための意識が必要です。



回答の根拠①:男女で異なる、『マイスリー』の代謝能力

 『マイスリー』の代謝速度には、男女差があることが示唆されています。

 実際、『マイスリー』を服用した翌朝の血中濃度を比較すると、男性よりも女性の方がより高かった、とする報告があります1)。
 このことから、アメリカでは男性の場合5~10mg、女性の場合5mgで使い始めるように設定されています2)。
マイスリーの初期用量
 1) FDA Drug Safety Communication:ucm334033
 2) マイスリー錠 インタビューフォーム

 現在のところ、日本の『マイスリー』の添付文書には、特に用量を男女で変えるべきとする記載はありません。
 しかし、睡眠薬が翌朝まで身体に残っていると、集中力や注意力が散漫になり、自動車事故などを起こすリスクが高くなります。そのため女性(特に高齢)の場合、『マイスリー』の用量にはより注意して使う必要があります。

寝付きを良くするという効き目に、大きな違いはない

 男女で違いが示唆されているのは代謝・分解の速さであって、吸収の速さではありません。そのため、寝付きを良くするという『マイスリー』の主な効果には、男女で大きな違いはないと考えられます。



回答の根拠②:『マイスリー』と、翌朝の自動車運転

 『マイスリー』は、睡眠薬の中では作用時間が短く、翌朝まで薬が残ることは少ない薬です。
 しかし人によっては、『マイスリー』を10mgで服用した場合、8時間後でも運転能力に影響する50ng/mL以上の血中濃度が維持されている場合があります3)。

 3) 医薬品安全性情報 Vol.11 No.03 (2013/01/31)

 このことから、たとえ『マイスリー』のように作用の短い睡眠薬であったとしても、薬を飲んだ翌朝に自動車を運転することは控える必要があります。

翌々朝であれば、薬は抜けていると考えて良い

 『マイスリー』の半減期は1.78~2.30時間です4)。
 『マイスリー』を飲んだ翌朝(約8時間後)では、体内に薬が残っている可能性がありますが、翌々朝(30時間以上が経過)であればほとんど残っていません。

※『マイスリー』を飲んでから30時間後の血中濃度(半減期が15回過ぎた後)
10mg服用時のCmax:120ng/mL×0.515=0.003ng/mL

 4) マイスリー錠 添付文書

 そのため、基本的には『マイスリー』を飲んで寝た翌々日の運転まで控える必要はありません。



薬剤師としてのアドバイス①:眠いという自覚がなくとも、注意

 睡眠薬を飲んだ翌朝は、「完全に目が覚めている」と感じていても、集中力や注意力が散漫になっていることがあります。特に、『マイスリー』など作用の短い薬であれば翌朝に残ることはない、という油断は非常に危険です。
短時間型の睡眠薬と自動車運転
 男女を問わず、翌朝早くに自動車を運転しなければならない場合には、睡眠薬の使用を控えるようにしてください。
 また、睡眠薬の種類によっては翌々日以降も作用が残っていることもあります。自動車の運転が必要な場合は、必ず主治医と相談し、自己判断で決めないようにしてください。



薬剤師としてのアドバイス②:不眠症の原因となる生活習慣は改善を

 『マイスリー』などの睡眠薬は眠れない日にだけ使うこともでき、非常に使いやすい薬です。しかし、睡眠薬はずっと使い続ける薬ではありません。そのため、不眠の原因となっている、あるいは不眠を悪化させているような生活習慣を改善し、薬に頼らなくとも眠れる身体作りをする必要があります。

※若い人で多い不眠の原因
1.カフェインの摂り過ぎ
2.夜遅くまでパソコンやスマートホンなどの明るい液晶画面を見続けている
3.部屋を明るくしたまま寝ていること
4.深夜に食事を摂って睡眠が浅くなっていること

※高齢者に多い不眠の原因
1.日中の運動不足
2.昼寝のし過ぎ
3.部屋に引き籠りがちで日光を浴びていない
4.あまりに早い時間から布団に入っていること

 こうした不眠の原因を取り除き、最終的には薬なしでもぐっすりと眠れるように、生活習慣・環境の改善も併せて行うようにしてください。




 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL