スポンサードリンク

ステロイド(外用) 薬の誤解

/

ステロイドの塗り薬はゴシゴシとすり込んだ方が効果的?~分子量500のバリア機能

di-ster

回答:皮膚についているだけでOK

 ステロイド外用剤は、皮膚と接触しているだけで効果が発揮されます。ゴシゴシとすり込む必要はありません。

 強くとこすると皮膚の刺激になり、かえって症状が悪化する恐れがあります。

回答の根拠:皮膚のバリアと分子量

 皮膚の表面には、細胞がレンガのように積み重なっている「角質層」があります。
 この層がバリア機能を果たしているおかげで、水分の蒸発や有害物質の侵入を防ぐことができます。

 一般的に、この「角質層」には「分子量が500」くらいの大きさの隙間があります。
 そのため、分子量が500以下の物質であれば通り抜けて皮膚の奥に届き、分子量が500を大きく上回る物質は皮膚の奥へは届きにくい、ということになります。

 塗り薬が皮膚に吸収されて効果を発揮するためには、この「角質層」の隙間を抜けていく必要があります。
皮膚のバリア

 「ステロイド外用剤」の分子量はおよそ500程度であり、「角質層」の隙間を通り抜けられるようになっています。そのため、すり込まなくても十分に薬は浸透していきます。

※代表的なステロイド外用剤の分子量
1)
『デルモベート』・・・466.97
『アンテベート』・・・518.61
『リンデロンV』・・・476.58
『ロコイド』・・・432.55

 1) 各医薬品 添付文書

詳しい回答:皮膚の状態によるバリア機能の低下

 この「角質層」によるバリア機能は、ちょっとしたことで簡単に壊れてしまいます。

 例えば「テープ・ストリッピング」といって、セロハンテープを皮膚に貼って剥がす、ということを20~30回ほど繰り返すことで、「角質層」をほぼ全て取り除いてしまうことができます。
 「角質層」を全て取り除いてしまうと、分子量が500どころか数十万の物質でも皮膚から吸収されることがわかっています2)。

 2) Nat Rev Immunol.5(12):905-16,(2005) PMID:16239901

 同様に、皮膚に炎症が起きている、乾燥している等の皮膚トラブルがある際にも、このバリア機能は低下しています。
 そのため、「ステロイド外用薬」が必要な皮膚の状態の時には、500よりももっと大きな物質が通り抜けられるようになっていると考えられます。

 ステロイド外用剤の中には分子量を500を若干上回るものもありますが、こうした理由から皮膚と接触しているだけで浸透していくと考えられています。 

薬剤師としてのアドバイス:皮膚を健康に保ち、バリア機能を正常に

 皮膚のバリア機能が低下すると、アレルギー物質など分子量の大きな物質が皮膚から侵入してしまうことになります。
 そのため、日頃から皮膚を健康に保ち、バリア機能を正常に保つことが大切です。

 保湿剤などを処方された場合には、あまり薄く延ばしてしまわず、適切な量を塗布するようにしてください

+αの情報:バリア機能を逆手に取った塗り薬『プロトピック』

 このバリア機能を逆手に取った薬に、『プロトピック(一般名:タクロリムス)』があります。

 『プロトピック』は過剰になった免疫を抑えることでアレルギー症状を抑える効果がありますが、分子量が比較的大きい(822.03)ため、健康な皮膚からは吸収されません。
 しかし、炎症などが起きて、バリア機能の低下している皮膚では薬が皮膚に浸透します。

 その結果、健康な皮膚からは吸収されず副作用が起こりにくい、という利点を得ることができています。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP