スポンサードリンク

減感作療法 治療方法

/

アレルギーの根本的な治療ってある?

回答:「減感作療法」があるものの発展途上のため、「対症療法」が主流

 アレルギーの根本的な治療方法には唯一、「減感作療法」があります。

 しかし、実施している施設が少ないことや、基本的に毎週病院へ通う必要があること、激しい副作用のリスクがあることなど、未だ発展途上の技術です。

 そのため現在は、対症療法である「抗ヒスタミン薬」などを使った薬物治療が主流です。

アレルギーの治療

回答の根拠:減感作療法とは

 「減感作療法」は、正式名称を「抗原特異的減感作療法」と言い、アレルギーの原因物質を体内へ徐々に取り込ませることで身体を慣らし、アレルギー反応そのものを起こさなくする手法です。

 現在、アレルギーを根本的に治療する唯一の方法として注目され、特に喘息に対する効果が高いことが報告されています1)。

 1) Clin Exp Allergy.31(8):1295-302,(2001) PMID:11529901

 しかし、アレルギーの原因物質を体内に取り込むため、治療中に急激なアレルギー反応である「アナフィラキシー・ショック」を起こすリスクがあります。
 そのため、「減感作療法」を実施する場合は「アナフィラキシー・ショック」に対応するための薬などの準備を整えておかなければならず、全国どの医療機関でも簡単に実施できるわけではありません。

 また、同じアレルギーであっても、アトピー性皮膚炎に対する「減感作療法」の効果には賛否両論あり、議論が続いています2)。

 2) Allergy.53(44 Suppl):1-42,(1998) PMID:9695884

+αの情報:『シダトレン』、『アシテア』、『ミティキュア』

 「減感作療法」を行うための薬も登場しています。いずれも先述のように「アナフィラキシー・ショック」のリスクがあるため、専門医の指導・監督のもとで使う必要があります。

 また、「減感作療法」は基本的に3~5年ほどの長い期間、治療を続ける必要があります3)。

 3) シダトレン舌下液 プレリリース情報

減感作療法に使う薬

『シダトレン』・・・スギ花粉アレルギーの減感作療法
『アシテア』・『ミティキュア』・・・ダニアレルギーの減感作療法

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP