スポンサードリンク

似た薬の違い 減感作療法

/

『アシテア』と『ミティキュア』、同じ減感作療法に使う薬の違いは?~抗原量と効果、錠剤の溶けやすさと漸増方法

回答:抗原量が多い『アシテア』、錠剤が溶けやすい『ミティキュア』

 『アシテア』と『ミティキュア』は、どちらもダニアレルギーの「減感作療法」に使う同じ成分の薬です。

 治療に使う抗原の量が多いのは『アシテア』、錠剤が溶けやすいのは『ミティキュア』です。
アシテアとミティキュア
 抗原の量は異なりますが、今のところ効果・副作用に大きな違いは確認されていません。そのため、薬の飲みやすさや、薬の量の増やし方によって使い分けるのが一般的です。

回答の根拠①:使われている抗原は同じ~全世界共通のダニ

 「減感作療法」は、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)を敢えて投与することで特殊な免疫反応を起こし、アレルギー反応を弱めてしまうという治療方法ですが、詳しいメカニズムはまだ明らかになっていません。

 『アシテア』と『ミティキュア』は、どちらも「ヤケヒョウヒダニ」と「コナヒョウヒダニ」という2種の培養ダニの抽出液を精製した薬です1,2)。
 これは、ダニアレルギーの主な原因となる抗原(アレルゲン)が、全世界共通で「ヤケヒョウヒダニ」と「コナヒョウヒダニ」だからです3)。

 1) アシテアダニ舌下錠 添付文書
 2) ミティキュアダニ舌下錠 添付文書
 3) Curr Allergy Asthma Rep.2(5):401-11,(2002) PMID:
12165207

回答の根拠②:抗原量の多い『アシテア』~抗原量と効果・副作用の関係

 『アシテア』と『ミティキュア』では、治療に使う抗原の量が異なります。

※『アシテア』と『ミティキュア』の投与量 1,2)
アシテア:初期量は100IR、維持量は300IR
ミティキュア:初期量は3,300JAU、維持量は10,000JAU

 『アシテア』の100IRは19,000JAU、300IRは57,000JAUに相当するため4)、治療に使う抗原の量は『アシテア』と『ミティキュア』で大きく異なります。
アシテアとミティキュア~投与量の違い
 4) アシテアダニ舌下錠 インタビューフォーム

 従来、「減感作療法」を行う場合には、使う抗原量が多いほど治療効果が良いとされてきました5)。

 5) 日本耳鼻咽喉科学会会報 Vol.93 No.10,(1990)

 『アシテア』と『ミティキュア』は、同じ条件で効果を検討しているわけではないため、単純に有効率を比べることはできません。しかし、5倍以上も抗原量が異なるにしては、治療効果や副作用にはそこまで目立った違いはありません

 抗原量の多い・少ないが「減感作療法」にどういった影響を与えるのか、まだよくわかっていない部分も多く、これから使用実績が増えていく中で解明されることが期待されています。

JAU(Japanese Allergy Units)とは

 JAU(Japanese Allergy Units)とは、日本アレルギー学会により設定されたアレルゲン活性単位です。
 「コナヒョウヒダニ」と「ヤケヒョウヒダニ」のアレルゲンエキス22.2~66.7μg/mLが含まれるものを100,000JAU/mLとする、と定義されています6)。

 6) Arerugi.63(9):1229-40,(2014) PMID:25492878

回答の根拠③:溶けやすい『ミティキュア』~崩壊までの時間

 『アシテア』は、完全に溶け切ってしまうまで舌下に置いた後、飲み込みます1)。『アシテア』の錠剤は、およそ3分以内に溶けてしまうように設計されています4)。

 『ミティキュア』は、舌下に1分間置いた後、飲み込みます2)。『ミティキュア』の錠剤は、10秒以内に溶け切ってしまう非常に溶けやすい薬です7)。
アシテアとミティキュア~用法
 7) ミティキュアダニ舌下錠 インタビューフォーム

 このことから、『ミティキュア』の方が溶けやすく、短い時間で服用できる薬と言えます。

薬の増やし方も違う

 「減感作療法」では、急に薬を増やすと強いアレルギー症状「アナフィラキシー・ショック」を起こす恐れがあります。そのため、『アシテア』と『ミティキュア』も、少しずつ増やしていく必要があります。

 『アシテア』は通常、最初100IRから始め、3日後に200IR、6日後に300IRまで増量します1)。
 『ミティキュア』は通常、最初3,300JAUから始め、1週間後に10,000JAUへ増量します2)。

 ただし、これはあくまで基本的な増やし方で、実際には使う人の状況に応じてもっと長い間をかけて増やしていくこともあります。

薬剤師としてのアドバイス①:値段も変わらない

 『アシテア』と『ミティキュア』では、現在のところ治療効果や安全性に大きな違いは確認されていません。そのため、特に厳密な使い分けの基準もありません。
 また、薬の値段もほぼ同じため、現在のところは飲みやすさや扱いやすさといった点で使い分けるのが一般的です。

※薬価(2016改訂時)
アシテア:100IR(64.90)、300IR(194.70)
ミティキュア:3,300JAU(64.20)、10,000JAU(194.70)

 今後、含まれる抗原量の違いによってどういった違いが生じてくるのか、あるいは全く違いが生じないのか、未だ発展途上の治療方法とも言える「減感作療法」の使用実績が増えていくことが期待されています。

薬剤師としてのアドバイス②:専門の病院でしか処方してもらえない

 『アシテア』や『ミティキュア』を使った「減感作療法」では、アレルギーの原因物質を投与するため、常に強いアレルギー反応(アナフィラキシー・ショック)の副作用に注意する必要があります。

 重篤なアナフィラキシー・ショックは生命に直結するため、これらの薬は製薬メーカーの講義を受け、試験に合格した医師しか扱うことはできません。
 また、その処方箋を扱う薬剤師は、処方した医師がこうした試験に合格しているかどうかを確認しなければなりません。

 そのため、どこの病院でも相談できる薬ではなく、また薬局でも普段は取扱いをしていないところが多くあります。「減感作療法」を希望する場合には、事前に病院・薬局に確認してから相談することをお勧めします。

ポイントのまとめ

1. 『アシテア』と『ミティキュア』の成分は、どちらも同じ2種のダニ抗原
2. 『アシテア』は抗原量が多く、『ミティキュア』は10秒で溶ける
3. 抗原の量は多い方が良いのか、少ない方が良いのか、まだよくわかっていない

添付文書・インタビューフォーム記載事項の比較

◆使う抗原(アレルゲン)
アシテア:ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ
ミティキュア:ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ

◆適応症
アシテア:ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法
ミティキュア:ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法

◆製剤に含まれる抗原量
アシテア:100IR(19,000JAUに相当)、300IR(57,000JAUに相当)
ミティキュア:3,300JAU、10,000JAU

◆用法・用量
アシテア:1回100IRから開始、3日ごとに100IRずつ増量し、300IRまで増やす
ミティキュア:1回3,300JAUから開始、2週目に10,000JAUに増やす

◆錠剤の溶けやすさ(崩壊性)
アシテア:3分以内
ミティキュア:10秒以内

◆臨床試験での有効率
アシテア:平均調整鼻症状スコア(FAS)が-1.11(vs.プラセボ)
ミティキュア:総合鼻症状薬物スコアが-1.15(vs.プラセボ)

◆臨床試験での主な副作用の発生率
アシテア:咽喉刺激感(21.0%)、口腔浮腫(20.0%)、口腔そう痒(18.3%)、耳そう痒(10.4%)
ミティキュア:咽喉刺激感(12.9%)、口腔浮腫(16.9%)、口腔そう痒(14.5%)、耳そう痒44例(7.0%)ほか、喉や口の不快感(20.9%)など

◆製造販売元
アシテア:塩野義製薬
ミティキュア:鳥居薬品

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • IMO
    • 2016年 2月 13日

    しかし、減感作療法をするにあたって使い分けが必要なほどの大きな違いとする見解がほとんどで、
    →しかし、減感作療法をするにあたって使い分けが必要なほどの大きな違いはないとする見解がほとんどで
    のタイプミスではないかと思います。

    • Fizz-DI
    • 2016年 2月 13日

    いつもご指摘ありがとうございます。
    タイプミスでしたので修正致しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP