スポンサードリンク

抗ヒスタミン薬 自己免疫疾患

/

アレルギーのⅠ型、Ⅱ型って何?~アレルギーの分類とメカニズム

回答:アレルギーには5種類ある

 アレルギー(過敏症)は、その発症メカニズムによって5種類に分類されます。

Ⅰ型…気管支喘息、花粉症、蕁麻疹、アナフィラキシーショック、食物アレルギー
Ⅱ型…自己免疫性の溶血性貧血、重症筋無力症
Ⅲ型…関節リウマチ、全身性エリテマトーデス
Ⅳ型…ツベルクリン反応、移植拒絶反応
Ⅴ型…バセドウ病

Ⅰ型アレルギー:ヒスタミンが関わる、花粉症などのよく出会うアレルギー

 Ⅰ型アレルギーは、気管支喘息や花粉症、食べ物アレルギーなど最もよく出会うアレルギーです。

① 花粉という”アレルギーの原因物質(抗原)”が体内に入ってくる
② 花粉に、専用の抗体(IgE抗体)がくっつく
③ IgE抗体を目印に、肥満細胞がくっつく
④ 肥満細胞がヒスタミンなどの物質を放出(脱顆粒)する
⑤ 放出されたヒスタミンなどの物質により、アレルギー症状が発生する

アレルギー(Ⅰ型)

 このアレルギー反応は数分から数時間と短い時間で発生する「即時型」です。

 アレルギー症状は「ヒスタミン」などの物質が原因となって起きているため、『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』や『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』等の「抗ヒスタミン薬」で症状を抑えることができます。

 また、スズメバチなどに2回刺されると”アナフィラキシー・ショック”が起こることがあります。初めて刺された時には②の段階で関わる「IgE抗体」がまだ存在しないため、アレルギーは起こりません。

 ※薬が「抗原」になりアレルギー症状を起こすこともあります。この場合、薬を飲んだらすぐに副作用が現れます。

Ⅱ型アレルギー:自分の細胞を破壊してしまうアレルギー

 Ⅱ型アレルギーは、溶血性貧血や重症筋無力症など、自分の赤血球や筋肉の細胞が破壊されてしまうアレルギーです。

① 自分の赤血球に対する抗体が作られる
② 赤血球に抗体(IgG抗体・IgM抗体)がくっつく
③ 赤血球と抗体がくっついたもの(抗原抗体結合物)に、更に補体がくっつく
④ 補体がマクロファージなどを活性化させる(オプソニン化)
⑤ 活性化したマクロファージが、赤血球ごと破壊(細胞溶解)する
アレルギー(Ⅱ型)
 本来、自分の細胞は攻撃対象ではないため、抗体は作られません。ところが、何らかのトラブルによって自分に対する抗体が作られてしまうと、こうした自己免疫系のアレルギーを起こす可能性があります。

Ⅲ型アレルギー:組織が巻き添えで被害を受けるアレルギー

 Ⅲ型アレルギーは、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど、過剰な免疫反応が起こった場所が被害を受けるアレルギーです。

① 何らかの抗原と、それにくっついた抗体(IgG抗体・IgM抗体)、さらにその抗体にくっついた補体という”免疫複合体”ができる
② 免疫複合体が組織にくっつく
③ 補体によって活性化した好中球が組織に集まってくる
④ 好中球が作る酵素によって、組織が破壊される

アレルギー(Ⅲ型)
 Ⅱ型アレルギーのように、破壊された組織に対する抗体が作られているわけではない、というのが特徴です。たまたま免疫複合体がそこに居たために、組織が巻き添えをくったようなアレルギーです。

 ※関節リウマチではIgG抗体が抗原に、全身性エリテマトーデスではDNAが抗原になる可能性が示唆されています。
 ※こうした自己免疫のトラブルは女性に多いことが知られています。

Ⅳ型アレルギー:ゆっくりと発症するアレルギー

 Ⅳ型アレルギーは、臓器移植時の拒絶反応やツベルクリン反応など、数日経ってから発生するアレルギーです。

① ”他人の臓器”という異物を、T細胞が排除すべき「抗原」と認識する
② T細胞はマクロファージを活性化させる
③ マクロファージが「抗原」を排除しようと炎症反応を起こす

アレルギー(Ⅳ型)
 ①の段階、T細胞が「抗原」を認識するまでに時間がかかるため、他の「即時型」アレルギーと比べるとゆっくりと、時には数日間経ってから発症します。そのため「遅延型」アレルギーと呼ばれます。

Ⅴ型アレルギー:Ⅱ型アレルギーの特殊型

 Ⅴ型アレルギーは、バセドウ病などが該当します。Ⅱ型アレルギーに分類されることもあります。

① 自分の甲状腺の受容体に対する抗体が作られる
② 甲状腺の受容体に抗体(IgG抗体・IgM抗体)がくっつく
③ 抗体がくっついた受容体が刺激され、甲状腺の機能がおかしくなる

アレルギー(Ⅴ型)
 Ⅱ型アレルギーとの違いは、組織を破壊せずに機能だけを障害することです。
 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP