スポンサードリンク

抗ヒスタミン薬 似た薬の違い

/

『ザイザル』と『シングレア』、同じアレルギー薬の違いは?~「ヒスタミン」と「ロイコトリエン」

回答:『ザイザル』は「ヒスタミン」、『シングレア』は「ロイコトリエン」をブロックする

 『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』と『シングレア(一般名:モンテルカスト)』は、どちらもアレルギーを抑える薬です。

 『ザイザル』は、くしゃみ・鼻水・痒みの原因となる「ヒスタミン」をブロックする「抗ヒスタミン薬」です。
 『シングレア』は、喘息・鼻づまりの原因となる「ロイコトリエン」をブロックする「抗ロイコトリエン薬」です。
ザイザルとシングレア
 同じアレルギーの薬でも効き目が違うため、症状によって使い分けたり、一緒に組み合わせて使ったりします。

回答の根拠:「ヒスタミン」と「ロイコトリエン」による症状と、適応症の違い

 「ヒスタミン」はくしゃみ・鼻水・痒みや腫れなどのアレルギー症状を引き起こします。そのため、『ザイザル』などの「抗ヒスタミン薬」は、鼻炎の他にも蕁麻疹や皮膚炎に適応があります1)。

 「ロイコトリエン」は、鼻づまりや喘息(気管支の閉塞)などのアレルギー症状を引き起こします。そのため、『シングレア』などの「抗ロイコトリエン薬」は、鼻炎の他にも気管支喘息に適応があります2)。
抗ヒスタミン薬と抗ロイコトリエン薬の適応
 1) ザイザル錠 添付文書
 2) シングレア錠 添付文書

鼻炎の場合は、症状によって使い分け・併用する

 花粉症などの鼻炎に対しては、両方の薬に適応があります。

 ただし、くしゃみ・鼻水が止まらない「くしゃみ・鼻漏型」には「抗ヒスタミン薬」、鼻づまりが酷い「鼻閉型」には「抗ロイコトリエン」の推奨度が高く設定されています3)。
鼻炎に対する抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬
 3) 鼻アレルギー診療ガイドライン -通年性鼻炎と花粉症- 2016年版

薬剤師としてのアドバイス:鼻づまりが酷い場合は病院の受診を

 アレルギーの薬のうち、くしゃみ・鼻水・痒みに効く「抗ヒスタミン薬」は、『アレジオン20』や『アレグラFX』をはじめ、色々な種類の薬が市販されています。
 軽い鼻づまりであれば市販の「抗ヒスタミン薬」でも治る場合もありますが、単独で酷い鼻づまりはなかなか治りません。

 特に、鼻づまりに良く効くからと「血管収縮剤」の点鼻薬を使い過ぎると、薬が原因の鼻炎を起こす原因にもなり、危険です。『シングレア』などの「抗ロイコトリエン薬」も市販されていないため、鼻づまりが酷い場合には、一度病院を受診することをお勧めします。

※抗ヒスタミン薬(よく使われる第二世代)
『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』
『アレジオン(一般名:エピナスチン)』
『ジルテック(一般名:セチリジン)』
『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』

『エバステル(一般名:エバスチン)』
『クラリチン(一般名:ロラタジン)』
『アレロック(一般名:オロパタジン)』
『デザレックス(一般名:デスロラタジン)』
『ビラノア(一般名:ビラスチン)』

※抗ロイコトリエン薬
『シングレア(一般名:モンテルカスト)』
『キプレス(一般名:モンテルカスト)』

『オノン(一般名:プランルカスト)』

ポイントのまとめ

1. 『ザイザル』は「抗ヒスタミン薬」、くしゃみ・鼻水・痒みに効く
2. 『シングレア』は「抗ロイコトリエン薬」、鼻づまり・喘息に効く
3. 両方とも鼻炎に使うが、「くしゃみ・鼻漏型」か「鼻閉型」かによって使い分ける

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆薬効分類
ザイザル:ヒスタミン受容体拮抗薬
シングレア:ロイコトリエン受容体拮抗薬

◆適応症
ザイザル:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症
シングレア:アレルギー性鼻炎、気管支喘息

◆用法
ザイザル:1日1回、就寝前(成人)
シングレア:1日1回、就寝前(成人)

◆眠気による自動車運転などへの注意喚起
ザイザル:あり
シングレア:なし

◆剤型の種類
ザイザル:錠剤(5mg)、シロップ
シングレア:錠剤(5mg、10mg)、OD錠(10mg)、チュアブル錠(5mg)、細粒

◆製造販売元
ザイザル:グラクソ・スミスクライン
シングレア:MSD

+αの情報①:『シングレア』と『キプレス』は、同じ薬

 『シングレア』と『キプレス』は、製造販売元の会社が違うため商品名は異なりますが、同じ「モンテルカスト」の薬です。有効成分だけでなく、添加物や剤型も同じで、また適応症などにも違いはありません。

 そのため、効き目や副作用にも一切違いはありません。

 薬には、このように全く同じ薬でも名前だけが異なる、というものがいくつかあります。

例)商品名だけが違う、同じ薬
「アムロジピン(Ca拮抗薬)」:『アムロジン』と『ノルバスク』
「イルベサルタン(ARB)」:『イルベタン』と『アバプロ』
「ミルタザピン(NaSSA)」:『リフレックス』と『レメロン』
「アレンドロン酸(BP製剤)」:『ボナロン』と『フォサマック』
「シタグリプチン(DPP-4阻害薬)」:『ジャヌビア』と『グラクティブ』

+αの情報②:「アスピリン喘息」で、鼻づまりが起こる理由

 『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』などのNSAIDsに対する過敏症である「アスピリン喘息」では、重い喘息症状を起こすことがあります。
 この「アスピリン喘息」は、体内で「ロイコトリエン」が異常増加することが原因で起こります。そのため、喘息と一緒に「鼻づまり」を発症することが多いのが特徴です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP