スポンサードリンク

専門用語解説 パーキンソン病

/

「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」は何が違うの?

回答:ドパミンが不足する原因が違う

 「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」は、どちらも脳の「ドパミン」が不足することによって起こります。この2つは、「ドパミン不足」がどういった原因で生じているかによって区別します。
パーキンソン病とパーキンソン症候群
 「パーキンソン病」は、脳の中脳黒質にある「ドパミン神経細胞」が、何らかの影響によって変性・脱落した結果、線条体で「ドパミン不足」が起こる疾患のことです。
 「パーキンソン症候群」は、脳血管障害や薬の副作用などが原因で「ドパミン不足」が起こる症状のことです。

 どちらも共通した「ドパミン不足」によって、運動障害などの非常に良く似た症状が現れます。

詳しい回答:ドパミン不足で運動障害が起こる理由

 人間の運動は、「ドパミン」と「アセチルコリン」によって調節されています。このとき、「ドパミン」が不足すると「アセチルコリン」が過剰となり、正しく機能しなくなります。
ドパミンとアセチルコリンのバランス
 そのため、「パーキンソン病」に対しては、不足している「ドパミン」を補充する「レボドパ」製剤やドパミン受容体刺激薬を使う、あるいは過剰になった「アセチルコリン」をブロックする抗コリン薬を使う、といった薬物治療を行います。
 「パーキンソン症候群」も、「ドパミン」不足という病態は同じですので、同じ薬を使うことがあります。

※「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」の両方に適応のある薬 1,2)
『ドパゾール(一般名:レボドパ)』
『ネオドパストン(一般名:レボドパ + カルビドパ)』
 
 1) ドパゾール錠 添付文書
 2) ネオドパストン配合錠 添付文書

 一方、薬の副作用で起きた「パーキンソン症候群」は、原因薬を中止することでも改善することがあります。

薬剤師としてのアドバイス①:薬を増やすべきか、減らすべきか

 原因が同じ「ドパミン不足」で起こる症状でも、「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」では対処が全く異なる場合があります。

 「パーキンソン病」であれば薬を使って治療するのが一般的ですが、薬が原因で起こった「パーキンソン症候群」であれば原因薬物を減らす、もしくは中止する必要があります。

 見た目の症状に惑わされず、原因を明確に特定するのが治療の第一歩です。

薬剤師としてのアドバイス②:パーキンソン病は、不知の病というわけではない

 「パーキンソン病」は、未だに原因不明で根本的治療の方法が見つかっておらず、症状によっては難病指定される疾患であるため、不治の病という印象を持たれがちです。
 しかし、現在では効果の高い治療薬が豊富に揃っており、適切な治療を行えば発症から5年間、病気を感じることなく生活することすら可能です。

 直接生命に関わる病気ではないものの、全身の筋肉をうまく動かせなくなるため生活の質(QOL)は著しく低下します。早めに適切な治療開始を行うことが大切です。

レビー小体型認知症で起こる「パーキンソン症状」

 最近話題になっている「レビー小体型認知症」では「アルツハイマー型認知症」とは異なり、初期から「パーキンソン症状」が現れるのが特徴とされています。

 認知症=物忘れ、という認識のままでは「レビー小体型認知症」を見落とし、治療開始が遅れる恐れがあります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP