スポンサードリンク

薬の誤解 パーキンソン病

/

ドパミン不足が原因であるパーキンソン病に、ドパミン遮断薬『ナウゼリン』を使うのは何故?

di-nauz

回答:レボドパの副作用軽減と、吸収効率改善のため

 『ナウゼリン(一般名:ドンペリドン)』は、脳の「ドパミン」に影響しないため、パーキンソン病を悪化させることはありません。
パーキンソン病とナウゼリン

 逆に、『ナウゼリン』はパーキンソン治療薬の「レボドパ」製剤で生じる吐き気や食欲不振といった副作用を軽減し、「レボドパ」の吸収効率を高める目的で使われることがあります。

 

回答の根拠①:脳に到達しない『ナウゼリン』は、パーキンソン病の病態に関与しない

 『ドパゾール(一般名:レボドパ)』など、パーキンソン病の治療に使う「レボドパ」製剤の大きな弱点として、悪心・嘔吐(49.1%)や食欲不振(22.4%)といった副作用が非常に起こりやすい1)、という点が挙げられます。

 1) ドパゾール錠 添付文書
 
 『ナウゼリン』はドパミンを遮断し減少させる作用を持っていますが、血液脳関門を通過せず、脳には到達しない薬です2)。そのため、脳のドパミンを減少させる恐れがありません。

 2) ナウゼリン錠 インタビューフォーム

 つまり、『ナウゼリン』はパーキンソン病の症状を悪化させることなく、「レボドパ」製剤による嘔吐や食欲不振といった副作用を軽減することができます。

 

回答の根拠②:no-on現象、delayed on現象の改善

 「レボドパ」製剤は腸管からの吸収率が非常に悪く、その吸収率の悪さ故に、効果にムラが生じてしまうことがあります。
 特に、パーキンソン病治療で問題となる「no-on現象」や「delayed on現象」は、吸収の悪さが原因となって起こります。

※no-on現象・・・「レボドパ」製剤の効果が現れないこと
※delayed on現象・・・「レボドパ」製剤の効果発現に時間がかかること

 『ナウゼリン』には、上部消化管の運動を増強する作用があります。この作用によって「レボドパ」の吸収率が改善され、「no-on現象」や「delayed on現象」を改善し、治療効果を向上させます3)。

 3) 日本神経学会 「パーキンソン病治療ガイドライン (2011)」

薬剤師としてのアドバイス:服用方法を工夫することも

 パーキンソン病の治療では、「レボドパ」製剤の効果を安定させ、副作用を軽減することが大きなテーマです。このとき、「レボドパ」の吸収効率を良くすることは、効果を安定化させるために重要な要素になります。
 『ナウゼリン』を併用することでも吸収効率を改善することができますが、他にも空腹時服用に切り替えたり、薬を懸濁液にして服用したり、レモン水で服用したりといった工夫でも、吸収効率を改善することができます。

 ただし、こうした工夫が適切かどうかは、その人の症状や服薬状況などによって異なります。自己判断で服用方法を変えると治療効果に悪影響を与えることもありますので、必ず医師・薬剤師に相談の上で行ってください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP