■サイト内検索


スポンサードリンク

薬の飲み方 片頭痛

/

『ゾーミッグ』や『アマージ』等の「トリプタン製剤」を、あらかじめ飲んでおいたら片頭痛は予防できる?

 

回答:できない

 「トリプタン製剤」は全般的に半減期が短く、すぐに血液中から消失してしまいます。そのため、予防的に服用しても効果は期待できません。
 「トリプタン製剤」は、片頭痛の発作が起きてから使用する薬です。
トリプタンの予防投与が期待できない理由

 例外的に、月経周期によって悪化する片頭痛の場合に限り、『アマージ(一般名:ナラトリプタン)』を予防的に服用することもあります。
 ただし、この場合も使用期間や使用回数は医師によって厳密に指示されます。「トリプタン製剤」は必要以上に使用すると、かえって頭痛を起こしやすくなることもあります。決して、自己判断ではむやみに予防的に使用しないでください。

回答の根拠①:「トリプタン製剤」の短い半減期と、予防投与の是非

 「トリプタン製剤」は全般的に半減期が短い薬です。

※各トリプタン製剤の半減期
『イミグラン(一般名:スマトリプタン)』 → 1.8時間
『ゾーミッグ(一般名:ゾルミトリプタン)』 → 2.9時間
『レルパックス(一般名:エレトリプタン)』 → 3.2時間
『マクサルト(一般名:リザトリプタン)』 → 1.6時間
『アマージ(一般名:ナラトリプタン)』 → 5.1時間

 そのため、片頭痛が起こりそうだからと早めに薬を飲んでおいたとしても、実際に片頭痛が起きてきた頃には既に薬が身体から抜けてしまっている、といったことになります。

 こうした観点からも、トリプタン製剤を予防的に使用することは全く理にかなっていません。

 実際、現在発売されている「トリプタン製剤」は、いずれも添付文書に本剤は片頭痛の頭痛発現時に限り使用し、予防的に使用しないこと、と記載されています1)。

 1) ゾーミッグRM錠 インタビューフォーム
 

 

回答の根拠②:『アマージ』の予防効果に対する可能性

 現在、「トリプタン製剤」の予防的な使用は保険適応でも認められてはいません。
 しかし、重度な月経時片頭痛に限っては予防的に使用することがあります。これは、月経周期が一定している場合、片頭痛の発生が予測できるからです。

 この場合、月経の2~3日前から1週間程度の期間、「トリプタン製剤」を続けて服用します2)。特に『アマージ』は半減期が5.1時間とトリプタン製剤の中では最も長く、薬の効果が持続する薬のため先行投与に適しています3)。

 2) Neurology.51(1):307-9,(1998) PMID:9674831
 3) Headache.47(7):1037-49,(2007) PMID:
17635595

 こうした予防的な使い方でも、「トリプタン製剤」は「月経の2~3日前から1週間程度」という厳密に決められた方法かつ短期間で服用します。これは薬の使い過ぎで起こる「薬物乱用性頭痛」を防ぐという意味でも重要です。

 決して、自己判断で予防的に飲んだり飲まなかったりという使い方をする薬ではありません。

薬剤師としてのアドバイス:「トリプタン製剤」の使い過ぎに注意

 「トリプタン製剤」を月に10回以上使うことが続くと、薬物過剰による別の頭痛「乱用性頭痛」を引き起こす恐れがあります。
薬物乱用性頭痛
 こういった場合、予防薬を使うなど、頓服薬である「トリプタン製剤」の使用を減らす必要があります。

 片頭痛を予防する薬としては、『ミグシス(一般名:ロメリジン)』『トリプタノール(一般名:アミトリプチリン)』などの薬に保険適用が認められています。
 こうした薬は非常に安価なので、「トリプタン製剤」を頻繁に使うようであれば、一度主治医の先生と予防薬について相談することをお勧めします。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ヒアレイン』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?…
  2. 『アムロジン』・『ワソラン』・『ヘルベッサー』、同じCa拮抗…
  3. 『メインテート』と『アーチスト』、同じβ遮断薬の違いは?~β…
  4. 『セレネース』と『リスパダール』、新旧の統合失調症の薬の違い…
  5. HPVワクチンで防げる悲劇を、誤解や偏見で増やさないために~…
  6. 『デパケン』と『テグレトール』、同じ抗てんかん薬の違いは?~…
  7. 『オーグメンチン』と『サワシリン』、同じ抗生物質の違いは?~…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP