スポンサードリンク

知っておくべきこと 片頭痛

/

『ミグシス』ってどんな薬?~頭痛を防ぎ、薬代も安くなる「片頭痛予防薬」

回答:片頭痛そのものを起こさなくする、予防薬

 『ミグシス(一般名:ロメリジン)』は、片頭痛の予防薬です。

 「トリプタン製剤」NSAIDsのように”頭痛を感じた時”に飲むのではなく、毎日続けて飲んでおくことによって、片頭痛そのものを起こさなくする効果があります。
ミグシス~片頭痛を防ぐ役割
 頓服薬をあまり頻繁に使い続けていると、薬の使い過ぎで別の頭痛を起こすことがあります。そのため、『ミグシス』で片頭痛を予防し、頓服薬の使用量を減らすことが大切です。

 また、『ミグシス』は「トリプタン製剤」と比べても非常に安価です。そのため『ミグシス』を使えば、片頭痛の回数が減る上に、経済的な負担も減らせるという、一石二鳥の薬と言えます。

回答の根拠①:片頭痛を予防するメカニズム~脳血管に作用するCa拮抗薬

 『ミグシス』は、『アムロジン(一般名:アムロジピン)』など高血圧の治療に使うCa拮抗薬の仲間です。ただし、血圧に関係する冠動脈や末梢血管には作用せず、主に脳の血管に作用します。
ミグシスとアムロジン~作用する血管の違い
 片頭痛は、脳の血管が異常に拡張することで起こると考えられています(※他にも拡延性抑制[spreading depression:神経細胞の電圧変化]なども関係しています)。
 『ミグシス』は、この脳血管の異常な拡張を抑えることによって、片頭痛が起こる回数や痛みの強さを軽減し、「トリプタン製剤」NSAIDsといった頓服薬の使用量を抑える効果があります1)。

 1) ミグシス錠 インタビューフォーム

 実際、この『ミグシス』を1日2回、8週間続けて服用することによって、64%の患者の片頭痛が軽減することが報告されています2)。

 2) 医学書院 「慢性頭痛の診療ガイドライン(2013)」

回答の根拠②:月10回以上の「トリプタン製剤」の使用は、薬物乱用性頭痛につながる

 『アマージ(一般名:ナラトリプタン)』や『イミグラン(一般名:スマトリプタン)』などの「トリプタン製剤」は、既に起こってしまった片頭痛に対して、非常に高い治療効果を発揮します。
 しかし、3ヶ月以上に渡ってこの「トリプタン製剤」を月10回以上使用し続けていると、薬物過剰による「薬物乱用性頭痛」を引き起こす可能性があります3)。

 3) 日本頭痛学会 「物質またはその離脱による頭痛」 第2版.P83-58,8.医学書院,(2006)

 そのため、あまり「トリプタン製剤」を頻繁に使うようであれば、使用量を減らすために『ミグシス』などの予防薬を検討する必要があります。

回答の根拠③:『ミグシス』は値段も安い

 『ミグシス』は、「トリプタン製剤」と比べると値段も非常に安いのが特徴です。

・予防薬の薬価
『ミグシス』 → 1錠33.5円

・「トリプタン製剤」の薬価
『アマージ』 → 1錠918.9円
『イミグラン』 → 1錠816.4円

 『ミグシス』を用法通りに毎日1日2錠を服用した時の薬代は、頓服薬を月に2回だけ使った場合の薬代と変わりません。
片頭痛の予防薬~2つのメリット
 つまり片頭痛の予防薬を使うことは、頭痛も防げて、薬代も安くなる、といった一石二鳥の選択肢と言えます。

薬剤師としてのアドバイス:頭痛の程度や頻度、薬の使用量は記録しておこう

 片頭痛の治療薬「トリプタン製剤」は非常によく効くため、つい頼りがちになります。しかし、月10回以上も使う状態は、薬の使い過ぎです。
  また、片頭痛は生理周期で悪化することもあります。その場合は通常とは異なる方法で予防・治療することがあります

 自分が片頭痛をどの程度、どういった頻度で起こし、薬をどのくらい使っているのかは、きちんと把握しておき、正しく医師に伝えるようにしてください。

+αの情報:片頭痛には、NSAIDsは効きにくい

 『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』や『ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)』などのNSAIDsに分類される痛み止めは、肩こりや眼精疲労から起こる「緊張型頭痛」には効果的ですが、「片頭痛」には効きにくい傾向があります。

 そのため、痛み止めを飲んでも頭痛が治らないという場合には、安易に薬の量を増やすのではなく、薬の選択が正しいかどうかを考え直す必要があります。

 NSAIDsもあまり使い過ぎると胃が荒れたり、「薬物乱用性頭痛」の原因になったります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP