スポンサードリンク

片頭痛 薬の特別な使い方

/

『トリプタノール』で片頭痛の予防ができるのは何故?~片頭痛予防のエビデンスと保険適用外使用

 

回答:”痛みを抑える神経”の活動を強化するから

 『トリプタノール(一般名:アミトリプチリン)』は、本来はうつ病に用いる「三環系抗うつ薬」に分類される薬です。
 しかし、”痛みを抑える神経”である「下行性疼痛抑制経路」を賦活化させる作用を持つことから、片頭痛のみならず、様々な痛みの鎮痛補助薬として使用されることがあります。

 『トリプタノール』の添付文書上の適応症は「うつ病」と「夜尿症」のみですが、原則、「片頭痛」や「緊張型頭痛」に対して処方した場合でも、保険適用を認めるとする通達がされています。

 なお、片頭痛の治療薬である「トリプタン製剤」と『トリプタノール』は、たまたま名前が非常によく似ていますが、無関係です。『トリプタノール』に片頭痛の発作を治療する効果はありません。

回答の根拠①:鎮痛補助薬としての効果

 『トリプタノール』には本来の抗うつ作用に加え、”痛みを抑える神経”である「下行性疼痛抑制経路」の働きを強化する働きがあります1)。
 また、末梢においてもNaチャネル、Caチャネルを遮断することによって、神経の痛みを抑える作用があるとされています1)。

 1) 日本ペインクリニック 「鎮痛補助薬」

 こうした作用によって緊張型頭痛や片頭痛に効果があることから、片頭痛の予防薬としてガイドラインでも最も高い”推奨グレードA”の評価がされています2)。
 また、特に『トリプタノール』は緊張型頭痛を合併した片頭痛に対して、特に優れた効果を発揮することが報告されています3)。

 2) 日本頭痛学会「慢性頭痛の診療ガイドライン」 (2013)
 3) Headache.21(3):105-9,(1981) PMID:7021472

+αの情報:下行性疼痛抑制系とは

 「下行性疼痛抑制系」とは、脳幹から脊髄に向かって下行する”抑制性ニューロン”のことです。

 通常、何らかの傷害(ケガや炎症)が起こると、その情報はC線維やAδ繊維などの「一次ニューロン」によって脊髄に伝わります。

 次に、その情報は脊髄から「二次ニューロン」によって「脳」に伝わり、脳が”痛み”として感知します。

 このとき、「一次ニューロン」から「二次ニューロン」への情報伝達を弱める作用を持つのが、「下行性疼痛抑制系」です。
下行性疼痛抑制系とは

 こうした働きは、神経痛に効果を発揮する『ノイロトロピン(一般名:ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液)』や『リリカ(一般名:プレガバリン)』と同じ作用です。

回答の根拠②:保険適用外として認められている使用方法

 通常、薬を適応症以外の目的に使用する場合、全て保険適用外の使用となり、医療保険を使えなくなります

 しかし、『トリプタノール』等の「アミトリプチリン塩酸塩【内服薬】」を「片頭痛」、「緊張型頭痛」に対して処方した場合は例外的に認める、とする通達がされています4)。

 4) 社会保険診療報酬支払基金 「審査情報提供」事例No.275 (2011)

薬剤師としてのアドバイス:片頭痛は予防することもできる

 片頭痛には特効薬とも呼べる「トリプタン製剤」があります。しかし「トリプタン製剤」は、片頭痛の発作が起きてから飲む薬であって、予防的に服用しても効果がありません
 その上、月に何度も「トリプタン製剤」を服用していると、「薬物乱用性頭痛」と呼ばれる別の頭痛を引き起こす恐れもあります。

 そのため、「トリプタン製剤」を頻繁に使用しなければならないような場合には、予防薬の使用を主治医と相談するようにしてください。

 十分な効果が現れるまでに2~3ヶ月が必要ですが、予防薬は片頭痛そのものを起こさなくすることが可能であり、更に「トリプタン製剤」よりも遥かに安価で経済的です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP