スポンサードリンク

感染症

/

「手足口病」って何?

回答:幼児で流行るウイルス性の伝染病

 「手足口病」は、文字通り手や足、口に水疱ができるウイルス感染症のことです。ほとんどが夏、4歳までの幼児の間で流行します。成人は、子どもの頃にウイルスと出遭っているため、例え発症した経験がなくとも免疫を持っていることがほとんどです。

 水疱の他の症状に発熱がありますが、38℃を越えないことがほとんどで、病気そのものも3~7日程度で治癒します1)。

 1) 国立感染症研究所 「手足口病」とは

 ウイルスによる感染症のため、抗生物質は効きません。また、アレルギー反応によるものでもないので、手や足にできた水疱が痒いからといってステロイド外用剤を塗ることも通常はありません。きちんと病院で受診し、治療方法は医師の指示を受けるようにしてください。

補足説明:何故、大流行が起こるのか

 現在のところ、手足口病の原因となるエンテロウイルスに効果的な抗ウイルス薬はありません。また、症状が治まってからも2~4週間近くウイルスが体内に残っていることがあるため、治癒後に幼稚園や保育所で感染が拡大する原因となります。

 

薬剤師としてのアドバイス:基本的には恐れるような病気ではありません

 以上のように、非常に感染が拡大しやすい病気で、春の終わり頃から夏にかけて、地域的に大流行することがよくありますが、重症化することも稀で、基本的にはそれほど心配の要らない感染症です。病院で診断を受けた後は、水分補給に気を付けながら安静に過ごすようにしましょう。

 しかし、頭痛や嘔吐、熱が38℃を大きく超える、3日経っても熱が下がらない、といった場合には、別の感染症や合併症を起こしている恐れがあるため、もう一度病院を受診することをお勧めします。

 また、地域で流行した場合には、こまめな手洗い・うがいが有効な予防策です。
 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP