スポンサードリンク

知っておくべきこと うつ病の治療

/

「うつ病」の人に、”頑張れ”と言ってはいけないのは何故?~安易な励ましは自殺を後押しする

回答①:わかってもらえない、と感じる

 「頑張れ」という言葉が、必ずしも禁句というわけではありません。相手の事情も考えずに、適当に「頑張れ」と声をかけることが非常に危険である、ということです。
 相手の話をじっくりと聞き、苦痛を少しでもわかち合い、自分がどれだけ相手のことを必要としているかを伝え、自分がどれだけ相手のことを理解しようとしているかを伝え、その上で出てきた励ましの言葉に「頑張れ」が含まれていても、それは何も悪いことではありません。

 一般的に、「うつ病」患者が最も辛いと感じるのは”理解されない”ことです。自分でもよく理解できない苦痛を、何とか理解しようと悪戦苦闘しているのが、普通の「うつ病」患者の状態です。

 そんな患者に対して、大して理解しようともせず、適当に「頑張れ」と声をかけてしまうと、どう思われるのか。

 もし、職場などの比較的浅い関係であれば、こうなるはずです。
 「もう死ぬほど頑張っているのに、この人も苦しみを理解してくれない。やっぱり自分を理解してくれる人は世の中に一人も居ないんだ」

 もし、家族などの深い関係であれば、こうなるはずです。
 「こんなに辛いのに、それでもやっぱり自分は頑張れていないんだ。自分はなんてダメなんだ、生きている価値なんて無い」

 世の中に絶望するか、自分を完全否定するか、いずれにせよ自殺を後押ししてしまう可能性がある、極めて悪手です。

回答②:既に失敗した方法を提案する

 一般的に「うつ病」患者は、常軌を逸した水準で物事を考え込んでいます。特に、「生きたい」という生物としての欲求と、「生きていては迷惑になる」とか「生きていても何も良いことはない」といった自己否定と絶望感の葛藤に関しては、四六時中考え続けていると言っても過言ではありません。

 その現状を打開する方法は、それこそ”死にもの狂い”で考えています。あの手、この手、あらゆる方法を探っています。

 そんな患者に対して、安易に「気分転換すれば良いよ」とか「気持ちを明るく持てば良いよ」と、適当な提案をしてしまうと、どういったことが起こるでしょうか。

 ほとんどの場合、”既に試して失敗した”方法を提案してしまうことになるのです。すると、自分だけでなく、他の人でも打開策を見つけることができない、という強い絶望感に襲われます。他の人に頼ったとしても、今の状況を打開することは不可能である、と思い込んでしまうのです。

 安易な提案によって、世の中には打開策が1つも存在しないと思い込ませてしまうことは、自殺を後押ししてしまう可能性がある、極めて悪手です。
 

薬剤師としてのアドバイス:じゃあ、どうすれば良いのか

 基本的に、専門医へ任せましょう。素人が生半可な気持ちで接して、取り返しのつかない事態になってしまうことは、絶対に避けなければなりません。

 例え本気で接するにしても、完全復帰するまでの長い年月を支え続ける覚悟と、共倒れにならないだけの自分の軸とが無ければ、無責任に踏み込むべきではありません。並大抵の覚悟では不可能です。

 しかし、友人・家族として何もできることはないのか、というと、そうでもありません。

 安易に理解したような素振りを見せず、純粋に”理解しよう”と相手の話を聞くのが良いです。

 極論、他人は他人なので、その気持ちを100%完全に理解することは不可能です。だから、簡単に「理解できた」というのは可笑しな話です。100%理解することは不可能だ、ということを前提に、それでも99%までは理解してやるぞ、という姿勢を明らかにし、そうした態度で接する限り、「うつ病」患者に絶望を与えるようなことはないはずです。

 そして、「うつ病」患者を支えようとして自分が倒れてしまわないよう、自分の心身の健康を維持することも非常に大切です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP