■サイト内検索


スポンサードリンク

高血圧 薬の特別な使い方

/

『オルメテック』や『ブロプレス』等のARBを、1日2回で処方されるのは何故?~原則とJSH2014の言及

回答:目的は、24時間の安定した効果

 『オルメテック(一般名:オルメサルタン)』や『ブロプレス(一般名:カンデサルタン)』等のARBは、1日1回の服用で安定した効果が得られる薬です。

 そのため、通常は1日1回で処方されます。

 しかし最近は、早朝に血圧が急上昇する「早朝高血圧(Morning surge)」や、夜間に血圧が下がらない「non-dipper型」など、高血圧にも様々なタイプがあることが明らかになってきています。
 そのため、血圧はただ下げれば良いというわけではなく、24時間に渡って安定させることがより重要である、という考え方に変わってきています。

 こうした観点から、個人の事情と照らし合わせて1日2回に分けて処方する等の工夫が行われることがあります。

回答の根拠①:高血圧治療ガイドラインでも「24時間にわたる降圧」を重視

 高血圧治療のガイドラインでは、以下のように記載されています1)。

 降圧薬は1日1回投与を原則とするが、24時間にわたって降圧することがより重要であり、1日2回の投与が好ましいこともある。(エビデンスレベル3
ARBの1日2回処方の目的
 1) 日本高血圧学会 「高血圧治療ガイドライン (2014)」

 ARBは1日1回で使うのが原則であることに変わりはありません。
 しかし、保険適用上の用法にこだわるあまり、血圧が不安定になってしまうことは望ましいことではありません。

 1日2回にわけて服用することで血圧が安定するのであれば、1日2回に分けて服用することも選択肢の一つです。

回答の根拠②:ARBの用法は全て1日1回

 ARBの用法は、全て1日1回です。

『オルメテック(一般名:オルメサルタン)』
用法:1日1回
理由:1日1回と1日2回の効果は同じ2)。そのため、服薬の簡便さを重視して1日1回を選択3)。

 2) J Clin Hypertens.4(5):325-31,(2002) PMID:12368570
 3) 第一三共(株) よくある質問「製品情報オルメテック」

『ブロプレス(一般名:カンデサルタン)』
用法:1日1回
理由:1日1回の服用で、24時間持続する降圧効果が認められた4)。

 4) ブロプレス錠 インタビューフォーム

 以下の他のARBも、用法は全て1日1回です。そのため、1日2回の使い方はあくまで例外的な扱いです。

『ミカルディス(一般名:テルミサルタン)』
『ディオバン(一般名:バルサルタン)』
『ニューロタン(一般名:ロサルタン)』
『イルベタン、アバプロ(一般名:イルベサルタン)』
『アジルバ(一般名:アジルサルタン)』

薬剤師としてのアドバイス:血圧は高い低いだけでなく、1日の変動も重要

 1日の間で血圧が大きく変動すると、心臓や血管に大きな負担をかけることになります。
 血圧を測定していて、あまりに値がバラバラな場合は、朝と夜の血圧の差を血圧手帳などに記録し、主治医の先生と相談するようにしてください。

 こうした場合、必ずしも薬を増やしたりする必要はなく、今の薬を1日2回にわけて服用することや、朝の服用を夜に切り替えることなどで改善できる可能性もあります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ロキソニン』と『ボルタレン』、同じ鎮痛薬の違いは?~効果の…
  2. 『セレネース』と『リスパダール』、新旧の統合失調症の薬の違い…
  3. 『ノルバデックス』と『アリミデックス』、同じ乳がん治療薬の違…
  4. 『ナゾネックス』と『リボスチン』、同じ点鼻薬の違いは?~アレ…
  5. 『マクサルト』・『アマージ』・『イミグラン』、同じ「トリプタ…
  6. 『クレストール』と『メバロチン』、同じコレステロールの薬の違…
  7. 『ハルナール』・『ユリーフ』・『フリバス』、同じ前立腺肥大の…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP